のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2006年 04月 23日 ( 1 )


2006年 04月 23日

揉めてる帆布

e0036151_208262.jpg

路面電車が走っていて、知恩院の新門辺りでカバン類がたくさんぶら下げてある家があった。

本職はテント屋で、おじいさんが二人、トラック用の幌布で、ひまひまにカバンを手縫いしていて、別にデザイナーがいるわけでもないけれど、面白いカバン。

但し、値段が高すぎる、という話を聞いては、その家に入って製品を見てくるわけでもなく、ガラス戸越しに電車から眺めて数年が過ぎた。

持っている人も本当に少なかった。高価だったので、学生が持つには贅沢すぎたのだ。

今回修理に出していたカバンが戻ってきた。
7年おきくらいで修理に出す都度、何かそのときに気に入った製品を買っていたから、手許に4種類バッグが残っている。

今回は修理品を受け取るだけで何にも買わなかった。そして、別の日に、ドンケのおおきなバッグを購入した。

ヒ○タのシュークリーム・・今は仲良くしているそうだが・ここも兄弟げんかで二つに分かれ、もめている間にシェアを奪われた。

このカバンもヒ○タのシュークリームのように、作りたてが、飛ぶように売れていた事を記憶しておこう。

関西お笑い風にオチをつけるとしたら、もとが幌だけに、だれかフォロ~してやれよ、ということだろか。

え?ギャグ、寒い?? すんまへん。
[PR]

by coppoumon | 2006-04-23 20:35 | Comments(4)