「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 20日

パール柑(文旦の一種らしい)のジャム 2017・1・A

今年初めての柑橘のママレード
通し番号が2017・1・A ということになる。

パール柑とは面妖な・・・・・小さな文旦で、500グラムぎりぎりの大きさであった。
人造真珠のタチウオの皮のような面影をパール柑に探すが、それは無い。
あったら・・買わないか・・・。

もっとほかに名づけはあっただろうに、とおもいつつ、熊本の農家から届くという桃山の販売店で求めた。

皮を剥いてそのまま食べると、美味しいのか、美味しくないのか良くわからない。
文旦であるから、そういう味ではある。
レモン1個、皮だけ刻んで足すことにした。

パール柑 2キロ。
レモン 皮のみ1個分。
三温糖 700グラム。
ブランディー 少々。

文旦はペクチンが少ない。袋も小さくきざみ、種も一緒に煮るべきかもしれない。



e0036151_08585665.jpg
出来上がりを焦げ目をつけないトーストに載せてみた。


[PR]

# by coppoumon | 2017-02-20 12:54 | ジャム | Comments(4)
2017年 02月 12日

かれいの日

日曜日に誕生日が来ることには、それほど強い記憶があるわけではない。
10日深夜から降り始めた雪も11日朝には止み、寒気だけを置き去りにしていった。

日曜日のあさ、裏庭に回ると、ひょこっと、ジョウビタキのメスが顔を出した。胸毛をふくらませて、まん丸だ。
梅や椿にりんごを差しながら、ああ、ジョウビタキがりんごを食べるのを見たことは無いなあ・・それでは、と、
畑を掘り返してから部屋に戻ろうとした。
e0036151_10530170.jpg
ジョウビタキに背を向けるようにシャベルで掘り返していると、ジョウビタキは降りてきて端のほうで獲物を捕らえている。
畝からそっと離れて、斜面の草取りを始めると、今度は近くに寄ってきて、手元を見ている。
2メートルも無い距離だ。

場所を変えるとまた近くに来ている。
ストーカーや、いわれるで・・と声をかけたが逃げる気配も無い。

部屋に戻りたいのと、しばらくえさ拾いに付き合ってやりたいのとで、この寒さに辛抱できる間は、庭に居て、土を掘り返してやるはめになってしまった。

今日のような冷えのきつい日に戸外で働く人たちの辛さを思う。

e0036151_10531558.jpg
お昼を食べに出る約束をしていた。
行き先は船宿でもあった元料亭鍵屋。

e0036151_10533358.jpg
押し寿司、ごんぼ汁、うどん。
催事があるときのいつものメニュだが、くらわんか舟で売られたごんぼ汁が、くらわんか茶碗で供される。
うどんは細めんだが、コシがある。
京都は同じように細めんでありながら、コシが無い。大阪のけつねうろんでおますな・・と、お出汁までとっくりとあじわう。悔しいくらい美味い。
ごんぼ汁は、ごぼう、カシワ、薄揚げ、おから・・でニンジンが入っていなかった。

いやさ~ここはどこじゃと・・とはじまる淀川三十石舟舟唄の二番にここは枚方・鍵屋の浦よ、やれさよいよいよ・・・という句が出てくる。

のんびりした民謡である。一番は、淀辺りの風景、三番は天満の八軒屋。
このうたは、川くだりだけではなく、綱で舟を曳いて川を上がる唄もあるそうだが、上がりの方は、私は聴く機会がまだ無い。


帰り道、本屋さんに寄る。
e0036151_10534341.jpg
この本屋さんは、わたしにとって、パラダイスである。
大きすぎて、洋書など、どこにどんな本があるのか、まだ、理解できていない。

良い日曜だった。めでたし。



[PR]

# by coppoumon | 2017-02-12 11:04 | Comments(2)
2017年 02月 11日

近年で、一番若い日

寒波は居直ったまま、今日も寒い。
幸い良い天気なので、近場に出かけた。
花見である。

本来、花というのは、梅の事を指すらしいが、きょうは桜を見にでかける。

例によって頭の中で一筆書きをしてみる。

中書島からキリシタン灯籠を見て、龍馬通り、安本茶舗、穀物屋、門前町を上がりながらJR桃山駅で、花見。
GOCYAで喫茶。自然食品の店で柑橘を2キロ。どこかで聖護院かぶらを探して帰宅。
もちろん、行き当たりばったり。

灯籠の竿の部分をしゃがみこんでみていると陽が指し始めた。裳のひだが判る。

e0036151_11160114.jpg

e0036151_11162844.jpg
別の場所のキリシタン灯籠は、竿に彫刻が無い。
e0036151_11175731.jpg
月桂冠の蔵を見ながら龍馬通りに入った。
e0036151_11164890.jpg
このブログで何度か取り上げたこの喫茶店はまったく人気が無いどころか、店内が整理され始めていた。
中は、町家で、垢抜けした入り口とは別の世界だ。

葉茶屋さんで、くりくまのママさん・・と紹介された。
その方曰く「あら、どこかで、お見受けしたことが」と言い、「私、もう、90を超えまして、今日はお店の片付けに来てましてん。手に持てるだけ持って、今から近鉄に乗って帰ります」と、店を閉めたことを私に告げた。

e0036151_11170623.jpg
「では、さようなら」と茶舗をでる後姿を撮らせていただいた。お達者でいて欲しい。

e0036151_11182504.jpg
ひとつ踏ん切りがついた。界隈も、少しずつ変化していくのだ。

桜は、案の定、開花していた。
e0036151_11184405.jpg
時折、雪になった。
寒さに耐えかねて、先ほどの茶舗まで舞い戻った。

明日は誕生日。
夕飯はチキンカツと、たまねぎ、ジャガイモ、舞茸くらいしか入っていないカレーを食べた。

あすは、加齢日。

[PR]

# by coppoumon | 2017-02-11 11:07 | Comments(0)
2017年 02月 10日

この冬、一番の寒さ

毎日、聞いているような気もするが、この週末が、この冬一番の寒さだという。

灯油、食べ物は十分にある。冷蔵庫には甘酒まで、入っている。

今朝、早くから、ヒヨの子どもが、親鳥を呼ぶ声がうるさいほどであった。
午後からまったく静かで、セグロセキレイが数軒先のおたくの玄関でうろうろしている。
昨日もいたなあ。

朝食のりんごを少し残しておいて、裏庭の紅梅に刺しているときに、チュッ!と泣き声がした。
知らん顔をしていたかったのだが、目と目が合ってしまった。
白い腹、赤茶色の頭。
何だろう、瞬間だったので、よくわからないがシロハラなのだろうか。

りんごの端のほうも刻んで撒いて、小一時間後裏庭に回ると、りんごは落とされていた。
ヒヨのヤツめ・・・と、勝手に犯人をでっち上げる。
もう一度、梅に刺していると、ジョウビタキのメスがお隣の椿のところから、飛び出してきて、じっとこちらを見ている。

はいはい、もうすぐ立ち去ります。

食べるものが、何にも無いだろう。畑を少し掘り返しておいてあげよう。


殺風景な庭だ。玉之浦が、根付いてくれたのか、蕾をつけている。咲いてくれるだろうか。

e0036151_22421456.jpg
出かけなかったので、買い置きの和菓子がない。
柚子の皮の砂糖漬け、大徳寺納豆で、お茶。

e0036151_22405266.jpg
e0036151_22403976.jpg
なぜか、今日は大体同じ色に写り込む。
e0036151_22410853.jpg
e0036151_22412593.jpg
日本画をなさっておられる方が、このお茶碗で一服召されたことを、思い出した。

寒い日ではあるが、家の中は22度。

外で仕事をされる方々をおもう。


[PR]

# by coppoumon | 2017-02-10 22:48 | Comments(0)
2017年 02月 08日

裏庭で

一月下旬から少しずつ開き始めた紅梅が、かすかに匂いを漂わせるようになった。
e0036151_22440874.jpg
40年前は、鉢植だった梅。近所の方に裏庭を使ってもらっている間に、めちゃくちゃに伐られたり、
放置されっぱなしだったり、という梅である。
私が住むようになって、手の届かないところは、枝を払った。実が採りやすいからである。

本来なら、水仙が良い香りをさせているはずなのだが、今年は花が少ない。
掘り起こして、植えなおしてやらねばならないのだろうなあ。

e0036151_22432190.jpg
この時期に、水仙がたくさん咲いてくれないと、殺風景な庭である。
南天の実は白も赤も、万両も全部食べられてしまった。

ご近所の、ピラカンサまで、無くなったから、鳥たちのために、畑を掘り返しておいてやろうかと思う。

e0036151_22433696.jpg
オモトが、赤い実を見せている。

去年、まさか、食べないだろう・・と思っていたオモトの実が散乱していた。

毒でっせ。



[PR]

# by coppoumon | 2017-02-08 22:57 | Comments(0)
2017年 02月 02日

旧正月の頃

今年は1月末に旧正月が来た。
この時期は、絶対、といってよいほど風邪を背負い込む。
罹って、遠因をたぐってみて、なっとくするのだが、手遅れである。

旧正月のその日はお茶会をお招きに与っていて、前日に和菓子を探しに出かけた。
帰宅して、時間変更を持ち出され、おながれになったお茶会であったが、和菓子は手元に届いた。

「春告鳥」 こなし・白こしあん
「つばき」 こなし・黒こしあん

裏庭の椿にやってくるメジロのイメージである。

一応、ウグイスということになっている。
和菓子やさんは、梅にしましょか?と聞いてきたが、あえて椿にしてもらった。
e0036151_20480369.jpg
お向かいに、お裏さんも、表もやりました、というおばさんがいて、半分ほどを差し上げた。
わたしは、家のテーブルで・・・ウグイスの踊り食いやなあ・・・といいながら楊枝をいれた。

e0036151_20482358.jpg
そうして、ついに、わたしの声は、出なくなった。

声を出さないほうが良い・・のだそうだ。 はやく、さえずりたくて、むずむずしている。

[PR]

# by coppoumon | 2017-02-02 21:04 | Comments(2)
2017年 02月 01日

1月に弾いたもの

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

# by coppoumon | 2017-02-01 17:45 | 音楽の勉強
2017年 01月 30日

一月末の京都散策

暮れまで、暖かい日が続いたが、新年以降寒い日が続く。
やっと、寒波到来で、千枚漬を送ることが出来るようになった。
正月まで、いまひとつ美味しくなかったのだ。

e0036151_22223049.jpg
漬物屋の手前の、フランソワには入ったことが無い。
今日も、なんとなくパスしてのちに、コーヒーでも飲もうかという気になった。
で、ずんずん歩いてソワレに入る。

この寒いのに、青い光の喫茶店である。

e0036151_22220729.jpg
e0036151_22225942.jpg
非日常を演出するのに、この最たるロケーション。

皆が口をそろえるのは、「言っとくけど、味は普通やで」
48年間のあいだに3度しか行ったことがないが、ホンマにそのとおりやなあ・・
これが、伝統の京の味というものか、とおもう。
ウインナコーヒーは、普通に、アメリカンのほうが良かったかなあ。
家まで我慢すべきだったか・・・

千枚漬は、自分の分を、買い忘れたことに気づく。いいか、高島屋で買えば。

高島屋で、千枚漬けを求め、ムートンキャデの赤ワインを1本買った。
ペックの無塩パンと、大きな田舎パンと、シナモンの入ったのも買った。
漬物。ワイン。パン。それぞれ資源ごみになる袋に入って、結構大きな荷物だ。

明日の、お茶会の和菓子を買っておきたかったが、もう、手に持てるような量ではない。
パン売り場の店員さん、「紙袋をご用意しましょうか」などと言ってくれなかった。

おもろいやないか・・次は饅頭、ひとつ432円なり。
10個買うと、20個買うと・・とだんだん恐ろしくなる。

やっぱ、饅頭買わんでえ。

ああ、まんじゅうこわい・・と家に帰って、千枚漬を開けた。
あれま、えらい、年増でっせ。
買って帰ると、真っ白な蕪と昆布の黒さがでてくるはずが、昆布のぬるぬるで、納豆よりも迫力がある。
 
聖護院かぶらの昆布締めどすよって、鮮度が落ちん間に、早ければ早いほど、おいしおす。
たんとおあがりやす・・・空耳どっしゃろか。

で、4日ほど置いても、こない、象牙色にはならしまへんがな。

やられた!
何も知らなければ、こんな漬物でも、ありがたがって食したに違いない。
三日前の古新聞、読む気があった買っとくれ。という歌があった。

捨てるには惜しいので、いやいや食べる自分の滑稽さが、可笑しい。

京都は、おもしろい。







[PR]

# by coppoumon | 2017-01-30 22:38 | Comments(0)
2017年 01月 29日

厳寒・寒波の季節

数日、鉛色の空が続く。
時に雷が鳴る。

ささやかな住まいは、暖房無しで10度に下がることはまず無い。
暖房をすると直ぐに20度、時に25度近くになり、シクラメンが衰弱してしまった。

何も用事がなければ、という条件ではなくて、まずピアノをさらう。
用事がなければ、だらだらと30分ハーフで、デスマッチのように弾く。
鍵盤は、時として、水を触るような冷たさから逃れられないときがある。

e0036151_22390333.jpg
裏庭で、紅梅がほころび始め、まだ早かったのか・・とばかりに停滞している。
e0036151_22393988.jpg
サンシュの木にりんごをスライスして引っ掛けておいた。
さて、だれかな・・このあいだはメジロがきて、見ている2メートルさきの紅侘び助の中にもぐりこんでいた。
私はじっと、動かずにいた。
ヒヨは、警邏に来なかった。

りんごはヒヨが持っていくだろう。

e0036151_22395451.jpg
体が冷えると家に戻る。わずかな甘いものと、お茶で休みを取る。
e0036151_22392342.jpg

やがて夕暮れになり、夜は何もしない。



[PR]

# by coppoumon | 2017-01-29 22:46 | Comments(0)
2017年 01月 21日

東京土産

東京の土産は何が良いか・・と聞かれると、返事に困る。

空港で買う練り製品は添加物が無くて美味しかった。しかし、大阪のデパートで同じものが手に入る。

2012年の「暮らしの手帳」に江戸のおもたせ・・という記事があった。そして、いくつかは知っているが、
是非に・・と言うほどには興味が無かった。

クッキーやパン、ケーキには美味しいものがある。
食べてみて、美味しいと思ったものを買ってきてくれたら良し、手ぶらでも良し・・と気のない返事をする。

そうだ。ねだる物はあるのだ。

2009年に初めて食べたモンサンクレールのお菓子。紅茶。


e0036151_22315090.jpg
二口でなくなりそうなケーキの一切れでも玉子丼のほうが安いだろう。ワンホールでも、相当な値段になる。
近くに店が無くて幸いだった。
あれば、通い続けるだろうから。

e0036151_22320075.jpg
作っているのは神戸出身の方なのだそうだ。

本当に関東らしい土産は、煎餅かなあ・・とお土産袋に入っていた。

e0036151_22321217.jpg
こういうものには、渋めの番茶が似合うだろう。

プリズンのあった巣鴨で、買ってきてくれたという厚手のソックスも土産袋に入っていた。
ずいぶんおしゃれな柄であったそれは、大阪レッグニット卸商協同組合と書いてあった。
東京に出て箔をつけて帰阪したんや・・・・

明日は東京に出て行くからは、何が何でも勝たねばならぬ・・という坂田三吉の意気込みを垣間見た。





[PR]

# by coppoumon | 2017-01-21 22:49 | Comments(2)