のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 27日 ( 2 )


2006年 03月 27日

軌道

e0036151_8115719.jpg

何だい、千里下まで来てたのかい。うちはね、そこからだったら当たってなくとも、外れちゃいないんだよ。
歩いて来れる距離なんだ。家の中の汚さは人様の前後にもとらないってやつでさ、ひっくり返しちゃってるよ。
昭和35年に、250万で建てた家なのに、この間雨戸が用を成さないものだから、そんでもって、窓も古くなって入れ替えるってんで、サッシュにしてもらったら、全部で350万取られちゃった。
250万の家に350万の窓だけはぴかぴかだよ。


なにしろさ、辺りは国鉄村で、ありとあらゆる建て方の家に国鉄の人たちが住んでてさ、官舎とはいうものの、鉄筋5階建てアパートやら、二戸一やら、門の付いた立派なおうちから、大きな独身寮まであったんだ。

それがさ、全部更地になっちゃって、まだ、再開発してこの先、新しく街にして小学校や病院まで建てようってんだよ。
静かで、のどかだったんだけどね。余りの変わりように、やってらんないよ。

また、どうぞって言いたいんだけど、毎年の事なんだけど、今度の金曜日、30日だ、北海道に行って、秋になったら帰ってくるよ。

ここまで、一気に喋って、音楽仲間の母上はお茶をすすった。

ささやかな、鉄道マニアなんですよ、といいかけて止めた。列車ではなくて、東海道本線というレールの引かれた軌道やシグナルがすきなのだ。
そして、そこで働いていた全ての人たちが。
[PR]

by coppoumon | 2006-03-27 08:32 | Comments(4)
2006年 03月 27日

三度目

e0036151_23582223.jpg

2月24日に千里丘を35年ぶりに訪ねて、少しだけメモ代わりの写真を撮った。10日ほどして天候をみて改めて取り直しに出かけたが、どうもうまくいかなくて、もう一度モノクロで挑戦してみた。そしたら三月になったというのに雪が舞いはじめた。
うまくいかないのは、久々に行った先で、忘れていたことを、どっと思い出して目移りしてしまうからなのだろう。

国道を越えて、なだらかに左にカーヴしていく一本の坂道だけを覚えていたはずが、誰一人知った人も無く、入った建物の影すらないところにも、記憶を掘り起こすものがたくさんあって、立ち止まっては凝視する。

残念なのは建物が一切残っていない事で、国鉄清算事業団が行ったものの結果だけを確認しに行ったような、そういう気持ちになった。
e0036151_0124268.jpg

元の国鉄の寮の正門にソメイヨシノの古木が現存していた。
この辺りは赤松や、柘植、サツキなどが丁寧に刈り込まれた美しい敷地だった。
今でもまだ、少し面影を残しているが、町内の地図を見せてもらうと、この奥はずっと空き地になっていて、これから再開発が行われる事になっている。
今年はこのソメイヨシノの古木に咲く花を見ておきたい。
[PR]

by coppoumon | 2006-03-27 00:08 | Comments(0)