のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2006年 04月 08日 ( 1 )


2006年 04月 08日

桜、その2

e0036151_0141350.jpg

狭い城下町であったが、いかにも城下町らしいのは道の付け方であった。絶対に見通せないような道筋は、何かと新しい発見があり、親の知り合いばかりの町は子どもが歩いて隅ずみまで探検をするには、もってこいであった。

桜がたくさん咲いた。
桜だけではないが古木が多くて、桜も古くなれば、このように大きな花をつけるようになるのだ、と、勝手に思い込んでいた。
すると、私だけではなく、知人たちも同じように考えていたという。

花は直径が5センチもある「太白」という品種だったのだ。

一度は日本から姿を消しかけた太白桜が、郷里には普通に何本もあった。
この池の桜も、3本の桜の古木がうっそうとしているので、伐採しようかと知人は思案していたそうである。
「だめだめ、これは太白なのだから」と私はあわてて説明して伐られることは免れたのだ。

湧き水が池に流れ、ここの水は名水といわれた。
近くに水脈が2種類あり、水温が異なっていたために、これらの水の湧く辺りは、鍛冶屋と染物屋の町であったという。

今は開発が進んでここの水を飲む事は禁止されている。
[PR]

by coppoumon | 2006-04-08 00:29 | 郷里 | Comments(9)