のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 26日

両足院の半夏生

毎年、出かける両足院。

まず、方丈からの眺め、次に、本堂裏から見た茶室、近寄ってみる半夏生。

e0036151_20462379.jpg
e0036151_20463962.jpg
e0036151_20473184.jpg
このところ、観光客が増えたのだそうである。

そのせいか、本堂や方丈に寺宝であろう通信使関係のもが並ばなくなった。
違い棚や床の間も、シンプルである。

瑠璃光院のように拝観料を4倍にしても良いので、寺宝展のようなものを開催して欲しい。

お茶室も、観光客で溢れる。

織部の大先生がお手前をなさっておられたが、先生が居られても、今は影だしで、次々に出てくる。
去年一昨年、その前も、大学生たちによるお手前だった。
天目台の使われなくなった。

ちょっと残念だが、お菓子は、まったく変わらない。

e0036151_20570884.jpg
黒文字で突き刺して、一口で食べてしまう猛者がいた。
饅頭をアテにちびちびと、お薄をすする御仁もいた。

つつましく隅のほうで、ご家族の写真をだしてお茶を楽しんでおられる方も居た。

さてと、おかけじは、現代中国書家のもの。今の季節だなあと、思わさせられる。
e0036151_20574467.jpg
お花は、半夏生、とらの尾、松明草。

e0036151_20580481.jpg
香炉は獅子。

e0036151_20582284.jpg
かわいい目をしていた。

最後に茶室からの景色を目に留めて退出。
e0036151_20591240.jpg




[PR]

by coppoumon | 2017-06-26 21:08 | 京都 | Comments(2)
Commented by yasukon20 at 2017-06-30 11:46
半夏生が本当に綺麗じゃね~~。
この花を見るためだけに京都に行けたらいいねぇ~。
心の余裕がないから駄目じゃね!!
見せてもろうて感謝!  


Commented by coppoumon at 2017-06-30 13:23
半夏生もええけんど、いま沙羅双樹が真っ盛りじゃけん。
この花も愛でる会があるぐらい、人気なんよ。
愛でながら懐石を食べるいうツアーもあるはずじゃけえ、来年でも計画してみんさいや。

アジサイも今が見ごろじゃけえ、遊ぼうおもうたら、えんどれすなんよ。


<< 葛焼      キリシタン文 大皿 >>