のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 25日

五月の夏日 その2

ピーカン照り・・というのだろう。
カメラマンは、こらあかんわ・・というだろう。
花は撮れない。

バラは雨でもお構い無しに開花する。数日前の我が家。唯一、一本だけ残った黒真珠が咲き始めた。
だいたい、このはなが咲くときは雨だ。

e0036151_23151325.jpg
コンデジで撮るとピントが合ってくれない。雨なので、切って玄関先に置いた。

さて、バラ園入り口である。
e0036151_23165560.jpg
この「ピエール ド ロンサール」は1987年の品種なのだそうだ。古くから伝わるフランスの花かと思っていたら、歴史は新しいのだ。
e0036151_23171986.jpg
e0036151_23175476.jpg
e0036151_23181171.jpg
たくさんの人出だが、気づくと、バラを解説してくれるおばちゃんと足並みが揃っていた。

黒真珠を初めに挙げたのは、その、黒真珠の前の花、というのをおばちゃんが、教えてくれたからである。
1930年代から改良されてきた花が植えられていたばしょでのことだ。

あ、これだ、いや、香りが違う・・などと友人と話していたら、おばちゃんがすっと寄ってきて、黒真珠ほどよい香りはしないでしょう。それは改良されるもっと前の時代のバラです・・などとささやいてくれたのだ。

話を聞いていると、バラをもう一本植えようかと、いう気になってくる。
じつは裏庭に2本あったのを枯らしたのだ。

白い、イバラだろうと思ってぞんざいに切ってしまったら、そうではなかった。
そそっかしさに、頭を抱えた。


それだけではなかった。
帰宅して、熱中症ほどではないが、急な暑さにばててしまった週末だった。

まあいい。美味しいものを食べて、美しい花を楽しんだのだから。

5月末になると、バラたちは全て切り取られて剪定が始まる。

[PR]

# by coppoumon | 2017-05-25 23:32 | Comments(0)
2017年 05月 25日

五月の夏日 その1

五月晴れ、ということばどおりの5月の週末。
古くなった水道管を交換する工事が、家の前に来てしまった。

騒音と土ぼこりの中に居るより、外に出るほうが、いくらかましだ。北浜に出て食事を済ませて、バラ園を見てから帰宅すれば工事は終わっているだろう。

北浜に近いところに住む友人を食事に誘った。

OUI.

店の名前だ。

15年ほど前までは、よく通ったが、近頃はほとんど、北浜界隈を通らない。
満席だったが、しばらくすると幸運にもテラス席に案内された。
e0036151_22515857.jpg
なぜ、この店に通ったのか。
それは、川向こうに對馬藩の藩邸があったからである。その敷地の半分は、タワーマンションになって睥睨しているのを見ながら食事をする。左隣は尼崎藩邸跡。

e0036151_22524378.jpg
e0036151_22525958.jpg
サラダ、パン。一口香(いっこっこ・長崎の銘菓)のように、中が空洞。このバターは大変美味しい。

e0036151_22534124.jpg
ワインは辛口の白。これが美味しかった。

e0036151_22540150.jpg
メインは豚肩ロースのビール煮込み。

このあと、ストレートティ。
あれ?ポタージュが抜けている。
e0036151_22531681.jpg
ポタージュはかぼちゃ。

e0036151_22522413.jpg
デッキと室内を区切るガラス戸に、中之島公会堂が写り込んで素敵だ。






[PR]

# by coppoumon | 2017-05-25 23:05 | Comments(0)
2017年 05月 18日

春蘭を見に、蓮華寺へ

子供の頃、年長のものと山へ行くと、したり顔で、蘭はこう・・こうして葉のふちをしごくと、滑らかなのが
蘭。
春蘭は、ジジババと呼ばれて、蘭の範疇には入れてもらえなかった。

先年亡くなった、お向かいのおじいさんは、「万松院」という名の対馬春蘭を大事にしていた。
園芸店で3500円で買った、ということだった。
そうして、入院中に枯らしてしまった。

下さい・・と言うべきだったか。匂いをもっと嗅いでおくべきだった。

蓮華寺は今の時期、春蘭が咲いている筈だ。

e0036151_20140932.jpg
青楓の美しさを、もっと見ていたい気にさせる。ガラケーのレンズでは到底収まらない、さまざまな緑。

e0036151_20142362.jpg
ヒトリシズカは、二人静なのか。
目当ての春蘭のある場所まで進んでいく。
e0036151_20144886.jpg
花は終わっていた。かろうじて一輪だけが残って咲いていた。
撮影禁止の場所に咲いているので、降りていけない。
縁側からだと、これ以上大きく出来なかった。

今日は川の水がありません。 ご住持がおっしゃる。
田植えが始まる前に、一日だけ、川をせき止めて、川掃除をするのですが、今日がその日なのです。

池もずいぶん水位が下がっていたが、川は、水音なしで、流れている。
そこに、カワトンボがやってきて、大きな肢体を休ませている。

e0036151_20153611.jpg
ヒトリシズカは川の前の庭では三人静になっている。

e0036151_20150342.jpg
雨上がりで、キノコを探すが、見つからなかった。
さて、蓮華寺の春蘭は、ニオイシュンランなのだろうか。ご住持にお尋ねしたらよかった。

[PR]

# by coppoumon | 2017-05-18 20:24 | 京都 | Comments(3)
2017年 05月 12日

庭で遊ぶ 5月の裏庭

4月から5月は庭木の世話で忙しない。
まずは梅につくカイガラムシの駆除。

蝶々がひっきりなしにやってくるので、カイガラムシへの薬品の噴霧は諦めて、ブラシで擦り取ることを何度かやって、根元にアブラムシ除けの薬をまいた。
毎日、梅の幹を目でたどり、あたらしいカイガラムシも見つけては取り除く。
その頃、椿の花が終わるので、油粕をやって、これも根元にアブラムシ除けの薬をやっておく。

椿に新しい葉が出始めると、新茶の出来をおもう。
ある朝突然、孵化したばかりのイラガの芋虫を発見。乙女椿が一番被害に遭い易いようで、ゴム手袋をはめて駆除。
蝶々がいないときに、キンチョールをスプレーしたら、これもよく効くようだ。


e0036151_21512857.jpg
地べたでは、八重葎をやっつけ、水仙の枯れた葉を切り、きゅうりぐさを引き抜き、つぎにはお隣から侵略してくるツルニチニチソウ、ニラとの対峙である。

蓬を摘み、適当にドクダミも摘んで、洗って干す。この蓬の乾燥を4回やった。

e0036151_21570077.jpg
梅の新しい枝が20センチほどに伸びたら、つめ先で、枝の柔らかいところを摘まんでおきましょう・・と本に書いてあった。
失念して、気づくと30センチにもなっている。
とほほ、であるが、えい、切ってしまえ・・と摘んでやった。柔らかくて指先で折れるが、木にとっては負担なのだろうなあ、むごいことを・・とおもいつつ作業を終えた。
蚊にさされた。

夏になろうとしている。



[PR]

# by coppoumon | 2017-05-12 21:58 | Comments(2)
2017年 05月 10日

ゴールデンウイークは新茶など

4月最後の週は休みが無かった。生徒さんの音楽に付き合って、まさにデスマッチと言いたかった。

5月にはいると、さっそく新茶のたよりが届く。
まずは松江からであった。

e0036151_09523095.jpg
e0036151_09525528.jpg
大変結構なお茶だった。お菓子は外郎地の「さつき」。
今年は連休前から良い天気に恵まれて、お茶の発育がとても良いそうだ。

散策に出ると、道端でたんぽぽがそろそろ花の終わりを告げている。
e0036151_09531049.jpg
シロバナタンポポをみて、味噌餡の柏餅を連想してしまった。
宇治の帰りに、伏見をまわって、富英堂で干菓子や餅菓子を求める。
この店は、しばらくお待ちください・・とその場で干菓子を箱詰めしてくれるのだ。
e0036151_09534968.jpg
5月5日になっても疲れがとれず、饅頭10個も食べれば、元気になるだろう・・などと妄想に走り、実行したくなる。
単語の節句ゆえ、「健」という名の茶碗を出した。もちろん、粽も。
粽は近所の和菓子屋の御製。
e0036151_09540459.jpg
e0036151_09542045.jpg
e0036151_09543815.jpg

精中斉によって「健」と銘された、この茶碗、
茶せんを入れると、奈落の底をかき混ぜているような気にさせる、どこが健なのか、私にはトンとわからない。
謎だ。


[PR]

# by coppoumon | 2017-05-10 10:05 | Comments(0)
2017年 05月 10日

4月に弾いたもの 

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

# by coppoumon | 2017-05-10 09:41 | 音楽の勉強
2017年 05月 08日

たべてみたい ランチ ~京都を歩けば

饅頭を提げて、帰る途中、喫茶店にでも入って、先ほどみた、喜び組饅頭店の印象を薄らげようと、あせる目に飛び込んできたのが、昭和の香り紛々たるメニューの看板だった。

e0036151_21505364.jpg
ピラフ、カレー、スパゲッティ、ランチが5種類。

真っ先に食べたいと思ったのは、フイッシュランチ。

FISH LUNCH ! わはは!

二番目は、ミックスランチ

MIX LUNCH !! わはは!!

共食いのような気もするが、気にしないで、今度是非立ち寄ってみよう。
この日、店は定休日だった。



[PR]

# by coppoumon | 2017-05-08 22:03 | Comments(0)
2017年 05月 08日

附子 ~京都をあるけば

細見美術館では「附子」が売られているという。
もちろん本物ではなくて、水飴である。舐めても、顔がこわばったり、表情を失ったりするわけではないらしい。

ここの販売員たちは、附子をなめているのだろうか・・そんな和菓子屋があったので、おいでになりたければ、お知らせください。

久々に訪ねた店は、相変わらず名物の「松風」が売れるようで、ほかにも菓子はあるのだけれど、もうちょっと詰め合わせにくふうがあれば、しゃれた手土産になるものを、とおもいつつ、生菓子を求めることにした。

涼風、胡蝶・・・と希望を告げると「、少々お待ちください・・」とあきらかに附子を服したと思われる妙齢の店員が、奥に入っていった。
そして、同じ表情で出てきて、「必ず、本日中にお召し上がりください」と声を発した。

・・・そらないやろ、ここでつくってへんのんかいな。わし、通う店は、「作りたてでございますが、3日以内にお召し上がりになられるのが、よろしかろうと存じます」いわはるで・・と、口に出そうに成るのを、慎んだ。

京都の地元民は何と受け答えするのだろう。
へえ、おおきに。ありがとさんどす。ほな、御代、ここにおかしてもらいますえ。ありがとさんどした・・だろうか。

おばさんら、雇われかい? 努力せえでもきゃくが来るよって、笑う必要もないんかい・・隣の漬物屋みとうみ、和やかでにこやかで、えらい違いや・・とさらに内なる声が湧き上がりそうになるのを抑えた。

これも、地元民はなんと言うのだろう。
白い割烹着がよう、似合て、よろしな・・・くらいだろうか。

今度、地元民の知人に聞いてみよう。



ま、いい。はよ帰ろう。

たべれんこともないやろ。

e0036151_21105338.jpg
なるほど、藤の花びらがひとひら、涼しげに散るのどすなあ。よろしな。

e0036151_21111054.jpg

ぱぴよんどすか。紋が3つもありますのんやなあ。珍し。よろしな。

と、賞でる。

薯預の皮も愛でさせてもろたけど、薄おす。すこし噛み応えがおますな。

ういろ地の蝶々も、角々しっかりしたはります。

よろしな。



器は、三代目、森岡嘉祥さんの花三島。





[PR]

# by coppoumon | 2017-05-08 21:35 | 京都 | Comments(0)
2017年 05月 08日

りんごと苺のジャム 2017・5C

通し番号から行くと、今年はまだ3回しか、ジャムを作っていない。

かんきつ類のジャムがなかなか始まらない。

りんごと苺のジャム・・レシピに近いものを作ったが、まだりんごの量が少ない。

さがほのか4パック・・・・約1キロ、りんご2個、砂糖250グラム、ブランディ。

作り方は前回と同じ。

りんごが多いので、苺の赤いいろが薄くなってなんとなく褪色じみている。

味は、大変良いので、こんなものかと思う。


写真はいずれ載せます。



[PR]

# by coppoumon | 2017-05-08 20:57 | ジャム | Comments(0)
2017年 04月 19日

苺とりんごのジャム 2017・4・B

苺とりんごのジャムは初めてつくった。今年はまだ2度目のジャムである。

苺1パックにりんごひとつ、砂糖を200グラム、という決まりを、

とよのか3パック、りんご1個、三温糖250グラム。

りんごは皮を剥いて2ミリ厚さに刻む。

いちごは砂糖をまぶして一晩置き、指先でぐちゃぐちゃに潰して、刻んだりんごを加え、ブランディーを入れて煮る。
e0036151_21261335.jpg

出来て冷めたのを、そのまま食べると美味しい。というか、あとを引く。
食感が、おもしろい。


[PR]

# by coppoumon | 2017-04-19 20:52 | ジャム | Comments(2)