のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 27日

前座

場末に行くと前座の歌手がいて、前歌を歌う・・・・・

昭和30年ごろ、銀座の外れのある店でも、客がいない時に作家の野坂某が歌い、客が来ると突然おろされて、戸川某嬢が、歌い始める。

戸川嬢は出番のない楽屋で小説を書いて、小説家になった・・こんなことを聞いた。
店はなくなってしまったが、この店の歌姫、戸川嬢は、高槻の出身だと伺った。

三年続いたヘルマンの演奏会は、今年はオルガンを外れた。というより、断られた。
ファックスで、よろしくお伝えくださいませ、と簡単な外れ方だった。

やれやれ、開放された、と思ったが、別枠でオルガンを弾くように言われて、それではコンサートの前にウエルカム・コンサートを少しの時間やりましょう、ということに決めた。

要するに前座。

18分ほど弾くことにして、曲はバッハの小フーガト短調、ヴェルディのグランド・マーチ、オーヴァー・ザ・レインボウ。
もう一曲アメージング・グレースのテーマによる変奏曲を用意したが、まさか、前座にアンコールはないだろう、と踏んだ。

譜めくりとストップの出し入れの補助を頼む予定だった坊やがインフルエンザになった。
これが、思わぬハプニングで、楽譜を三分の一に縮小し、ストップや、カプラーは強引に自分で操作することにした。

e0036151_2245511.jpg


写真は家での練習の際の譜面台。

前座の後の本物のコンサートについては、割愛。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-27 22:47 | ああ、びっくり | Comments(0)
2009年 09月 25日

また秋になって

e0036151_13433394.jpg


久々に東大路を歩いた。
浪川菓舗も、秋の和菓子が並んでいる。

「この間、重陽でしたのに・・。ほんの短い期間ですけど」とおばさんは言う。
隣の喫茶店はお休みだったので、和菓子を持ち込むことが出来なかった。
もし、お隣が開いていたら、もって行ったのは金団の「萩」だっただろうなあ。

光琳菊、姫菊、栗餅、松茸、柿、それと、緑色のういろ地に白餡で柚子ジャムの風味の餅の名前を失念。

緑の餅は食べたとたんに、おいしすぎて名前が出てこなくなった。
茗荷ならぬ冥加餅とでも名づけたらお店の方に、叱られるだろうなあ。

京都の和菓子で、菊の意匠ほど種類と、呼び名が面白いものは他にない。
私は大阪で求める「着せ綿」が二度おいしいような気がして好きだが、好き嫌いなく晩秋まで、菊の花のお菓子が楽しめる。

栗饅頭があった。

立派さゆえに聞いてみると、栗が丸々一個入っているそうだ。
皮を剥く手間を思うと、ふ~~っと、力が抜けそうになる。

秘密兵器「くりくり坊主」で渋皮煮をつくる、トウシロのわたしとは比べようもないほど、丁寧な根気の要る作業だからだ。

一日、水につけておいた栗を、包丁で寧ろに皮を剥く。

こんなことは私はしたくない・・というより、やったのだが、包丁が刃こぼれしそうになったり、指を削ぎそうになったり、散々だった。

以来、栗が出てくると、手間を思うようになった。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-25 14:00 | 京都 | Comments(0)
2009年 09月 20日

りんごジャム

「サンつがる」という品種のりんごを頂いた。

私は梨は好きだが、りんごはそれほど好きでもない。
なるべくなら敬遠したいと思いつつ、それは何だろう、と考える。

酸っぱいのだ。甘く酸っぱいのは切ない。
それが、ジャムになると毎日でも苦ではなくなる。
近所の生協にも「サンつがる」が並んだ。
サンつがるの横には「わけありサンつがる」が。
りんごのわけありか・・・きゅうりにもわけありがあった。曲がっているというのでわけありなのだそうだ。
写真左側は、合格品。
e0036151_2053237.jpg


このりんごは、赤い色の付き方に問題が・・なのだそうだ。
ヒト科であれば、白髪や光頭は、わけあり、としてはねられるのだろうか。

わけありを買ってみた。味に変わりはない、という説明だった。
ほんとだ。

わけあり、いわく因縁無しを足して2キロでりんごジャムを作った。
ただし、紅玉のようには仕上がらないだろうと見込んで、ブランデー、レモン、シナモンをたっぷり使った。

砂糖は550グラム。果肉のとき充分な甘さだったので、250グラムほど減らした。
e0036151_20542113.jpg

4日目には味が落ち着く。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-20 20:55 | ジャム | Comments(0)
2009年 09月 19日

真東

山の中腹にある我が家の日の出は遅い。
朝日とともに起きて、日没には寝るという友人が山梨に住んでるのを、生活ぶりに感心して、10年以上前のことだが、朝日とともに起きることを、あやかることにした。

そうすることで、夏は寝不足気味で、昼寝を楽しみ、冬はいつまでもだらだらと、寝ていられることがわかった。
e0036151_8281628.jpg


目が覚めたら、体温を計り、仰向けのまま両膝を抱えて丸くなる。手を足の間に入れて足の親指を持ち両肘で脚を広げる。
ベッドから抜け出て左足を右の腿につけて両手を挙げてバランスをとる。

それからお湯を沸かしに行き、お茶を入れて、しばらくして朝食。

そのあと、仕事の段取りを考えたり、ピアノの部屋に入ったりする。



今、太陽がほぼ真東から上ってくる。これから、だんだん南下して行き冬至の頃は、こんなに遠くまで行くのか、というほど南に下りる。

相変らず、昨日と同じ暮らしを今日出来る、ということを楽しんでいる。

それでも変化はある。

33年使った炊飯器を、コードの劣化で、買い換えた。
道路側の部屋のピアノの上のペンダントライトが、調子が悪くなり、ついでに買い換えた。

Yカメラの支払いカウンターで、少年のような若いお兄ちゃんが、配送伝票を差し出しながら、「設置はご自身でお願いします」と口早にいう。

炊飯器の箱を、これも自分で設置するのですか、と私が言うと、

・・・それは、コンセントを差し込むだけでございます、と茶目っ気たっぷりに標準語で切り返えされた。

関西人はおもろい。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-19 08:24 | 眺めのよいアパルトマン | Comments(0)
2009年 09月 18日

某演奏会

e0036151_2248172.jpg


いつも出かけるセンチュリーの演奏会では、出演する友人に近い席を買う。
だからでもないが、ホールから外を眺めることはほとんどないのだが、30年近く行かなかった某オケを聴きに行き、こういう景色の場所を発見した。

このブログは、いつまでもたたずんでいたい場所、眺め続けていたいもの、心地よい事柄を書くように心がけている。
しかしながら、たまには、その逆の事もある。

今回は残念ながら期待以下の演奏会だった。
1曲、どうしても聴きたい曲があって、もちろんプログラムを見てはじめから半ば損した気分でティケットを買ったのだが、
実は7月も、同じような思いで、スルーした。
そのときは、切符を買ったのにもかかわらず、どうしても気が進まなかったのだ。

今回の入りは6割半。それが、いつものことなのか、今回だけのことかはわからない。

2曲目が終わって20分の休憩時間に200人ほどの人がぞろぞろと、入り口に向かって歩いているのを二階ロビーから目にした。

この人たちに、次回の定期演奏会の切符を買ってもらえるようにしなければ。
企業の後援ばかりでなく、切符を買って聴きに来てくれる人を増やし大切にしなければ。


愛されるオケであってほしいなあ・・・としか、書けない。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-18 23:10 | 聴いた | Comments(0)
2009年 09月 11日

徘徊

管楽器で、またはリコーダーで、タンギングという奏法を始めに習う。

鍵盤楽器でも、オルガンには指でキーを押してタンギングをやるのだ。
パイプに風が送られる直前の指にかかる抵抗感。パレットが開いたときの感覚、すばやく閉じるとき、ゆっくり閉じるときの感覚。

デリカシーのある鍵盤は指に応えてくれるし、オルガンに学ぶこともある。

足鍵盤も同様だ。バロックのオルガンはほとんどつま先で弾き、かかとは原則として出てこない。
この、足鍵盤もパレットが開いたり閉じたりする感覚を訓練する。

鈍感なオルガンではそういった要求は出来ない。

ピアノにも、ハンマーを押し上げるときの鍵盤の感覚、ダンパーが閉じるときの耳の感覚はあるが、
オルガンには及ばないのかもしれない。

その、足鍵盤の上を、歩く人があって、唖然とした。が、私が驚いたってどうなるものでもない。

「毛皮のマリー」という寺山修司の戯曲で、告白の最中に、客席に向かって

ちょっとあんた。

あんたが恥ずかしがることはないわよ。やられてるのはこの私なのだから・・・

と、入れるところがあり、足鍵盤を歩くのを見るたびにそのせりふを思い出す。
ミサが始まるというときに。

何たること、我流でオルガンを弾くとこんな芸当までできるものだろうか。


e0036151_22474185.jpg


先ほども書いたが、バロックの足鍵盤の演奏は、両足のつま先で行う。

オルガンは規格がなく、国によってその成り立ちですべてが変わる。
我が家のオルガンはドイツの規格に準拠していると、製作者は言う。
しかし、ドイツのオルガンにはもっと鍵盤が大きい、幅のひろいものがあり、とまどう。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-11 22:51 | Comments(0)
2009年 09月 11日

センチュリー交響楽団144回定期

今回は、なぜか、ピアノコンチェルト以外はイギリスがテーマのようだと、チラシを見たときに思った。

指揮はイギリス人のジョセフ・ウォルフ・・・これは、芸名というのか、偽名というのか、この人のお父さんは大指揮者某コリン氏。

親とはまったく関係がない、ということでそんな名前を持っているそうだ。永田町の親子とえらい違いだ。

エルガーのセレナードホ短調、ため息。

ベートーヴェンのピアノコンチェルト4番。

ハイドンのロンドンシンフォニー。

エルガーはさすがによかった。音色の作り方、音の運び、きれいだった。ため息では、珍しくハルモニュームがハープの横に並んだ。

30年前、クレーフェというドイツのリードオルガンが製造中止になり、ハルモニュームを買うかどうか、思案して、決心した時には、もう、手に入れることが出来なかった。
ポルシェのクーペより、少し安いくらいの値段だった。

そんなことを思い出しながら耳を澄ますが、音がさっぱり聞こえてこなかった。

座席は前から2列目の17番。

4番コンチェルトは音楽のつくり、テンポの運びが、まどろっこしいところがあって、ピアニストのワッツが指揮者にずいぶんカンニングをしてやっているのがわかった。
指揮者無しで、ワッツの弾き振りのほうが、良い結果が出たのではなかろうか。

ワッツのピアノは時々音が抜けた。
Gdurで下降する単純な音階が、何度も不ぞろいであった。手が大きすぎるのだろうか。
やわらかいふっくらとした、よく鍛えられたピアニスト独特の手だった。
不思議と親指が外側に反っていた。

それはさておき、1楽章は丁寧な音色で、3番でも5番でも要求されない、4番にしかない音のコントラストを弾いた。
コントラストのためにソフトペダルを巧みに使う。多用される右のヴィブラート・ペダルも納得がいく。

個人的なこととして、三楽章の終わりで、私が緊張なしでは弾けないパッセージを、見事にチャーミングに弾いてくれて、参った。弱音からフォルティッシモまでのトリルもきれいに揃っていた。音の出し方が時折自分の師を思い出させるところがあった。
使用したのはヤマハ。ヤマハはヤマハの音がする。あたりまえだが。

ハイドンは、陰影が濃い演奏だった。一楽章の再現部に入る前の弦のエピソードに管が加わるときのリタルダンドを、トン・コープマンの時のハイドンは、こんなもんじゃなかったよ、もっと、濃いかったと、友人は言う。

じゃ、そういう意味でジョセフ氏は中庸主義なんだなあ、とオチをつけて、今回の演奏会の記事をアップしておく。
e0036151_22255549.jpg

[PR]

by coppoumon | 2009-09-11 01:18 | 聴いた | Comments(0)
2009年 09月 09日

ブルーベリージャム

e0036151_21465971.jpg


生協でブルーベリーの売出しがあった。
ブルーベリーもぶどうジャム同様、久しぶりに作った。

ブルーベリーは意外とペクチンが強いように思う。

ブルーベリーを1キロ。砂糖は400グラム。

まぶして放置して煮詰めるだけだが、ブランディーを少し入れた。
市販のジャムより少しだけ強く煮詰める。

甘さのバランスもちょうど良い。どちらかというと煮詰めたぶんだけちょっと甘めに仕上がった。
1キロのブルーベリーから600グラムのジャムが出来た。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-09 21:49 | ジャム | Comments(3)
2009年 09月 07日

ぶどうのジャム

ぶどうのジャムを作るのは久しぶりだ。

去年は作らなかった。種無しべりーAが近くで手に入らなかったからだ。

昨日、たまたま、ベリーAを見たので尋ねると種無しだという。三房で2キロ弱だなあ、と思ったら、まさしく、500,600、700グラム、と重さにもばらつきがあった。

夕方砂糖をまぶしておいて、朝から作業をする。アク引きが面倒なだけで、手間はかからない。
仕上げ前に1カップほど取り出してミキサーにかけてから、なべに戻した。
ペクチンが少ないからである。

ぶどう1800グラムに対して砂糖400グラム。
ぶどうは、ブドウ糖があるから砂糖は少なくて良いはずだが、どこまで減らせるかが、気になる。
出来上がって砂糖が不足だともう一度足せば良い。

e0036151_9102568.jpg


600グラム入りの壜が2つ取れた。
4日置いて味を見たら、甘い。砂糖は200グラムでも良いと思う。
実はヘネシーのブランディーを、これでもか、と入れたのだが、後口に樽のオークの香りが微妙に残るような気がする。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-07 09:11 | ジャム | Comments(2)
2009年 09月 05日

出たあ!

もう、驚くようなことはそんなに残っていない。
それでも、今年は驚くようなことがあった。

夏の初め、京都駅はにぎやかだった。

賑わいを携帯のレンズで収めようとして、あれ?どうしたんだろう。
私がいる。10代の終わりの格好をしているけど、必ず私に違いない。

実際、そんなはずはないのだが、携帯を閉じて、目を凝らすと、やはり、私のそっくりさんが立って、人待ちをしている風だった。
しつこく凝視も出来ないので近くを横切ってみたが、向こうは私に気づかない。

彼には私が見えなかったのかもしれない。

ま、それは良いとして、こんな雑踏のなかにいるよりは「早く家に帰りなさい。いつも幸せでいなさい」と声をかけそうになったのは事実だ。



e0036151_21352110.jpg

彼には、私が見えなかった。
もしも、彼に私が見えていたら・・40年先を見たことになるのだろうか。
[PR]

by coppoumon | 2009-09-05 21:36 | ああ、びっくり | Comments(2)