のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 23日

のど風邪の日の、昼ごはん

通りすがりのタバコの煙を吸ってから、喉がいたのですが・・・・あ、のど風邪ですな。お薬を出しておきます。

風邪ですか?

風邪もいろいろありますから。

診察は30秒。30年ほど通っている医院でのやりとり。

やはり、耳鼻咽喉科の医者に行くべきだったなあ・・とあとからため息をついても、始まらないのだが、毎年こういうことになって、2週間かけて自然治癒を待つ時期が今年もやってきた。

大根飴を作った。
麦芽糖を頂いて、どうしたものだろう、と思っていたら、教えてくださった方がいたのだ。大根を1センチ角に切って水飴をかけておくと、さらっとした大根飴が出来ます。喉が痛いときに良いですよと。

大根はこの冬、切らしたことがない。
炊飯器でご飯が炊きあがる間、大根を焚いた。

皮を厚めにむいて、面取りして、昆布を敷いた鍋に水を被るくらいに入れて日本酒をどばっといれ、弱火で40分ほど煮る。

ただ、それだけのことだが、昆布出汁と日本酒の旨みを吸った大根は良い色に煮含められて、出汁に入れた昆布も適当に切り、柚子味噌をのせて食べる。

柚子味噌は、徳島の友人が送ってくれたもので、自分で玉味噌を作ることは最近、まったくない。

e0036151_1330379.jpg


大根を煮た汁は、塩を落としてスープにして飲む。
これは、うまい。

箸洗いのように、甘ゆばでもあればさらによい。鯨の蕪骨でも入れてあればこの上ないなあ、とおもいつつ、シンプルな汁を飲む。

風邪気味の、この日の昼ご飯は

ふろふき大根、

かますの干物

何にもはいっていない大根のスープ。

酸茎の葉の部分を刻んだもの。

バナナ一本。
[PR]

by coppoumon | 2011-01-23 13:37 | 常の日の惣菜 | Comments(6)
Commented by mitsuketai at 2011-01-23 19:30
風邪お大事になさって下さい!先日、野口晴哉の“風邪の効用”を
読みました。西洋医学のきちんとした診断は必要ですが、こんな考え方も
あるんだなあ!と感心しました。以下その一説です。ご参考までに!

風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、
経過するものであると主張する著者は、自然な経過を乱しさえしなければ、
風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になると説く。
Commented by coppoumon at 2011-01-24 09:43
隊長、ありがとうございます。
医者の薬を飲むと好転より、副作用の脱力感のほうが強くて、風邪の症状はどこに行ったのだろう、とおもうような有様です。
引きこもって今日で5日目。脱皮中なのですね。
Commented by mitsuketai at 2011-02-02 23:29
コップさん!お加減いかがですか?
Commented by coppoumon at 2011-02-03 00:37
隊長、有難うございます。薬石の効無くも、自然治癒で元通りになりました。12日ほどかかりました。
大根飴を舐め尽くしたので、今日、新たに作りました。
Commented by mitsuketai at 2011-02-03 16:21
コップさん、すごい!風邪をうまくやり過ごされたのですね!
風邪の極意みたいな内容で自然治癒力の大切さを説いて下さい。
Commented by coppoumon at 2011-02-03 23:14
隊長、うまく、かどうかわかりません。元気になった翌日、調子に乗って三番街で食事をしたら、翌朝、咳が止まりませんでした。
別のタイプの風邪かと、焦りました。

そのうち、風邪の日の一日を書いてみますね。


<< 八百長      寒波のなかの年越し >>