のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 16日

安政柑のママレード

安政柑をはじめて見た。
文旦の異種なのだそうだ。

皮が思い切り分厚くて、果実の粒が大きい。
アクは少ない。
文旦もそうだった。ほとんどアクが出ないので手間がかからない。

2キロを750グラムの砂糖で煮る。
皮をむいて下準備をし始めて、出来上がるまで5時間半。

冷めてみないと味は良くわからない。
しかし、あまりにも単純な味のような気がして、広島レモンを1個絞って入れ、三温糖を150グラム足した。

これ以上はいじらない。

翌日、冷蔵庫に入れたものを食べてみると、自己主張をしない穏やかな味。レモンを足して正解だった。
病気のとき、こういう穏やかな味覚のママレードだと、香りに邪魔されない分、食欲が出るかもしれないなあ、などとふと思った。

実際、4日ほどして味が落ち着くまでは本来の味ではないのだが、美味しいと思う。
[PR]

by coppoumon | 2014-05-16 12:12 | ジャム | Comments(0)


<< もうひとつの伊羅保・對州伊羅保茶碗      思いがけない別れ・大丸心斎橋店 >>