のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

水曜日

久々に水曜日が休日。

水曜日は掃除・洗濯・炊事の日だったが、それらをしない日になってしまった。

酷暑の日には冷製のポタージュも良い。

冷たいポタージュは作った日、翌日、翌々日と、味の落ち着き具合が違う。
冷たいものはスプーンに5,6回すくったら終わるくらいの量でよいのだから、かなり濃く作る。


ニンジン、ジャガイモ、セロリ、ポロねぎ。

無塩バター。牛乳を少し。塩、こしょう。

材料はこれだけ。

ニンジンは、余っているから使い切ってしまうことにした。
匂いも味も癖のないまろやかに変化したニンジン。入れても邪魔にはならないだろうとおもう。
ポロねぎがないので、葱の白い所で代用。

材料を背べて薄切りにして、ポロねぎを色づかないように炒めほかの材料も加えて炒めたあと、30分ほど煮て裏ごしする。

ニンジンやジャガイモは少し取り置いて、スープの実にする。
すべて裏ごしすると、流動食のようで、いささか抵抗がある。
流動食は遠い将来でよいのだから。

塩とコショウで味を調えてから、牛乳を少し足し、冷やす。
冷めると塩分をつよく感じるので、アツアツでちょうど良いときには冷めると塩が勝つ。



暑中見舞い書き、9月のコンサートの編曲、ミサの聖歌表づくり、ピアノの練習、オルガンの練習。プログラムノートの下書き。

すべて押せ押せ。

ま、いい。

気分転換にポタージュを作ろう。
[PR]

by coppoumon | 2008-07-30 07:56 | 作った | Comments(0)
2008年 07月 22日

夏休みの友

郷里から電話があった。

なんでん、ほしいもんがあったら、いわんね・・・


かすまきを恐る恐るお願いしたら、シイタケが上等だから、それも送ってくださるということだった。

到着したかすまきは20本。

冷凍しておいて一日おきに一本ずつ食べると、ちょうど8月いっぱいで食べきってしまえる量だ。
郷里では、最高のお菓子だった、かすまき。
いただくと居住まいを正したくなるような思いをするのは私だけだろうか。

京都にもおいしいお菓子があるが、かすまきは上ランクだと私はおもう。

e0036151_13281557.jpg


ほかに、夏休みの友は、いただいた「幸せの黄色いカステラ」
[PR]

by coppoumon | 2008-07-22 13:29 | 郷里 | Comments(4)
2008年 07月 15日

奈良で

e0036151_8125358.jpg

奈良にオルガンの練習に通っていた頃、練習を済ませて奈良まちを歩くと様々な発見があって、今でも、京都と奈良とどちらが好きかといわれると、奈良、と答えることができる。

ひとつは高層ビルがないこと。空気がきれいなこと。

さて、いつも帰り際に立ち寄る甘味処に見たことがない水羊羹があった。

その日は、法隆寺展の帰りで、友人は、白玉汁粉の冷製、私はお薄。
お薄には自分で菓子を選べるが、楓のゼリーと、この、水羊羹も出してもらった。

なんと、中身は、マンゴー。
[PR]

by coppoumon | 2008-07-15 08:21 | 和菓子 | Comments(2)
2008年 07月 11日

飽きないういろう

ういろうは、「外郎」と書く。
しかし、京都では「外良」と書かれる。

久しぶりに「五建外良」を求めた。
e0036151_16321512.jpg


京都のういろうは、だいたい、もっちりしていなくて、ぶるるん、とした口触り。
上に載るものも、小豆だけでなく、栗、エンドウ豆など、店によって違うし、黒砂糖、白砂糖、抹茶と、とりどりである。
この時期だと、おいしいのはその日限り。
e0036151_16381071.jpg


五建外良とは何だろう。
今、本店の場所が五条通に面しているのだけれど、以前は建仁寺町五条上ルにあったのだそうで、けんねんさんや、清水へお参りに行った人たちのお土産物であったのだそうだ。

器は、木村盛伸氏
[PR]

by coppoumon | 2008-07-11 16:36 | 和菓子 | Comments(2)
2008年 07月 10日

旧暦だと

旧暦の6月30日はいつだろう。

6月30日にデパートにいくと、今日を限りでございます、ぜひ夏越しの水無月をお求めくださいませ、と、水無月が売りに出ている。

明日からは、ありません、というが、明日もあるから不思議だ。
e0036151_22212620.jpg


年中、あってくれて、うれしいお菓子だが、それでいいのだろうと思う。
水無月は、浪川菓舗製。
[PR]

by coppoumon | 2008-07-10 22:21 | 和菓子 | Comments(2)
2008年 07月 06日

夏越

4大学グリーを聴きに行った帰りに酒盛りの話になって、今日がその日だった。

赤ワインのためのメニュで、

メルバトーストと、ブリュチーズ、ピクルスの一皿。

レタスのサラダ。

伏見唐辛子とじゃこのたいたん。
e0036151_22153129.jpg


ビシソワーズ。

ブラックバスのオリヴオイル焼き

鳥の赤ワイン煮

お茶漬け。徳之島の豚味噌、自家製ラッキョウ。


ブラックバスは、7月5日に琵琶湖で釣れたものを3枚におろして、レタスのサラダと一緒に持参してくださった。

ビシソワーは、メイクイーンと、セロリ、エシャロットの代わりに葱の白いところ。バターでいためて、裏ごしして、少しだけ牛乳を足した。

豚味噌は階下にお住まいの鹿児島の方からいただいた。葱を刻んで、和えて食べるとおいしい。
[PR]

by coppoumon | 2008-07-06 23:05 | メニュ | Comments(2)