のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 07日 ( 3 )


2017年 06月 07日

長崎紀行 稲佐山

大村の資料館で目的を達して階段を下りてきたところに、ジャストタイミングで友人夫妻が到着していた。
念願かなって、やっと会うことができた。

すぐに長崎市内へ移動。ご挨拶に伺い、竹原冬青先生のお軸を拝見。
併せて、友人やお母上から、いろいろと軸にまつわるエピソードを伺い、驚く。
書家が筆を執るその念力は山をも動かすのだろうか。

ホテルは出島の近くに。
出来るなら、対馬藩邸ゆかりの場所にホテルは無いものか、と思ったが、翌日、藩邸は十八銀行が建っている場所だと判った。

e0036151_21272627.jpg
日没にあわせて稲佐山へ。
e0036151_21292701.jpg
つい、どこかしら対馬に似た風景を探してしまう。
e0036151_21295946.jpg
暗くなり始めると、風景が輝きを増す。
レストランの一等席で食事をすることが出来た。
メニュはもちろんトルコライス。
e0036151_21303701.jpg
バターピラフの上にドミグラスのかかったポークカツ、カツのしたにはバミセリが隠れている。

このあと、山を降りて、天才ギタリストに会う。

[PR]

by coppoumon | 2017-06-07 21:35 | 行った | Comments(0)
2017年 06月 07日

長崎紀行 番外編

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by coppoumon | 2017-06-07 21:08
2017年 06月 07日

長崎紀行 大村からはじまる

6月初めか7月初めか、九州に行くとしたら、入梅まえが良いだろう、ということで6月3日から旅行に出た。

初日は関西から移動日ということになるが、飛行機が降りる先は大村。

楠本正隆邸、大村市立資料館のキリシタン資料を見学したのち長崎へ移動。という予定を立てて実行。

楠本正隆邸は明治初頭の武家屋敷。

e0036151_14034118.jpg
17畳の座敷に荒木十畝の武者絵の軸がかかっていた。十畝は大村の出身。生家跡があるというが、尋ねる時間を惜しんで、この屋敷の隅々を拝見。

e0036151_14041123.jpg
座敷からみた庭は池の保水が難しいようである。

e0036151_14043459.jpg
台所や風呂周りなどは簡素である。
e0036151_14045788.jpg
奥座敷からみた庭は、借景になっているが、わかりにくい。

外に出て建物周りを拝見。
e0036151_14051801.jpg
e0036151_14054494.jpg
対馬の武家屋敷とは違う剛直さがある。

対馬の屋敷は京都風であり、門などの外構えはいかめしく江戸風でもある。

外に出て資料館まで歩く。なるほど、城下町だと思ったのは、まず、見通せないこと。
屋敷は瓦解されてしまい、ところどころ、石垣が武家屋敷だった面影をしのばせる。

長崎街道、とあった。

この下の写真はミス。削除できない。

e0036151_14060561.jpg


[PR]

by coppoumon | 2017-06-07 14:15 | Comments(2)