のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 624 )


2017年 12月 02日

成化年製

e0036151_23092914.jpg
大明成化年製と書かれた伊万里・・・という記事を時々ご覧に来られる方があって、非公開なので、申し訳なく思う。
別に、非公開でなくても良いのだが、プライヴェートなことを書いてあるので、公開していないだけのことなのだ。

ほかにも成化年製とかかれた古伊万里があるので、お詫びがてら画像を置く。
e0036151_23101161.jpg
これが苺大福の小鉢の「高台」


もうひとつ。
e0036151_23103291.jpg
e0036151_23104842.jpg
どちらも、きれいな焼き物だなあとおもう。
両方とも萩唐草が描かれている。



[PR]

by coppoumon | 2017-12-02 23:19 | Comments(2)
2017年 12月 02日

練習の合間に

e0036151_22215888.jpg
このところ、バッハで練習時間のほとんどを費やしてしまう。

ひとつは分析、ひとつは指使いを決めることで、書き込みに時間を取られてしまうからだ。
甘いものを休憩に摂ることもある。

ピアノの部屋に持ち込んで、物の続きを考えながら、なかなか先に進めないこともあるし、翌日、何の苦も無くできていることもある。

e0036151_22214127.jpg
磯巻きに、手を出そうか、やめておこうか・・と逡巡。
ノルマだと思って、食べてしまえ!

漉し餡で、皮には微妙に、味噌を忍ばせてあり、風味が良い。

[PR]

by coppoumon | 2017-12-02 23:01 | Comments(0)
2017年 11月 24日

庭の千草

秋の終わりに、一番最後に咲く菊が開いた。

昨年は絶滅危惧種であった。
椿に油粕をやったついでに、株分けをして油粕をやった。

本来は懸崖菊のようで、一本の枝から小さくいくつも枝が伸びて花をつける。

e0036151_22095436.jpg
お仏壇にどうぞ、とご近所に声を掛けると、玄関に・・と鋏を持って出てこられた。

e0036151_22152101.jpg
ことしの見納めの菊、ということになる。

庭の千草・・裏庭の干し草、でもよかったのだが、この黄色い菊が終わる頃には椿が咲き始める。

ところが、今年は10月初めに咲いた寒菊が、またたくさんの蕾をつけて、咲こうという勢いだ。
寒菊やで、四季咲きちゃうやろ・・と諭すのだが、わたしでは聞く耳を持たないようだ。

寒菊は白。

白菊が「一人遅れて咲きにけり」というわけで、庭の千草の歌詞と一致する。

e0036151_22100699.jpg
太神楽がだんだんひらいていくようだ。

今年はこれまでに見たことの無い数の蕾をつけている。
葉の色も悪くないので、肥料のやり方が良かったのだろう。

予想以上の大飯喰らいである。
油粕は、十分だっただろうか。
蕾を落とさずに、全部咲けるかな。

[PR]

by coppoumon | 2017-11-24 22:28 | Comments(2)
2017年 11月 20日

おせき餅

おせき餅は京都南インターチェンジのちかくにある。

峠の茶屋で供されるお茶と団子のようなものかとおもったら立派なおはぎであった。
わざわざ訪ねてたべたのは40年以上前のこと。

京都でコンサートがあった日、帰り着くのが遅くなり、夜に一息ついているとチャイムがなった。
e0036151_20503191.jpg
お土産です・・とご近所さんが立っていた。
お礼を申し上げ押し頂いて部屋に入ると?????

そそっかしいことに、小さな文字を「明日でかくなります」と読んでしまいさらに目を凝らし、わが欲の深さに呆れた。
e0036151_20504316.jpg
e0036151_20510703.jpg
どうやって箱に入れるのだろう。
見事な技である。

長い黒文字も、値段のうちなのだろうか。

e0036151_20511752.jpg
箸で取り出して、端からたべた。

ひとつ残ったが、それも食べた。食べ終えてやめておけば良かった・・と後悔した。

いやいや、よいコンサートだった。

韓国、中国から伝統楽器の名手がゲストで来られた。楽器も名器であるに違いなく、音のすばらしさも堪能した。
個人的には古曲の「八島」が一番良かった。

e0036151_20501888.jpg
そういうことを漠然と考えながら、おはぎを味わった。




[PR]

by coppoumon | 2017-11-20 21:01 | Comments(5)
2017年 11月 10日

菊とストーヴ

明日の朝は六度四分まで下がります。

ラジオの予報を信じる。

ストーヴを出した。
パネルヒーターはもう早くから出していたのだが、ストーヴで全館暖房がしたい。

バラが、今年最後の花をつけていた。
クリスマスの頃に一輪咲いてくれたら嬉しいが、それは、こちらの勝手で、バラには関係が無い。

黒真珠。

e0036151_23080321.jpg
色は黒いが美人です。
雨が降らない日に咲く、というのも珍しい。
必ずお決まりのように雨の日に咲いたことしのバラ。

コンデジで意地になって色を撮る。ピントが合わなくてもバックが変でも、この色が大体、正確。

裏庭に出ると、毎回、開花した菊の種類を数える。
判りきっているのに、それでも数える。

物を数え始めるのは、知識の初めである・・はずはないか。

e0036151_23062899.jpg
e0036151_23064965.jpg
e0036151_23070568.jpg
e0036151_23071974.jpg
e0036151_23074345.jpg
これに、赤紫、黄色、オレンジ、赤にオレンジとこれから開花するだろう。

ご近所から頂いて種類を増やそうかな、と考え中。

他所の小菊はみな美しく見える。

うち、餌やってまへんねん。すんまへんでおます。

[PR]

by coppoumon | 2017-11-10 23:20 | Comments(0)
2017年 10月 27日

秋たけなわ

10月は雨が降らないことになっていて、屋根替えが当たり前のように行われていたが、
ことしは雨がおおくて、梅雨のようであった。

10月になると、近所の庭のある農家に庭園業の人たちが来て作業をしている。
快い剪定ばさみのおとが聞こえてくることもある。

きんもくせい、シオンなども咲き終えて、柿が熟していくかたわら、烏がつついている。

e0036151_21221765.jpg
駅前の和菓子屋さんも、いかにも秋、といった菓子を並べている。
村雨。外郎地の柿。芋のきんとん。栗大福。

今朝はジョウビタキの声を聞いた。
あさから夕方まで鳴いていた。

今年は畑仕事をしよう、と、九条葱を植えたら、すぐに台風で叩かれてしまった。
三つ葉が弁慶草の間からたくさん小さな葉を出している。

青磁の浅蜂は木村盛伸氏作

[PR]

by coppoumon | 2017-10-27 21:27 | Comments(0)
2017年 10月 16日

菊がさいた

10月初旬だというのに菊の花が開いた。

ほかの菊たちはまだ3ミリほどの蕾でしかないのだ。
これはホームセンターで買ってきた苗で、去年咲いたかどうか記憶に無い。
線香ほどに細く弱ってしまったのを抜く気もないまま放置しておいた。

全体に油粕をやったのが良かったのか。であれば、虐待していたことになる。
すみませんね。
白菊の葉はてんぷらに出来る、と聞いていた。
てんぷらが好きだったら、もっと大事にしただろうに。


e0036151_08464625.jpg
梅の根元に5種類、ホームセンターで買った苗を植えたのは、4年前。
全部「寒菊」で、だいたい1月末から咲き始めるはずだから、たまに夏日でやりきれないこの時期に咲くのは腑に落ちないが、咲いたのだから、よく咲いたね・・とほめる。

しかし初見である。すなおに喜ぶ。

裏庭の菊も手入れをしなかったので、やせた野良猫のような状態になってしまった。
雑草を取るときに、施肥してやればよかったのかな。

ときどき、思い出したように株を移植してきたので種類は減ってはいないが、来年は菊をもうちょっとかわいがろうと思う。






[PR]

by coppoumon | 2017-10-16 08:57 | Comments(2)
2017年 10月 13日

名古屋へ 2017 その3 名古屋で食べたもの

名古屋に住む友人に、名古屋伝説「喫茶店のモーニング」の真偽を尋ねたら、行ったことがないので知らない、という。
ゴージャスなモーニングセット、餡トーストや餡入りコーヒーは幻なのだろうか。

オークヴィレッジが内装を手がけた「欅」というレストランがあったのだが、消えている。
味噌カツや、エビフライと海老天の盛り合わせ、みそおでん・・などという、勝手に想像している名古屋のソウルフーズが、これでもか・・とメニュに並ぶ店だった。

欅は、東京の人がやっていた店なのだ、と聞いた。それじゃ、撤収も早いわけだ。

名古屋産だったと、後から知った「寿がきやうどん」の系列なのであろう「すがきやラーメン」という店をながめつつ、
始めて入った地元の人の喫茶店で食べたのは、メニュに一番人気と書いてあった「和風オムライス」
加薬ご飯に近いようなピラフを卵でくるんで、餡がかけてあった。

餡といっても小豆ではない。べっ甲餡である。

e0036151_22530830.jpg
ほんわかとした、やさしい味のオムライスだった。


帰りの新幹線で食べた料亭「つたも」の弁当も、丁寧な味付けだった。食材だけで30数種類入っていた。
e0036151_22533521.jpg
角の無い、というべきか、甘すぎず、辛すぎず、まろやかで、結構な弁当だった。
蛇腹の胡瓜も丁寧な仕事であった。

そのほか、「矢場とん」のくしカツも食べた。何もつけずに十分おいしいので、味噌だれが、一袋付いていたが、持って帰ってきた。
いえでチキンカツでも作って、かけてみよう。



[PR]

by coppoumon | 2017-10-13 23:00 | Comments(4)
2017年 10月 11日

名古屋へ 2017 その2

いきなり名古屋駅である。
e0036151_22533192.jpg
人民鉄道 JR もし、日本が赤い国になったら、旧国鉄をそう呼称したかもしれない。
ホームから見る線路を好きである。
e0036151_22535054.jpg
ありとあらゆる人たちを乗せたレール。
e0036151_22540579.jpg
行き先は大曽根から歩く、徳川美術館。
美術館手前でパントマイムという名の喫茶店に入る。
70年代を意識したインテリアなのだそうだ。ちょっと不思議な喫茶店。

イラストレーターと、がま口作家のコラボレーションという大きながま口、絵画が、店の大きな壁に展示してあった。
e0036151_22545947.jpg
ここのお客さんたちを拝見していると、この地に棲めるなあ、と考える。

徳川美術館については省略。

ゆっくり観ていたら時間が押し迫ってきたので、退出。
途中で、ヴォーリズの戦後の設計の教会を発見。

e0036151_23025777.jpg
バッハの連続演奏会は面白かった。3つ目のカンタータではさすがにテナーがバテはじめて、どうなるだろうと思った。
この日の小ミサはとても良かった。

楽屋口から、おおきな荷物を転がしながら、あたふたと友人が出てきた。
これから長崎なんです・・という。

大きいほうがいいですか、小さいほうがいいですか?

・・小さいほうが・・大きいほうは何ですか?

急いでいる割には余裕やん。

また、あたふたと彼は姿を消した。









[PR]

by coppoumon | 2017-10-11 23:10 | Comments(0)
2017年 10月 11日

名古屋へ 2017 その1

去年も名古屋へ行き、名古屋へ その1 その2 と記事をアップしている。

私は、気に入った催しには、来年も、再来年も、と毎年同じことがしたいようだ。
逆に言えば、毎年、同じことが重ねられる幸せ、というものを、感じていたい性格のようだ。

明日は名古屋、というので、手土産を求めに出かけた。

その前に、食事。

宇治から祇園に移ってきた豆腐屋さんのメンバーが出しておられるお店。


e0036151_22273100.jpg
馬上杯の中はびっくりするような豆腐の味。

食後、てくてく歩いて、浪川菓舗の生菓子を一折。

途中、400年続く老舗、という店でも「山苞(やまづと)」を買った。
苞・・つとに入れて、包んで、など、この言葉は死語なのだろうか。
和菓子屋の山苞は、この時期なら柿、栗、キノコ、どんぐりなどをそれらしく拵えて、背負子のようなかごに入れてある。
苞とは、グリーティング・ボックスかもしれない。
老舗のそれは、小さな紙箱であった。

名古屋では二人に会うので、小さな包みと大きな包みを用意した。

3時のおやつに自分用に包んでもらったのは、栗餅、金柑餅、月見団子。
e0036151_22282481.jpg
e0036151_22281190.jpg
お菓子の包みを提げて、閻魔様のところに寄った。
お迎え鐘を引いて、ご挨拶。
閻魔様の前は大きなアクリル板で遮蔽されている。
横に撮影禁止、と書かれていて、カメラまで設置してある。
閻魔様にいたずらしたヤツでもいるのだろうか。
こころなしか、閻魔様のお顔も疲れ気味。年中あの顔じゃ、疲れるよなあ・・とお気の毒に思う。

駅に引き返す途中にみた光景。
e0036151_22274439.jpg
一等地ゆえに、これらの町家は解体されて、なにか建つのだろうなあ。
ちょっと住んでみたかったなあ、と妄想。

[PR]

by coppoumon | 2017-10-11 22:51 | Comments(0)