のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

2017年 06月 28日 ( 1 )


2017年 06月 28日

葛焼

半夏生の帰りに和菓子屋へ寄った。

京都の和菓子の中で一番好きなものは・と聞かれると、「葛焼」と答える。

e0036151_20230844.jpg
葛羊羹のようなものを作って、冷まして、焼いて、冷まして・・という手順が大変面倒で、焦がしたりしては何も成らないので、焼くのも難しくて・・ともう、20年近く前に、料理屋で、「主人のお遊びでございます」と出てきた葛焼きに、大奮闘した痕跡があって、ほんまや・・セミプロと素人さんのあいだや・・・などと思ったことがある。

和菓子屋さんで、その話をすると、ご主人はにっこり聞いておられたが、料理屋さんなら、大概の和菓子は拵えることが出来るでしょう。
たしかに、葛焼きは手間です。と笑われた。
焼いて、1時間ほど冷まして・・皮にも砂糖をつかいますから、焦げやすい・・と料理屋さんと似た話になる。

焼く時に、薄く米粉をはたくのです。とも、言われた。
未練がましく、アップした画像を置く。

米粉で薄化粧してるんや・・・


e0036151_20232108.jpg

実は、店に入った時に、後から若い男女が入ってきて・・・青梅と・・といいかけると・・・・すみません、あれは見本で、もう、全て出てしまいまして、あるのは葛焼と水無月だけになりましてん、と店のかたが断りを入れた。

・・・ああ、そうですか。
若い客はきびすを返した。

そのあとで、わたしが、

ああ、もったいない。
一番手間な葛焼が、あるというのに・・と思わず口にしたことで、冒頭の会話になったのだった。

これから夏本番。






[PR]

by coppoumon | 2017-06-28 20:47 | 和菓子 | Comments(0)