のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 07日

まだ、うなぎ

夏大根がある間は、おろしそばが食べたいと思う。
真庭市のアンテナショップに行くと、手ごろな大根がある。

夏大根は甘くないので好きである。
ホースラディッシュかとおもうくらい、辛みが強い時があるが、蕎麦にはそれでよい。
10割蕎麦を売る店があるのもうれしい。

大根は、厚揚げと炊く。
母は、夏大根なんて、と言っていたが、天邪鬼なわたしは、それがええねん、と、好物に挙げた。

さてと、うなぎである。
先日、「うな重」もどきを弁当箱で拵えて、残りを冷凍しておいた。
出番である。

卵4つを卵3つ分の出汁で溶いた。
素人には、出汁と卵を同量、というわけには、いかんのでおます。
うなぎは卵焼き器の幅に合わせて、箸2本分くらいの細さに切っておく。
そのほうが食べやすい。
馴れないことはしたくないが、食べたい一心で巻く。

e0036151_20513594.jpg
2等分して3切れが一人前。
ほかに、厚揚げと大根のたいたん。
のこりもんの、なると金時のポタージュ。

ポタージュは、裏ごしする前に2切れほどとりわけておき、器の底に沈めて、ポタージュを張り、崩しながら食べる。
あとはいつもの、麦ご飯。







[PR]

by coppoumon | 2017-08-07 21:00 | 常の日の惣菜 | Comments(0)


<< 内地へ・井戸の記憶      あすは台風だという >>