のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 18日

大阪クラッシック 9・13

1週間のクラシック週間の丁度真ん中の日、大同生命でピアノとハープの演奏を聴いた。

e0036151_21421515.jpg
演奏はハープ 平野花子、ピアノ 松永加也子。母娘という組み合わせ。

デュセック ハープとピアノのための二重奏曲 作品36
一柳 慧 夏の花
サルツエード ソナタ

デュセック以外は現代作品で、どれも聴き応えのある良質な演奏だった。

ピアノが専門なので、どうしても、そこのところを専門的に聞いてしまうが、楽器はベーゼンドルファー、
ヤマハの傘下にはいったベーゼン、というか、ヤマハの音に似てきているように、聞こえて仕方がない。

天井を見上げると、一階営業部の天井に自然光で輝いていたステンドグラスが、蛍光灯の光を通していた。
e0036151_21414592.jpg
メモリアルホールの展示物を拝見。ヴォーリズのエスキスが凝縮されている空間の中で、結果として踏み倒したであろう近藤勇の400両の借用書などが、面白かった。
e0036151_21424768.jpg

[PR]

by coppoumon | 2017-09-18 21:53 | 大阪 | Comments(0)


<< トリ肉と栗の白ワイン蒸      ピオーネのジャム 2017・9・J >>