のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 02日

嵐が去った翌日は八瀬に行く

6月1日の夜半、竜巻警報がでた。
雷が光り、空は火事のようにあかく映えて不気味。龍の天井画を思っていると、ヒョウが降り突風が吹いた。

翌朝、裏庭に回ると、隣地の椋の2,5メートルほどの枝が10メートルほど吹き飛ばされていた。

八瀬に行く約束をしていた。
あいては元女子大生・・10ヶ月の女の子を連れている。

比叡山を仰いだ。

e0036151_23230130.jpg
ちょっと散策。大きな道をちょっとそれると、歩いてみたくなる脇道が現れる。
e0036151_23231691.jpg
出町橋のほとりに古い柳。
e0036151_23232742.jpg
出町柳の名にふさわしい。

振り返ると、比叡山と向かい合わせに座って本を読んでいた学生が、ハンプティ・ダンプティのようなアラフォーにすり変わっている。
そして、大きく口を開けて、耳のついたサンドイッチをほおばっていた。
まだ、10時やでえ、すごい食欲やなあ・・・と感心するも、さきほどSIZUYA(ビフカツサンドがとくにおいしい)のまえをとおって、菓子パンのいくつかを試食したくなったのを、ぐっと我慢した、自分の胃袋を、頼もしいと思った。

お腹がすいたのを我慢して、念力が抜けたのかな。

八瀬について、マドンナ柴漬けの店を訪ねたら、なんとまあ、休みだった。
自宅にも、行ってみたのだが、お留守だった。

e0036151_23234133.jpg

[PR]

by coppoumon | 2017-06-02 23:33 | Comments(0)


<< 長崎紀行 大村からはじまる      5月に弾いたもの >>