のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 07日

休日

週中に休みが入ることになり、古い生徒さんが仕事帰りに立ち寄ることになった。もう1人、友人の息子・京都の学生がサークルの後でやってきた。友人の息子の学校は我が家から近すぎるので、不意を襲われる。

生徒さんの方には貧民食でもいかがですか、と声を掛けておいたら、毎日、貧民食なので、ブルジョア食にして欲しいとメールが来た。
すごいジョークだ。
ほとんど酒をのまないメンバーなので、食べる、食べる。

考えたメニュと、出したものが、すこしずつ違うことはよくあるので、今回は実際に出したものから書く。



カマンベール(四葉)、カイザービヤシンケン(ピスタチオ入りの手のひらほどの大きさのソーセージの薄切り)
クレッソン、細いアスパラガスを8分塩湯でしたもの、メルバトースト代わりに食パンを棒状に切ってトーストしたもの・・これらを大皿に一盛り

人参ポタージュ。

栗とトリの赤ワイン蒸し。

牛ランプ肉の和風ステーキ・茹でたほうれん草添え。

湯葉お造り

雑穀ご飯と柴漬け

無花果の赤ワイン煮
手土産に頂いたCOCARDEのロールケーキ


ガーデンサラダに使うローゼンタールの大皿が修理に出ていて、お茶席で出す預け鉢がわりのもう一つの大皿が出せないが、3人だとこれで充分・・・だったかどうか。

初めに無花果のコンポートから作り始める。
コンポートを煮ている間に、ポタージュ用のやさいを刻む。

人参ポタージュは、人参、たまねぎ、メイクイーン、計350グラムを薄切りにしてグレープシードオイルで炒め水から煮て裏ごし。

ここで友人がやってきて、90分ほど休憩。

栗は下ごしらえをして1年分冷凍してあるので、そこから取り出して、トリにオールスパイスをたっぷりまぶし、塩をして栗とあわせてキャセロールにいれ、オーブントースターで弱火で3,40分。

牛は、生協のランプ。
これを叩いてシャリアピンにするはずだったが、下ごしらえが面倒になり、室温に戻して、醤油、みりん半々、酒少々の漬け汁に浸しておき、両面を強火で焼いて、レア。肉を引き上げた残りを煮詰めてソースにする。


飲み物は、料理に回して残った赤ワイン。
ビール、トマトジュースは学生。

食後に無花果のコンポートの煮汁を炭酸で割って飲み、
ケーキには紅茶。
紅茶はニルギリのタイガーヒル産、渋みが少なくて、香りが高い。

使った皿、28枚。グラス9、ティーカップ3。



体調がかなり回復して来たが、さすがに翌日はバッテリーが上がって、静養。
食べつかれた。

[PR]

by coppoumon | 2010-10-07 10:01 | メニュ | Comments(0)


<< 遠方より来る朋ありて      普段着だったら >>