のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 20日 ( 1 )


2013年 07月 20日

日本一と言われているモナカ  

大阪谷町のモナカを頂いた。

衒いのない包装を見て、その素っ気無さに、これはかなりおいしいのではないかとおもった。
e0036151_22464145.jpg


最中の皮のことを、種といい、作りながら食べるモナカは、パリッとした食感を優先するためにコーンを使うのだが、ここのは餅粉である。

餡の分量はちょっと多めか、ぎりぎり。

e0036151_22494348.jpg


餡を挟むと、口を閉じないその形で、老舗だったミナミの、ともえ堂(友恵堂だったかもしれない)のモナカを思いだす。
最中の餡は浸透圧を利用して作るはずであるが、「一吉」は、甘さを抑えて、種とのマッチングを見事にこなしている。

「もなかは、友恵堂でおます」と口癖だった母方の祖母は、大きうに口をあんぐりあけて食べんと、食べられしまへんのやよって、おなごしさん、大笑いになりますのんや・・・こんなこともいっていた。

おちょぼ口で上品に食べる習慣など、今はない。おちょぼ・・というのも死語だろう。


頂いたのは7月14日。フランス革命記念日だった。

午後から、天候が大荒れに荒れ、豪雨が襲い、やれやれと、脱力して一人で過ごす雨上がりに、小さな家蜘蛛が出てきて、見ると、最中の色だった。

蜘蛛も雨にはびっくりしただろう。

蜘蛛は小さな大の字に似ていたために、大ちゃんと名づけ、踏み潰さないように気をつけていたが、4日ほどで、姿を見せなくなった。


大ちゃん蜘蛛の肌いろから、町並み散策中の城陽で和菓子屋を見つけたとき、一番のお勧めは、この、もなかですねん。と自慢されたことを思いだした。

周防町の庵月でも、必ず、「もなかにしなはれ」と勧められた。

四条の甘泉堂の「とりどりもなか」を包んでもらうときは、おいしおすえ、とお店の人が言う。

今はない、高台寺の、阿月の高台寺最中は、糖尿の主人が手を伸ばしてくるのよ、と船橋市の友人の母上が、喜んだ。

最中それぞれが、地元産を自慢する雲丹に似ている。

最中は完成されたお菓子なのだ、と思う。

写真の下に敷かれた梅の絵はタイル。
作家は金沢在住の竹腰潤氏。


一に吉。
良い名前だ。

日本一というのは、dancyu という雑誌に掲載されて知った。
いつの号だろう。
90年代の号だと記憶している。

[PR]

by coppoumon | 2013-07-20 23:10 | 和菓子 | Comments(6)