のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 15日

9月15日の十五夜

晴れるのか・・と外にでて見上げると、オレンジ色がかった笠をかぶった月が出ている。
雲の流れが速いので、今夜煌々と輝くこともあるだろう。

9月15日に十五夜が来ることは滅多にないらしい。

思い出そうとするが、前回がいつだったのかまったく記憶に無い。
その頃はきっと、月さえ仰げないような暮らしであったのだろう。

自分が、一番良かった頃、輝いていた頃、という言い回しを聞いたことがある。いやな日本語だなあ、常に今が一番じゃないのか。

幸いにも災いにも、健やかなる時も病める時も、富にも貧しきにも・・

さらに、若いときも、老いてのちも・・とは聖書には書いていないが、今東光氏は、ヨイヨイになっても、ヨイヨイにはヨイヨイの人生がある。と記述されておられた。

体がかなり回復してきたこの夏ごろから、思いもかけないフラッシュバックが起こる。それは、ほとんど小学生の頃の出来事で、そのときはいやだったが、すっかり忘れていた事柄なもの・・・であるから、じっくりと嫌さ加減を味わって、風船を針で突くように、抹消してしまう。

メモリーがいっぱいになって、削除しないと、次の記憶が入らないのだろう。
ぞんざいにしか向かい合ったことの無い父と夢の中で懇ろに話をしていることがある。
先に召された高校生に、叱咤されることもある。

亡くなった人たちに口説かれて大丈夫だろうか。

6月、7月、8月、9月と近しい人たちの中で出産が重なった。

せめて、あと16年は生きていてくださいよ・・と言われると、そうか、この先16年かけて生きる基本を学ぶ人、16年かけて跡を消して、去っていく者とが、同じところにいるのだ、と実感する。


去年、「とらや」で月見団子を買った。
立派な団子、立派な値段。
漉し餡は黒砂糖の味がした。

なんでや・・上新粉に黒砂糖は下品じゃわい。わしゃすかん。

饅頭に添えられ、使う気にもなれなかったとらやの黒文字を見るまでは、すっかり忘れていたことだ。

今年は、近くの松月菓舗。餡はこちらのほうが美味しい。

e0036151_22481875.jpg

ススキの絵皿は三浦順一氏

茶碗は、柿の蔕。

e0036151_22491875.jpg
e0036151_22495291.jpg
抹茶は「城の寿」

e0036151_22502387.jpg
嬉しいにつけ、悲しいにつけ、この抹茶でお薄を点てるときの香りを、常に懐かしいとおもう。
しかし、耐えられないほどの悲しみも、持ちきれないほどの喜びもあったか・・といわれると、それはない。

めでたし。

[PR]

by coppoumon | 2016-09-15 23:02 | Comments(2)
Commented by Ryochanryosuke at 2016-09-17 01:15
私が20代の頃、今東光さんの自宅(八尾市)の2階に下宿しておりました。もちろん、その当時には今東光さんは既に鬼籍に入られていましたが・・・。
Commented by coppoumon at 2016-09-17 09:35
八尾のご自宅の2階で階段を踏み外されて、当主に対してけしからん階段だ、勘当してやる・・と階段を付け替えされたとか。
山本という駅に友人が住んでいて、桃林堂を知りました。1970年ごろです。
コメント、ありがとうございます。


<< 三連休は粗餐です。      秋の日のヴィオロンの音もなく >>