のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 26日

グリンピースのボンファム と、鯛のアラ焚き

petits pois bonne femme 

これは、賄い料理のようなものだろうか、それともスプーンですくって料理の横に添える付け合わせのようなものなのかもしれない。

分量は4人前。

グリンピース2カップ
玉ねぎ半分
ベーコン3枚

バター、砂糖、塩、コショウ

レタス3枚


作り方。

玉ねぎを1センチ角に切る。ベーコンは細かく切る。

グリンピース、玉ねぎ、ベーコンを鍋にいれ、ひたひたに水を入れてバターを大匙杯ほど入れて火にかける。
適宜アクを引いて、グリンピースが柔らかくなるまで煮る。軽く塩、胡椒する。
砂糖をおまじないくらい、ちょっと入れる。

その間にレタスを5ミリ幅に切る。

グリンピースが柔らかく煮て、クタクタになり始めた頃レタスを入れる。
レタスはすぐに柔らかくなる。


これは、美味しいので、おはなちゃん、是非作りんさいや。
うちの健啖は、食事のたんびに、小うるさいくらい、グリンピースが嫌いで、鳥肌が立つ・・いうとるんよ。

ところが、作って食べよったら、ちょっとだけ頂戴、いうて、口にしたとたん、皿ごと持っていってしもうたけんね。
嫌がらせに作ったのに、えろう損した気分じゃけ。

人に意地悪っちゅうのは、うまくはいかんもんじゃね。



鯛のあらだきも載せるの忘れとったんよ。許してつかわさい。

鯛は40センチほどのものを1枚求め、3枚に下ろしてもらう。

アラは熱湯をかけてよく洗う。

掃除したアラを鍋にいれ、アラの6,7分目ほどまで酒とみりんを半々にしたものを入れる。
大体、酒もみりんも1カップ位ずつが目安。

煮立ててウワ~~と沸いたら弱火にして汁が半分になるくらいまで煮る。

新ゴボウを鉛筆の太さほど、長さも4,5センチ程に切ってここで加えると良い。
ここで砂糖を入れる。

また、ウワ~~と沸く。

次に醤油差しを持って、醤油をずう~と引く。

また、ウワ~~と沸く。

ここで、煮詰まり具合を見て火を止める。

お汁が、スプーン4杯取れるくらいまで煮詰まってる、思うんよ。
火を止めるコツは、数やったらわかるけんね。

牛蒡、蓮根、コンニャクのようなアクの強いものを一緒に炊くと相性がええけんね。

さ、これもやりんさいや。味付けがどうこう、というもんじゃないけん。さっと、濃い目に炊くおもうたらええけん。
アラの古いのは買いんさんな。午前中にアラを買うて、お昼ご飯に食べるような、そような、処理がいちばんええけんね。
[PR]

by coppoumon | 2013-04-26 23:22 | メニュ | Comments(2)
Commented by apercevoir at 2013-04-27 21:03
おいしそうじゃあ~~~!!!!!

ボンファム~なんとのう、判ったような気がするんじゃけど

最後に入れるレタスは5ミリの幅で長さはどれくらいなんじゃろうか?

5ミリの四角かねえ?

鯛のアラだき~~~!!!!!

すきなんよ、これ!

ちゅっちゅ、ちゅっちゅして食べるんじゃけえね。

最後に占領品で鯛のタイを見つけて終わり(♡^-^♡)

やってみるけえね☆

ありがとね。

Commented by coppoumon at 2013-04-27 21:32
おはなちゃん、さっそくじゃねえ。レタスは繊維に直角に切るんがすきなんじゃ。なんぼ長うしてもしれちょるよ。
仕上げにコンスターチを大匙一杯水溶きしていれて、とろみをつけたらええんよ。
めんどうで、せんけどね。

おはな工房で修理してもろたローゼンタールや御本手の四角いお皿も出したんよ。ありがとね。あげん難しい作業ばしてもろて。


<< 2013春のコップレストラン 実施      花の別れ 2013春 >>