2017年 03月 25日

彼岸に宇治まで豆腐を買いに

宇治を歩いてみたくなった。
行きたいところは、ご飯屋。コーヒー豆屋。豆腐屋。葉茶屋。裏通り。
春分の日で、良い天気という日もたまにはあるもんだ。日差しは暖かい。

駅まで出る手前で特急、快速急行が通過した。
ホームに上がったとたん、「ただいま人身事故発生のため、全ての電車をストップいたします」とアナウンスが繰り返された。処理には55分平均かかる、と巷間の話を思い出した。

案の定、1時間遅れで、宇治に到着。

e0036151_14223008.jpg
宇治川の水の色が春になっている。お彼岸だから向こう岸を撮る。
空腹が先をせかせ、観光客を目当てにしているとは思えない裏通りの小料理屋へ直行。
e0036151_14190558.jpg
お茶の葉のてんぷら、茶そば、赤米、野菜の炊き合わせ、花豆。精進である。

川魚の定食、茶そばの天ざる、というのも食べてみたいと思いつつ、お茶の葉をたべる。

中村茶で有名な老舗は、梅田阪急にも店を出したので、敢えて買う気はない。友人は北海道で遭遇したと言ってた。
美味しそうな菓子、チョコレートが並ぶのを「外部委託製造品」とその友人は解説してくれた。
お茶の味見だけで、外に出た。
あ、先ほど混雑した電車の中に、この人居た・ここの店員さんだったのか・・と販売品でないものを発見。
豆腐屋を目指す・

e0036151_14195417.jpg
どう考えても、豆腐屋はここだ。
中を覗くと、家の構造がわかって面白い。
戸は開きっぱなしである。



e0036151_14201285.jpg
まさか、ここが豆腐屋?隣の「AJIな店」ともども消えている。

コーヒー豆屋はシャッターを下ろしている。その向かいの市場の入り口のコーヒー豆屋でコーヒーを楽しむ。
確か、隣にあった大阪屋とかかいてあった総菜屋も撤退して、ベニヤやダンボールで閉じていた。

かんばやしで休憩。郷里に送るものを求めた。

隣は空き家。

e0036151_14193213.jpg
裏通りを歩くと、観光化されていない暮らしが見えて面白い。

表参道のごった返す駿河屋で牡丹餅を買った。
人の多さにレンズを向ける気にもならなかった。


e0036151_14203006.jpg
あの世とこの世を見てきたような宇治散策だったが、このあと、三室戸に寄り、市場で赤霧島の1升ビンを買った。
それで、勢い、この世は天国だ・・などと心を入れ替えた。
めでたし。

[PR]

by coppoumon | 2017-03-25 14:57 | Comments(2)
Commented by yasukon20 at 2017-03-27 13:38
折角行ったのに残念じゃったね~~。
1軒だけじゃなくて通りのお店など 全部だったん?
蔵など昔は立派じゃたんじゃろうにね~。

お菓子 肥えんさんなね~~(笑)
和菓子は大大丈夫!!って声が聞こえるわ~~!!!
Commented by coppoumon at 2017-03-27 21:00
路地裏も、建て替えが増えて、黒い瓦屋根や、平屋のつつましい長屋が減っていくんよ。
宇治は狭いけん、そように歩かんでも、見たいもの、買いたいものがそろうけんね。
宇治にケーキ屋が1軒だけあるんよ。
見るだけで入らんけん、味はわからん。
宇治まで行って、そようなもんはいらんけんねえ。


<< 宇治でミモザを見た      コップレストラン・今月2度目の開店 >>