<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

譜を読む

冬は寒い。
家で暖房の効いた部屋でぬくぬくと鍵盤を触って居れるときばかりで、過ごせるならこれ以上の幸せはないが、実際は礼拝堂のオルガンで練習する限り、快適な暖房は望めない。
寒さで風邪を引きそうになるのを我慢しながらの練習になる。パイプから吐き出された冷たい空気が頭から降りてくることもある。

譜読みで面白いのはカノン。

初めに出てきたメロディを正確に模倣するので、わかりやすいのだ。模倣の途中で、正確さが失われるとこれはイミテーションと呼称される。


今年はイースターが、3月23日だ。
その、一週間前の16日、教会で言う受難週にオルガン当番が巡って来た。
この日に弾く曲で、バッハの「 O Lamm Gottes,unschldig ・おお、汚れなき神の子羊よ」が、カノンで作曲されている。

それは、足鍵盤で、主旋律をへ長調で弾き、2拍遅れて、旋律が5度上のハ長調で出てくるのを両手の親指で交互に取りながら弾く。
残った両手の4本の指は、寄りかかったり離れたり、ずれたりしながら伴奏の2つの対旋律を弾く。

20小節で書かれたこの曲を3分で弾くのに、いったいどれほど練習をするのだろうか。
足や指の組み合わせの精密さは足使い、指使い、の決定や安定の判断があり、譜読み段階は一番神経を集中させる。
しかも譜読みをしながら、楽曲分析もやっている、という状態なのだ。

礼拝堂が使えるまで、時間待ちをしながら別のところに置かれた足踏みオルガンで小さな音で譜読み作業を続けているとき、どうでも良い話のために声をかけられることがある。運転中は話しかけないで下さい、といってあるにもかかわらず、だ。
適当に生返事をしてまた、作業は続く。

楽器を使っている横で、わざと大きな音を立てる子どももいる。この間は譜読みの最中に、オルガンの真横で、床を棒で、ダンダダダン!!と突かれて、とたんに集中力を失ってしまった。
私は、その時、足鍵盤のパートを心の中で歌い、両親指がそれを追いかけ、残りの指が伴奏をして、足はオルガンに空気を送るという芸当の真っ最中だったのだ。
そのあとパイプオルガンで練習を始めたが、もう、神経が集中を拒否して練習にならなかった。

受難の曲にふさわしく練習に妨害が入ると、何だか可笑しい。

時々こういうことはある。そうして、準備しておいた曲は回避されて、弾かれないまま、翌年以降に持ち越されてしまうのだ。

たとえば、クリスマスの時には、オクターヴのカノンの曲を、何百回練習しただろうか。
そうして、当日、オルガンの近くで、やたらに咳払いをする男がいたために、私は演奏の直前にこの曲を回避して、別の曲を弾き始めた。
立派なプリンチパルの笛を持たない、小さなオルガンの柔らかな笛よりも、この男の立派な喉笛で、一分半に過ぎない大事な音楽を台無しにされそうな気がしたからだ。

カノンは神と人との関係、つまり、神への服従を象徴する。

しかし、どうやら、ミサを盛り立てるためのバックミュージックとしか、捉えられていないのかも知れない。
[PR]

by coppoumon | 2008-01-31 10:04 | Comments(4)
2008年 01月 28日

筑前煮

おでんを京都では関東煮というように、がめ煮のことも関西では筑前煮という。

鳥を嫌う母のおかげで、家で筑前煮が出てくることはないので、密かに作る。

筑前煮についてはいろんな講釈があるが、食べて美味しいことに変わりはない。
全部の材料の歯ざわりが違うのが楽しい。薄味になっても、濃く味付けをしてもかまわないのだ。

何かの時には、これをメインのご馳走にする。


材料は何でも良い。

大根、人参、牛蒡、こんにゃく、サトイモ。 鶏モモ肉。

材料は下ごしらえをする。こんにゃくは叩いて熱湯をくぐらせてから切る。
サトイモ、牛蒡は小さく切っておく。人参は乱切り。大根も見合うように小さく切る。

鶏は骨付き肉の方が良いという人もいる。


みりんと醤油は1:2、これも私の趣味でありこだわることはない。しいたけが入っても良い。

今日は、人参、牛蒡、こんにゃく、チクワ、鳥モモ肉。仕上がって気づいたが大根を入れ忘れた。

牛蒡は小さめの乱切りにして水に放ちあくを抜く。こんにゃくは下湯でしてキャラメルくらいの大きさに切る。京人参は牛蒡より大きめに乱切り。

鍋にサラダオイルを入れてモモ肉をいため、牛蒡、こんにゃくをくわえて炒め、昆布だしを入れてアクを引き、人参を加えて7分ほど中火で煮て、みりんスプーン1、薄口醤油スプーン2杯、チクワの輪切りを入れて、落し蓋をして炊き上げる。

今日のスプーンは、テーブルスプーンではなくて、ポタージュ用の、一回り大きなスプーンだ。

鳥が入るので、焼き豆腐や、揚げなどの大豆製品は入れない。



おはなちゃん、つくりんさいや。いまなら作り置きできるし、これは便利なんよ。グリーンピースを少し出汁でたいておいて、後からぱらぱらっと振りかけたら、いろどりがええけん、お客にだせるんよね。
牛蒡は少し控えめにしたほうがええかもしれんね。あくが強いけんね。それもすきずきじゃけ、なんともよういわん。
[PR]

by coppoumon | 2008-01-28 22:34 | メニュ | Comments(0)
2008年 01月 22日

ささやかな楽しみ

偶然、昔の絵葉書の中にヴォーリズの建物を発見することがある。
それらはもう既に形をとどめていないもの、現存するもの、改装によって失われたもの。
様々である。

この絵葉書は、Kwansei Gakuin 、関学が甲山のふもとに移転する前の、現在王子動物園になっている場所にあった頃の礼拝堂と校舎。

e0036151_2225065.jpg
e0036151_2231421.jpg



前回の売れ残りの絵葉書のオークションが一枚100円から出品された。
今回、上に掲げた2枚は、先に見つけておいたのに、気づかれてオークションで落札することが出来なかった。

どちらにしてもコレクターのところに行ってくれるのであればよしとしよう。

以前、ヴォーリズの、京都大丸食堂の絵葉書が出品されて誰も手をつけずにわたしのところへ来た。
今回も、食堂は、また新たに出品されていた。

気長に探しているうちに、これらの絵葉書も、また出てくるかもしれない。
[PR]

by coppoumon | 2008-01-22 22:15 | ヴォーリズ | Comments(0)
2008年 01月 18日

何か、変。

店の看板を見るのを好きである。
その店が、どういうお店であろうとそれは二の次で、看板を見てインパクトが強いほど好きだ。
ぎょっとするのが、ドラッグ・ストア。

何、売ってますねん。
ドラッグの店。
ドラッグって、売ったらあきまへんやん。犯罪でっせ。
そんな、大々的に看板を上げたら警察が、逆に全く気づかないか。


京都東大路にGoutezという店があり、食べ物屋だとは分るが、ケーキの店だろうと近づくと、フランス料理の店だった。美味しさを、味わってください、という意味で選んだであろうが、グーテはフランス人が子どもに与えるおやつのこと。
小説でもたまに子供達はめいめいにグーテを貰って・・・などと出てくる。


海の幸の美味しいある地方都市に出かけた人から、良いフランス料理の店に入った、と教えてもらった。
オーナーは有名ホテルや、レストランで修行したという方だと。


写真にはレストランであろう建物に、なにやら横文字が書いてあった。

Au milien de la vie

あらら、そぎゃんですか。
な~して、そげな名前にしたとか真意のよくわからんですたい。



milienは中央、真ん中、中間、という意味。 

レストラン「真ん中、人生」、多分、人生真っ只中、という意気軒昂な解釈で宜しいのだろうか。

la vie au milien・・・と並び替えてみても一緒だ。

milien は、もっとも目に付くところ、つまり、真ん中。

俗語では、警察が一番目をつけていなくてはならない場所のことで、これはどろぼう、とか犯罪者を意味する。

どう転んでもレストランのようで看板は「泥棒稼業」だ。

それでもいいから行ってみたいな。

レストラン「泥棒だけが人生さ」。

いかにも人生を達観していらっしゃる。
ぼったくられるのだろうか。

物盗りは多いが、盗られるものの中で、生きていこうとするエネルギーを奪われるのは一番イヤだなあ。
[PR]

by coppoumon | 2008-01-18 21:21 | Comments(0)
2008年 01月 09日

しっかり噛めないときのリクエスト

口の中が工事中で、食べられない、というときが何度かあった。
そんなときに痛みが去ると食べることばかり、考えてしまう私は、食いしん坊なのだ。

噛めないくせに、歯ざわりを楽しもうとする身勝手さ。
口に入れてかむ楽しさは何者にも替えがたい。
絹ごしより、木綿豆腐が嬉しい。
流動食は嫌い。


そういうお客様に虫養い程度に、食事を出す。

メニュは、

風呂吹き大根、胡麻味噌と、柚子味噌の掛け分け。

ゆで卵と、蟹のほぐし身とジャガイモのサラダ。

小豆粥または柔らかめのご飯に生うに。

木綿豆腐のあんかけ。

隠し包丁を入れた酸茎



どんなものが歯の痛いときに食べられるか・・。

ありとあらゆるポタージュ。
それも、裏ごしする前の柔らかな野菜をわずかに取り置いてスープの実の代わりにすること。
人参、蕪、ジャガイモ、豆類。それらを適当に配分を変える。

葱と、みじん切りキャベツ、卵のお好み焼き。チクワ、残り物のひじきを刻んでくわえる。

ポテトグラタン、マッシュ・ド・ポテトの類。

柔らかく湯がいたほうれん草の、葉の部分の白和え。

湯豆腐の類。湯豆腐+生鱈のお鍋。

柔らかい出汁巻きにおろし大根を乗せたもの、熱々で。

カレーライス。

人参のグラッセ。

空也蒸しにうどんを少し入れて。空也蒸は、茶碗蒸しの具の無いもののこと。

オムレツ・・パルメザンをくわえたチーズオムレツ、わけぎの微塵切りとかにのほぐし身のオムレツ。

焼き魚、煮魚のほぐしたもの。

生麩を薄くそいだもの。
[PR]

by coppoumon | 2008-01-09 21:41 | メニュ | Comments(4)
2008年 01月 01日

一月一日

除夜の鐘が鳴って、すぐに初詣をした。
行き先は八歩ほど先の冷蔵庫。
おなかがすきすぎて、ミルクを温めて飲んでから就寝したのだ。

飢えて新年を迎える。・・・ものすごい年明けだ。

昨年は、まあ、毎年だけど、どこか不幸で、どこか可笑しく、何となくツイている年だった。
じたばたしなかった。

今年は、わずかに宵越しの金を持って年を越した。明日の小遣いくらいだけど、去年もそうだったっけ。

昨日と同じことが、今日出来て、明日がある。それが、今、一番の幸せ。
[PR]

by coppoumon | 2008-01-01 21:14 | Comments(0)