のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 30日 ( 2 )


2016年 09月 30日

名古屋へ その2

早朝7時55分に家を出て、9時の新快速で米原へ。
近江牛の弁当を買いたかった。しかし広げる場所がこの先見つかるだろうか・・と、弱気で、パスした。
米原から大垣へは鈍行。

養老鉄道の見える場所に来た。
e0036151_11372398.jpg
養老鉄道は単線なのかもしれない。いつ動くともわからぬ車両が控えている。
乗ってみたい気持ちを引きずりながら、岐阜に向かうために快速に乗る。これが満員だった。で、あっけなく岐阜に着き、
ミサの終了時間にはまだ間があるので、教会を探す。

e0036151_11384527.jpg
このかわいらしい教会は戦前、大垣にあったのだそうだ。
空襲で、岐阜の教会が消失したため、大垣から移築して現在に至る、という。
移築できたのは、終戦当時、大垣に信徒の方がいなかったからだ、なのだそうで、戦時中のキリスト者への圧力を感じさせる話だ。

途中、サムソン・・という理髪店を発見した。

e0036151_11374638.jpg
床屋にサムソンと名づけたら、客は来ないだろう。

ラヴェルの「サムソンとデリラ」・・これも旧約聖書の話だが、怪力のサムソンの秘密はその長い頭髪にあった。
女スパイのデリラはその秘密を知り、サムソンの髪の毛を切ってしまう。サムソンの属していた国は滅びるのだが、何年待ったのだろう、目を潰され、牢獄につながれて髪の長さが戻ったサムソンが神殿の中央に導かれ、その後に起こる彼の最期は壮絶としか言いようが無い。

それでも、髪切りに行くの?

サムソンはデリラに自分の秘密を語った。

人はだれでも秘密を持っている。秘密を話すことは、相手に自分の自我を与えること、そのひとを尊重することとは、その人の秘密を暴かないこと。

秘密が大きいほど人は孤独なはず。よりによって、国運を背負った女スパイに喋ってしまったんだなあ・・・・・などと妄想しつつ歩く。


食事はキッチンねこいち・・という洋食屋だった。扉の両サイドに、白と黒い招き猫が置かれていた。

e0036151_11393117.jpg
味噌カツです。丁寧に作ってあり、おいしかった。
でも、ニンニクが忍ばせてるのじゃなかろうか、などとおもいつつ食べてしまい・・あとでなんとなく苦しんだ。

名古屋での演奏は立派だった。

e0036151_11395740.jpg
写真撮ってはいけないので、最期のクワイヤーが退場する場面、私たちも立ち去ろうとするところを携帯でとった。
クワイヤーで頑張った知人が顔を上気させて出てきた。

久々に会った。めでたしである。

[PR]

by coppoumon | 2016-09-30 11:53 | Comments(2)
2016年 09月 30日

名古屋へ その1

バッハアンサンブル名古屋・・という団体のコンサート、出演するので聴きに来ませんか・・という合唱の好きな知人からのお誘いで、出かけることにした。

その前日、京都に手土産を買いに出た。高島屋ではなくて、四条通を東に歩いて、甘泉堂へ。
e0036151_11204240.jpg
ついでに、宮田圓月堂で、葛きりを楽しむ。
e0036151_11205444.jpg
外が騒がしい日だなあ、と思ってはいたのだが、先ほど通ってきた道で歩行者5人が跳ねられる事故があった、と知る。
おお、若し、高島屋への道じゅんであれば、その時間、事故に遭遇したであろう。

一寸先は闇だなあ・・と、そうだ、お化けに会って行こう。
こんな日はお化けのいるお寺のほうが安全なのかもしれない。
e0036151_11215865.jpg
高台寺は盆からお彼岸の頃まで、お化けがいる。
百鬼夜行の巻物も数種類出るし、軸は丸山応挙だったりする。
もう、何度も行って見ているので、もっと怖そうな、毒キノコを探して歩いた。
美味しそうなのだが、見るだけ。手はださない。身の破滅だよ・・

美しいけど、あぶない女さ、
紳士たちは破滅する、次から次へと。
けれど彼女に罪はない・・・♪(恋のルシアンカフェ)

お寺で、こんな歌の詩をおもいだした。
e0036151_11223174.jpg
e0036151_11221821.jpg
寺は平和で良い。

e0036151_11224727.jpg
この庭はいまは喫茶店になってしまったが、本来塔頭だったのだろう。

[PR]

by coppoumon | 2016-09-30 11:33 | Comments(0)