のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2006年 04月 06日 ( 1 )


2006年 04月 06日


桜の季節になった。
今年は開花が遅いのか、近年早すぎたのか、4月1日に西陣へ遊びに出かけたときには、まだ二分咲きといった有様だった。

西陣で食事をしたとき、先付けに、親指の第一関節ほどの、小さな寿司飯にきゅうりの柴漬けの小さく刻んだものを載せたのと、たけのこの先の柔らかい浅漬けの薄切りに、ふきのとうが添えてあった。

食事を終えて店の玄関を出ると、お向かいは五辻の昆布屋、右隣は和菓子の千寿軒、その数軒下には、金時という名のおまん屋。千寿軒の和菓子は一個340円くらい、金時のおまんは105円。
金時で、ピンクのういろう地に白餡が入った、サクラの花びらの形をしたおまんと、焼き芋と言うお菓子を買う。どちらも僅かにニッキの香りがする。

山椒昆布、若筍昆布、ココアで包んだ黒豆、奈良漬、京飴、落雁を買いもとめ、二つに分けて、郷里の二軒のお家に、既にビニールハウスで茶摘が始まっている宇治の一番茶を添えて、花見のお土産に送った。

e0036151_841895.jpg

子供の頃から親しんだこの郷里の桜は、山桜。
相当に年を経ているようで、元の幹は途中で腐って、それでもまだ、花を咲かせている。
二重で、花びらが十枚だったような気がするが最近確認をしていない。
花が咲きそろうのが毎年4月10日ごろで、この桜の花の匂いを好きだった。

なんとか、この木の正確な名前が知りたい。
どういう、雅な名前を持つのだろうと判るのを楽しみにしながら調べはするが、見出せないままに時間が過ぎていく。


撮影は2003年、アルパ10d、マクロスイターf1,9
[PR]

by coppoumon | 2006-04-06 08:14 | 郷里 | Comments(4)