<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 30日

ボタン

金閣、龍安寺と拝観を済ませて友人と通り抜けた妙心寺の搭中にボタンが咲いていた。
華やかな花で、高校生の時、株を植えて育つのを待ったが翌年は花がつかなかったことを無念に思っていたことを.時々は思い出したりしていた。

花の株は、島に行商に来ていた人から250円で買った。
赤いかえでも250円で一緒に買って、こちらは教会の牧師館の西側に植えておいたら成長してみんなの目を楽しませたようだった。
ようだったと言うのは、前任の牧師が大きくなった幹をのこぎりで挽いてしまい、そこから、腐って枯れたのだ。
偶然なのか父の死んだ年に葬儀で教会の庭を見たときには、楓は半死状態だった。
なぜ、鋸で挽いたのか、それは、若葉の頃になると常に悔しい。

e0036151_21154314.jpg

私が植えた牡丹は、ただの赤いだけの花弁で咲くはずだった。

荒木十畝(じゅっぽ)画伯のボタンはピンクだ。
e0036151_21174699.jpg

こういうピンクのボタンを探すが、なかなか発見できるに至らない。
ピンクのボタンの花のはるか上には一匹の黄色い蝶が、遊んでいる。
e0036151_21272131.jpg


牡丹と蝶といえば花札のような取り合わせだが、品の良さは花札とは比べ物にならない。
と思いつつ頭の中には、あのアルトのような森進一の「花と蝶」という演歌が流れる。

そんな恋する女になりたい・・・と切実に歌う、彼の歌が巧いのかどうか、私には良く分らない。
印象が強いのは、やはり上手いからなのだろうと思う。
あの歌を聞いて、もう、40年の歳月が流れた。

この絵は昭和初年に書かれたから、80年経っている。

妙心寺、ボタン、牡丹、十畝、と連想して、昨日は久々に日本画の虫干しをした。
[PR]

by coppoumon | 2008-04-30 21:25 | 京都 | Comments(2)
2008年 04月 24日

三宝柑のママレード

三宝柑は甘みが強い。
2キロの柑橘に対して400グラムの砂糖を使ったが、それでも多かったようで、かなり甘さを感じる。
美味しいから不満はないが、もうちょっと砂糖を控えても良かったようだ。
e0036151_17265412.jpg


これで、このシーズンのママレードは終わりになるかもしれない。
熊本産の河内晩柑が出回っているので、作ってみたい気にもなるが、今のママレードが終る頃には、スモモが出回るだろう。

イチゴのジャムをもう一度作ってみようかとも思う。
[PR]

by coppoumon | 2008-04-24 17:37 | ジャム | Comments(2)
2008年 04月 15日

三宝柑

昨日仕事帰りに三宝柑を見かけた。
2月の末くらいから3週間で姿を消すはずの三宝柑。

大きさも不ぞろいだが2キロで13個。1,2キロひと盛り300円。2キロ下さい、というと400円にしてくれた。

三宝柑は余り知られていないのだそうだが、香りが高く、甘さが程ほどで、さわやかな柑橘。

e0036151_18424764.jpg


これでママレードを作った。
[PR]

by coppoumon | 2008-04-15 08:52 | ジャム | Comments(2)
2008年 04月 12日

花見の後の

この時期のメニュ・貧者による貧者のための貧民食

我が家の生徒さんたちで学校に勤務しておられる方たちとの新年度の会食をした。


剣イカのモロミ漬け。かえりちりめんの醤油煮。千切り大根(居酒屋風に)


えんどう豆のクリームポタージュ

貧者のエスペルジュ

新物の筍と、しゃぶしゃぶ肉との炊き合わせ。木の芽天盛り

イカのオリーヴオイル焼き。 ブロッコリー、レモン添え。

ベビーリーフとラディッシュのサラダ。

蛍烏賊の辛子酢味噌添え。


うにご飯。高菜漬。ちいさな梅干し。

貧民食から、大きく逸脱してしまった。
[PR]

by coppoumon | 2008-04-12 17:31 | メニュ | Comments(2)
2008年 04月 10日

苺ジャム

e0036151_951873.jpg



ブログで苺ジャムを書くのは初めてじゃないかな。

26,7歳の頃、隣に樺太で終戦を迎えた老夫婦が住んでおられて、樺太から日本に引き揚げてくる数年の間、白系ロシアの婦人に洋裁と、料理を習った、というので、ジャムの作り方を、私に教えてくれた。5月に作って、12月に無くなるまで、カビも生えずに冷蔵庫にあった。旨過ぎて食べるのが惜しかったのを覚えている。
それから、ひたすら苺ジャムを作り、もう、食べなくても満足だと、思うくらいにたくさんの量を作った。

いまでは我流にアレンジしてしまったが、元のジャムの作り方は正確に覚えている。

いろんなアレンジをやった。砂糖の分量も変えた。
裏ごしして白ワインを加えて煮詰めるようなこともやってみた。

苺でそういうことをすると、市販のジャムは何なのだろう、とおもう。
思うが、あまり言わないことにする。
作ると劇的に美味しい。

今回は熊本の「ひのしずく」

うまか~。きゃ~たまがるごたるばい。みなさん、がまだして、つくってはいよ。

と、熊本言葉で宣伝をしておこう。


砂糖はいつもどおり苺全量の4分の1。レモンを絞らすに、到来物のソーテルヌ(超甘口の白ワイン)をたくさん入れた。

e0036151_9513953.jpg

[PR]

by coppoumon | 2008-04-10 10:03 | ジャム | Comments(2)
2008年 04月 05日

ピクルスをつくる

今年も、アスパラガスを送っていただいたので、ピクルスを作った。

e0036151_22125718.jpg


材料はアスパラガス。人参。茗荷。

茗荷は半分に切って30秒ゆがく。

アスパラは、固い部分を取って、三等分にし、根のほうから10秒感覚でお湯に入れて全部で40秒くらいゆがいた。

人参は今回輪切りの薄切りにして、20秒くらい、湯通しした。

フェンネル、黒胡椒、赤胡椒、ローリエをいれて、携帯で写真をとった。
このあと、ピクルス液を入れた。


別に、もう一瓶シャンピニオンのピクルスを作ってみた。砂糖を控えて、黒胡椒、赤胡椒のほかに、バルサミコ酢を心持ち加えた。


おはなちゃん、つくりんさいよ。
カツや、エビフライの付けあわせにもなるし、細こうに刻んで、マヨネーズに加えてちょっと牛乳でゆるめてタルタルソースにもなるんじゃけ。
ゆるめんかったらね、野菜のサンドイッチの、スプレッドにしんさいや。
これが、うまいんよね。おいしいんじゃけぇねえ。
[PR]

by coppoumon | 2008-04-05 22:23 | メニュ | Comments(2)