のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 14日

ある日のふだんの食卓

水曜日は静養日。

子音が一字違うだけで韻を踏んでいる、とわれながら感心するが、友人の下の息子・大学一年生が立ち寄るというので、急遽食事をだした。

大学一年生のことをスラングでソーセージというので、
取って置きの東京・東麻布のシェーンドルフのソーセージを出すことにした。
自家製のピクルスも全部で払ってしまった。
冷蔵庫の中は青梅の甘露煮か生姜の甘酢漬けしかないので、甘酢漬けを添える。
自家製なので生姜も決して甘くはない。

以下のメニュになった。


パプリカ入りのソーセージ、ピクルスが切れていて、生姜の甘酢漬けをそえる。

シュリンプとレタス、長いもとセロリのサラダ・カボスのドレッシング

ハッシュドビーフ・雑穀ごはん。


えびは皮をむき、背ワタを取って、日本酒に浸しておいた。湯を沸かし、塩と、ローリエの葉っぱを2枚いれ、沸騰した中で軽く茹でる。
セロリは筋をとり、薄く刻む。
レタスをちぎっておく。
カボスを搾って、湯通しした海老にかけ、更にしっかりと搾って果汁を取り、塩を一つまみいれて、グレープシードオイルを5滴ほど落とす。
長芋を拍子木に切って、全部を和える。

このサラダが、あれこれ刻むのに結構時間がかかる。
レタス、クレッソン、貝割れ、水切りした豆腐でサラダを作るともっと手早く出来たのだ・・と作り始めて気づく。
そのときはゴだれのようなドレッシングでよい。

ハッシュドビーフは、初めに手抜きのソースを作る。
トマトピューレ一瓶に更に半分水を足し、レモングラスを3本入れて火にかけ、ドミグラスを適当量(ハインツの容器に入ったものを使用)いれて、味を見る。
甘く、酸っぱく切ない感じだったら、それで良い。

無塩バターをとかし、軽く塩を振りながらたまねぎの薄切りを炒める。
少ししんなりしたら、ソースの入った鍋に移す。
バタを足して、牛肉の薄切りを入れて軽くいため、塩を振り、ブランデーを少し入れてフランペしてソースの鍋に入れる。

ソースの入った鍋を暖め、火が通ったら出来上がり。
下準備しておくと、仕上げまでに5分とかからない。

今回も写真がありません。
食べてから気づいたもので、申し訳ないです。

新ショウガの甘酢づけを好物だと、いう。兄を大食いだと知っているが、こいつも、変わりない。

[PR]

by coppoumon | 2010-10-14 21:12 | 常の日の惣菜 | Comments(0)


<< 外食が続いて      祭礼 >>