2017年 03月 31日

宇治でミモザを見た

3月は、我が家では黄色い花がたくさん咲く。
天王寺かぶら、カンサイ・タンポポ、黄水仙が2種類、サンシュ。

胸の黄色いジョウビタキのオスも来ていた。もう、北に帰ったのだろうと思っていたが、早朝、わたしのすぐ近くまで来て餌をついばみ始めた。

椿が、満開で、ヒヨが太神楽をたべにくるのだが、わたしが庭に出ている限り、ヒヨは来ない。

宇治でミモザを見た。何軒ものお宅の玄関先にそれは植えてあった。
新宇治拾遺集はミモザの下で編まれた・・などと成らないかなあ・・と妄想を膨らます。

ミモザ祭りの貝殻姫の話が、北原千代さんの詩の中にあったことを思い出した。
ミモザ祭り・・それはカーナバルの季節と重なる。同じなのかもしれない。

宇治川の激しい流れを見ながら、今年は変化の年だ・・となんとなく思っていたことをまた咀嚼する。
北原さんは詩集「真珠川」で大きな賞を受けられた。
今年に入ってすぐ、音楽関係の知人が、大きな賞を受けることを知ったあとのことで、良いことは重なるのだ、と確信した。

e0036151_21492580.jpg
さてさて、貝殻姫は何をしでかしたんだっけ・・と本を広げ、閉じたあと、軽くお茶を楽しんだ。
先にお菓子に手を出すと、本が汚れるからである。








[PR]

by coppoumon | 2017-03-31 21:46 | Comments(4)
Commented by marburg_bara_iro at 2017-04-03 08:38
コップ先生、おはようございます。
ミモザの季節ですね。
貝殻姫を思い出して下さり、ありがとうございます。
ところで、おやつのショートブレッドの後ろに見える
麗しい陶器ですが、中には何が入っているのでしょうか。
Commented by coppoumon at 2017-04-03 11:37
パン皿のうえにある丸い陶器は、長崎三彩の香合です。
江口洋さんという、生きておられたら90歳ほどにもなる方の作品ですが、
箱も失い、今はのどあめとか、常備薬を入れたりしています。
Commented by marburg_bara_iro at 2017-04-04 20:01
長崎三彩のお香合ですか!
すてきな色合いとかたちですね。
香合にのどあめ、というのをわたしも真似してみます。
Commented by coppoumon at 2017-04-05 12:45
我が家ではお香を入れたことの無い香合ばかりで、
こうして転用してまいにち目に留めるようにしています。


<< さんぽとたんぽぽ      彼岸に宇治まで豆腐を買いに >>