のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2016年 08月 30日 ( 2 )


2016年 08月 30日

古市をあるく

近鉄南大阪線の古市駅で降りた。
去年も同じ頃だった。

ことしは駅で初めに見た、お社の裏側。まず、表にまわってみることにした。

e0036151_23371090.jpg
どっしりとしたつくりである。
e0036151_23371925.jpg
すごい太い梁だ。
これほど重厚な造りをするからには、さぞかし、とおもい、表に出て案内板を見て、納得が行った。
e0036151_23365476.jpg
小学2年生の頃、「日本誕生」という映画を見た。学校から引率されて見に行った映画だった。
神々の揉め事があって、最後に白い鳥になって飛んでいった神様がいた。

e0036151_23373181.jpg
日本武尊の墓なのだそうだ。

ほんまか・だれが見てたんや・・・というつっこみはやめよう。

総天然色であった。

天照大神が天岩戸にお隠れになって、女の神様が踊り騒いで、おびき出した・・岩戸を開けるのに朝潮というなかなか横綱に成れなかったおすもうさんが、出演していた。

あの踊りがストリップというのだと、かなり後になって、知った。いや、たぶんその4年後だから、そんなに後ではないかもしれない。

そんな映画であるが、夢中で見た。

この日はLIC羽曳野ホールで椎名君のオルガンの演奏会があった。
椎名君は、もう、日本での第一人者なのだから椎名先生とすべきか。

バッハのトリオ作品はなかなかの力演だった。出色のでき、というのだろうか、終焉後、椎名先生もテンションが高かった。
めでたし、といべきだろう。

白鳥神社参詣とは、何の関係も無いのだが、オルガンの演奏を聴きに出かけ、古い道を発見し、辺りを散策していたのだ。

e0036151_23375264.jpg
古い道はいいなあ・・とおもう。
変に道幅をいじらずに、昔のままを残している。
いままでも、これからも、そうなのだろう。

それがいい。


[PR]

by coppoumon | 2016-08-30 23:52 | Comments(0)
2016年 08月 30日

珈琲屋さん

好みの問題だろうが、三条河原町では、食事をする場所、というか店に困らない。
以前は、おフランス料理に友人を案内することもあったが、店が無くなった。
今、立ち寄るのは、大阪風にいえは、安くて美味い店。

四条河原町では、安くて美味い店、というのを知らない。
お茶をたのしむ、店がなんともよろしい・・そういう店ならいくつかある。

喫茶店は入ると、奥に小さな庭がある。
今回は、地下なので、庭は無い。

e0036151_23300347.jpg
シックな店で、どこか、芸術家のアトリエ・・というつくりであるが、昭和40年ごろのにおいがしないことも無い。
それは、壁剤に使われた、良質のラワン材を見てのことである。

e0036151_23292956.jpg
美味しい珈琲である。

e0036151_23294481.jpg
壁に油絵があったので、こういう遊びをしてみた。
器はウエジウッド。

お客さんの筋が大変良い。

[PR]

by coppoumon | 2016-08-30 23:34 | Comments(0)