のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 15日 ( 1 )


2013年 07月 15日

夏にむかう 2013

九州に住む翻訳業の知人は、夏の暑い頃になると、どういうわけかこの世が夢のように思えてくる、という。
なるほど、厳寒期に部屋に入るとムッとするほど暖房が効いていると、幸せだなあ、と思うのだが、
夏の暑い時に、同じような目に遭うと、夢の世界に入れそうな気にもなる。

これほど暑いと、最後の日に箱に入れられて焼かれる頃には、涼しい顔ができるような気がする。それは夢ではないのだ。

今朝、裏庭のトマトを収穫した。

e0036151_197571.jpg


雨上がりで、トマトの数に負けないくらいの蚊の襲撃にあった。
逆境とはこういうことだろうか・・というほどの痒さがなかなか引かない。

早い朝なのに携帯電話が鳴っている。

おい、お盆、どうするねん。
どこにおっても一緒やろ。
仕事休めそうなら、1週間でも2週間でも来て過ごせや。
大阪程、暑いことない、思うで。

有難いことだが、その間、ピアノの練習が出来ない。
行けば家から引越しを見越して移した美術品などがあるし、手入れもしたいし。
まあ、思い切って出かけるのも良いかもしれないなあ・・

付いて離れないほど懐いている犬もいるし・・いや、それは暑苦しいか。

e0036151_19133493.jpg

夏の楽しみに、水なすを手で割いて食べる。

夏の食べもん言うたら、水なすが一番だすわ。と、漬物屋のおっちゃんは、そう言い、大きいの、大きいの・・と言いながら包んでくれた。

水なすの色を見ていたら、ブラームスの楽譜の色を連想させられた。

40過ぎると、ブラームスの後期の、人の好意の輻射や、暖かさで晩年を生きたブラームスの作品を弾くことが、内容と共によく理解できるようになります。

師の永井静子先生は、そういうことを言った。
そうして、わたくし、ブラームスは嫌いです、とも、ヘンデルヴァリエーションはとても良いです、ともおっしゃったが、28歳の頃のグレングールドのブラームスを、大変良い演奏だ、とも言っておられた。

今朝の電話の主は、茄子が大嫌いだ。
嫁は、ですから、茄子を送ってください、などと、平気で言う。

今日は、ゴロンと横になって、夢のような一日だったかもしれない。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-15 19:31 | Comments(4)