のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 16日

菊がさいた

10月初旬だというのに菊の花が開いた。

ほかの菊たちはまだ3ミリほどの蕾でしかないのだ。
これはホームセンターで買ってきた苗で、去年咲いたかどうか記憶に無い。
線香ほどに細く弱ってしまったのを抜く気もないまま放置しておいた。

全体に油粕をやったのが良かったのか。であれば、虐待していたことになる。
すみませんね。
白菊の葉はてんぷらに出来る、と聞いていた。
てんぷらが好きだったら、もっと大事にしただろうに。


e0036151_08464625.jpg
梅の根元に5種類、ホームセンターで買った苗を植えたのは、4年前。
全部「寒菊」で、だいたい1月末から咲き始めるはずだから、たまに夏日でやりきれないこの時期に咲くのは腑に落ちないが、咲いたのだから、よく咲いたね・・とほめる。

しかし初見である。すなおに喜ぶ。

裏庭の菊も手入れをしなかったので、やせた野良猫のような状態になってしまった。
雑草を取るときに、施肥してやればよかったのかな。

ときどき、思い出したように株を移植してきたので種類は減ってはいないが、来年は菊をもうちょっとかわいがろうと思う。






[PR]

by coppoumon | 2017-10-16 08:57 | Comments(2)
Commented by apercevoir at 2017-10-17 11:59
『わたしを離さないで』

注文しといた、カズオ・イシグロさんの本がやっと届いたんよ。

これは2016年にテレビドラマ化されたのを観とったんじゃけど、なんか、重い内容じゃった。

文章をたどったら、どんなんじゃろう思うて、今日から読書の秋じゃ。

ほいで、このかわいらしい、真っ白な菊が『わたしを離さないで』と言っとるようで健気じゃね☆
Commented by coppoumon at 2017-10-17 21:30
けなげじゃろ。
季節はずれに咲いて、この世とお別れしちょるんかと、どきっとしたけん。
誰かの身代わりにさいちょるんじゃろか。

いつもなら、お向かいさんに、お仏壇にどうぞ、いうて,
切りにきてもらうんじゃけんど、散るまで、こうやって、眺めてやるけん。



<< 京土産      10月の惣菜 >>