のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

旧い年は過ぎ去り

旧い年は過ぎ去り・・という題のオルガン曲がバッハにある。
珍しくバッハの心情が出ているような気がするこの曲をさらいながら、いつも、新年の礼拝にはこういうしみじみした曲は止めておいたほうが良いのかなあ・・と逡巡するので、実際には礼拝で弾いたことは無い。

今日は大晦日。
クリスマスのあと、元旦礼拝の準備で、家の掃除をするのがやっとだった。

マリヤ様を二体並べて置いた。
花屋さんが正月の生花を活けてくれた。
花器は木村盛伸氏の作品を出した。
正月の準備はこれだけである。
e0036151_22211148.jpg

三が日があけると4日は月曜日。実に世知辛い。
私の正月休みは、4,5,6の3日間だけになってしまいそうだ。

三が日とも出歩くので、御節は無い。
母は煮豆と、数の子とかまぼこだけで良い、という。
トリモモを焼いて南蛮酢につけこみ、マスタードを塗る。
日の出人参。
矢羽蓮根。

正月らしい食べ物はこのくらいが食膳に並ぶ。
後は酸茎。

正月は冥土のたびの一里塚、めでたくもありめでたくもなし・・と母方の祖母は毎年この歌がついて出ていた、と母は言う。
長生きの秘訣だったのかなあ・・と私は思う。

裏寺町通りを歩いていたらこういう看板が出ていた。

e0036151_22274033.jpg

[PR]

by coppoumon | 2009-12-31 22:30 | 眺めのよいアパルトマン | Comments(0)
2009年 12月 31日

師走風景3 お参り

歳末の30日は墓参りに行く・・というのだが、今日の京都市内で乗ったバスは観光客で一杯だった。
あ、バスに乗る前に五条から歩いて松原通を閻魔様に会いに行った。

e0036151_011158.jpg

相変らず寺には人影が無く、すっきりとして爽やかだ。
今日も、まず迎え鐘を曳く。
何とやわらかく響く鐘だろう。倍音の含みが独特で包み込むような優しさがあるこの鐘の音を私は好きだ。
建物の床を深く掘り下げてあるので、それも、独特の響き方になるというのだ。
笛でいえば、クラリネットのような閉管なのかも知れない。
e0036151_064398.jpg

今日も閻魔様に対面してきた。
心なしか閻魔様の目が潤んでいるように見えた。
閻魔様の目はこんなにも、つややかだったのだろうか。
平安時代に作られたという閻魔大王を通して、この世を作られた方を思う。

そのあと、通りに出た。
力餅という店の看板には、餅は餅屋で、と模造紙にマジックで書いてあるのだが、なんとなく悟りきったような字だった。
お餅と一緒に並べられた干支人形を見て楽しむ。
e0036151_0103041.jpg


松原通りから東大路に出た。
いつも立ち寄る浪川菓舗には、大きなもろぶたが積み上げてあり、いつもの倍以上の人が総出で仕事をしている。
e0036151_018461.jpg

おばさんが店に出てどなたかに対応しておられた。
今日は、私が持って帰れるようなものは無理でしょう?とたずねると、いいえ。と、鶴と松の薯預を出してきてくださり、「今、餡餅を作ったので、これは私からのプレゼント。配るのですぐになくなってしまうんだけど、ちょうどよかった」と餡餅を頂戴した。

忙しいときに、ありがとうございます。

長崎の友人のお家もお餅屋さんだ。
しかも、一番忙しいこの日が彼の誕生日。
家業の最高のピークの日に、生まれたということは、最高の祝福ではないか。
余は、生まれながらの将軍なるぞ!といった男がいたというが、比ではない。
そんなことを考えつつ、餡餅に与った私も幸いなのかも知れないなあ・・と今日も、妄想。

浪川餅・電話九三三 

明治か大正時代の箱なのだろうなあ。
郷里の我が家の電話は参百六拾番だった。
あたりまえだが親しかでないので掛けたことは無かった。
掛けてよこしなさい、と親に言われると無碍にも掛けなかったことが、可笑しい。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-31 00:36 | 京都 | Comments(4)
2009年 12月 26日

クリスマスがやってきて

クリスマスがやってきて・・というフランスの古い歌がある。
バルバトールや、ダカンのノエル集の中のものは必ずクリスマスの間に弾くことにしている。

今年のイヴは家にいた。翌日の朝のミサがオルガン当番で、6時半起きであったから、前日、深夜まで起きていられなかったし、イヴのオルガンに当たることは無い。

暗くなり始めて、隣の公園の神社にちょうちんの無い裸電球が点されていることを不思議に思った。
お正月のために、試しに点灯しているのだろう・・・と思ったが、イヴの夜だ。
祀られているのは八幡大神。
アッシリヤから来た秦氏と八幡信仰は結びつく。八幡はヤハウェだからだ。

じゃあ、クリスマスにお社を点灯しても不思議ではない・・と強引な妄想に入った。
散歩に出たときにはとっくに日が暮れて、上弦の半月が出ている。

e0036151_06390.jpg


イヴだからといって、ケーキは無い。代わりに斜め向かいのパン屋さんのカレーパンを食べた。
翌日演奏なので、万一のことがあるといけないので、クリーム類は避ける。

25日の朝もトーストに自家製の柚子ジャムを塗って、番茶を飲んだ。
オルガンも無事に済み、母の使いで、錦で買い物をして、家に戻ると夕食の準備がしてあった。

クリスマス・ディナーというのだろうか。

ロブスターのスープに、ロッシーニ・ステーキ、クレッソンとチコリのサラダ・・ではない。

母の用意したものは、

精進揚げ。
シイタケと根菜の煮物。
おからのたいたん。
金時豆。
日野菜の漬物、
ナメコの味噌汁。
白ご飯。

禅宗のお寺さんみたいだなあ・・と母に言うと、じゃ、明日はお鮨でも食べに出ようか・・ということになった。
それも、お天気次第・・ということにした。
美味しい晩御飯だった。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-26 00:17 | メニュ | Comments(2)
2009年 12月 23日

師走風景3 郷里へのお遣い

南禅寺に賀状にするための写真を撮るために2度通った。
上手くいったと思うと帰り道も遠回りしてみたくなる。
この風景を何十年もずっと見て来られたことに感謝。

e0036151_1675866.jpg

e0036151_1681922.jpg


古川町商店街を通ることにして、郷里へのお菓子を買った。

新月だなあ、と思っていたら、郷里から水烏賊の大きなのが3枚送られてきた。

今回のお遣物は2箇所。
郷里といっても九州の西北の国境の島なので、京都の便りは、楽しみなのだそうだ。

それぞれお年を召されて、どこかかばいながらの生活だと、お聞きする。

一人暮らしをなさっている方には、

「菊の井」のお湯を掛けるだけのにゅうめん3種(たいそうめん、ゆばそうめん、はまぐりそうめん)。大内山という御名の紅白の打ち菓子。いり豆の入った飴。お茶3種(京番茶、ほうじ茶、伊勢茶)、白味噌。玉置半兵衛の焼き麩2種。やぐ羅のにしん、鳩居堂のカレンダー。

ご夫婦の方には、

聖護院かぶら。白味噌。フィナンシェ2本。京飴いろいろ。落雁。葛湯。黒大豆の黄な粉。塩昆布。鮎飴炊き。
ご夫妻の方は、おば様が寝たり起きたりの生活で、テレヴィを見て知る、いろんな京都の食べ物を、あ、あれは知っている、これも知っている・・と、楽しみなのだそうだ。



ともあれ、私の大切な方々が無事に年越しされることは、嬉しいに尽きる。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-23 16:32 | 京都 | Comments(0)
2009年 12月 13日

師走風景その2 賀状

年賀状を、和菓子シリーズで、12年やってみたかったが、思わぬところに伏兵がいるもので、葉書よこすなら、実物にしろ・・と複数宣告があった。

相手は、ブルジョア。

私の年賀状は、たかだか絵に描いた餅にすぎない、欲しけりゃ京都に来て、勝手に買ってかえりやがれ、という意味のことを、丁寧文に直して返事申し上げた。

それからは、差し上げる図柄は饅頭から石へ。

何かの本に、パンを欲しがって泣く子どもに、石を与える親がいるであろうか・・という一節。
いるのだ・・このご時勢。


天啓がこんなところに。
来年の干支は寅。

大寅のかまぼこでもよろしやん、とラボの人は無責任に言う。
いや、食べるものはあかんねん。

石や。
意志は固いねん・・

賀状は南禅寺の庭園に。
この赤い石は斑があることから虎石といわれ、白い砂は川の流れを表現している。
テーマは虎の子渡し。

e0036151_21553786.jpg


携帯レンズでは上手くいったがフィルムカメラを持って出たのでどう出来上がっているだろう。

お抹茶を一服。
私一人、広い部屋で、疎水から引かれた滝と、散り始めた紅葉を楽しむ。
e0036151_21575416.jpg

お菓子は南禅寺オリジナルの黄な粉と州浜の間くらいに挽いた押し菓子。なかに漉し餡がしのばせてあり、
口の中でほろほろと、溶けていく。
e0036151_21593228.jpg


紅葉もすみ、行楽シーズンは終わりだろうとおもうが、けっこうな人出でにぎわっていた。
玄関を出ると、外腰掛には誰もいない。
こんな、造形美だったのだ、と改めて見直す。

e0036151_2212747.jpg


年賀状140枚・・毎年のことなのだが。

[PR]

by coppoumon | 2009-12-13 22:02 | 京都 | Comments(2)
2009年 12月 11日

師走風景その1 大阪センチュリー交響楽団20周年記念特別演奏会

大阪センチュリーの20周年コンサートのひとつである、ベートーヴェンの第九を聴きにいった。
ちょうどその日はセンチュリーが交響楽団として初めて音だしをした、その日なのだそうだ。

府の音楽団からの転身、楽団員をオーディションで、これでもか、これでもか、と過酷なほどに絞ったという音楽仲間の話を聞いていただけに、メンバーに残った友人の努力と邁進ぶりを、ことさら、喜びに感じた。

さすが、12月初めは日暮れが早い。

開演時間までにはまだ間があるので、「うれてもうらないしょうてんがい」を散策してみた。

e0036151_13151975.jpg


とらや・・は、羊羹ばかりではない。居酒屋が暖簾を掲げたところだ。
ひょっとして阪神タイガースのファンなのだろうか。と、妄想しながら「占い」の幟が並ぶ商店街を歩く。
ここは梅田街道、とよばれて、尼崎まで続く旧道なのだそうだが、なんとなく横浜の石川町に似ている。

海が近いからだろうか、微妙に見通せないこの道の向こうは何なのだろうと、おもわせる、ロケーションが似ているのだろうか。

古くからの喫茶店が幾つもあるので、立ち寄りたくなる。

e0036151_13205140.jpg


5時を少し回ったばかりだというのに、暗い。

適当に切り上げて、シンフォニーホールへ向かった。


初めに指揮者の小泉和裕氏が挨拶に立って、それから演奏が始まった。



演奏は、見事だった。
ソリストたちも上手いとしか言いようが無くて、ソプラノの人など、あんなにも魅力のある声を、歌を聴かせるのか、と感動した。
この日のソリストはsop 飯田みち代、mezz 林美智子、 ten 望月哲也 bar 成田博之

版の違いからか、アーティキュレーションが、ところどころ違っていて、それもおもしろかった。

最近大阪センチュリーは、働きづめではないか。。。とおもう。
しかし、実に緻密な演奏をする。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-11 13:24 | 大阪 | Comments(0)
2009年 12月 07日

思わず手が出る

e0036151_20185016.jpg


今年秋、京都で珍しくイマイチな饅頭に出会い、それを宥めるように、長崎の前山餅饅頭店のお饅頭が、しばしば目の前に出現しては、口福を極める。

美味しいものは日持ちがしない。
依って、京都などに出現するはずがないはず・・・なのだけれど、こうして在る。

毎日、おやつに食べたくなるような饅頭の名前は「やぶれ饅頭」。
中の餡が見えているので、そのような名前がついたのだろうとおもう。

郷里のやぶれ饅頭は、どこも同じように、こんもりと丸い形に拵えてあった。
京都でも、同じものを見るが、京都では「田舎まんじゅう」と名を変える。

この、長崎の「やぶれ饅頭」は、扁平に拵えて、中は粒餡。
皮と、餡のバランスは絶品。
饅頭の大きさと、甘さが程よくて、ひとつ食べると、もうひとつ手が伸びてしまう。

長崎の食文化については、京都にいると寡聞なのだが、京都同様、洗練されて完成されている、と
私は思う。

皿は、3代目森岡嘉祥作。

嘉祥さんのは作品は2つ求めた、と思っていたら、4種類あって、印花の判の模様が好きで、2つは普段使いにしていた。
しかし、もう、入手できないのなら、普段に使うのは遠慮しておこうかなあ、と、引っ込めていたが、
長崎からやってきたやぶれ饅頭を載せてみた。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-07 20:38 | 美味しかった | Comments(2)
2009年 12月 06日

最後の行楽日和

日曜日の1時過ぎ、京都駅は大混雑だった。
駅から三十三間堂にいくのにバスを利用する観光客でぎゅうぎゅうづめ。

まあ、それは良いとして、立ち寄った喫茶店で、カフェオーレを飲んでいると、別にお饅頭と緑茶を出して下さった。
「山の井」という白餡のおまんどす、と。
お隣が、和菓子屋さんなのだ。そして、そのあと鹿ケ谷かぼちゃで作ったかりんとうがお皿にたくさん出て来た。

おいしいどすやろ。うちきはるお客さん、みなさん、帰りにお隣に寄って買うてかえらはりますねん・・なのだそうだ。
おいしゅうて、やめられしまへんね、と店のママさんが言うだけあって、さすがにおいしい。
わたしも、美味しさに買って手土産にしたほどだ。

それから六道珍皇寺へ。
迎え鐘を曳いて、閻魔堂に行き、お礼を申し上げた。
e0036151_20302359.jpg

ここから天に昇るのかなあという不思議な場所だ。

そういえば天橋立も不思議な場所だ。
はしごを立てることを「梯立て」といい、天橋立は天に梯子を掛けた場所で、名残があの天橋立だ、というからである。

ヤコブの梯子をつたって天使が上ったり下りたりするバッハのオルガン曲を弾きながら、宮津にもキリスト教の影響があるのかと、妄想する。

そのあと六波羅密寺により、本堂で瞑想。
私には、ここがしっくり来るのは、平家一門といわれる先祖のDNAなのだろうか、とまた、妄想。

それから坂を下り日曜日だけのパン屋へ。

e0036151_20383587.jpg

路地を入っていくのだが、この路地は気持ちが良い。
南側が平屋の長屋。路地を挟んで北側が2階建ての長屋。
採光が良く考えてあるので、居心地のよさが生まれるのだろうとまた、妄想。

場所は五条である。

そこから宮川町を抜け、どんぐり橋を渡り三条まで歩き、この2月に帰天した友人神父の魂の平安を祈るために、カソリック教会で、瞑想とお祈りをしてから家に帰ることにした。
e0036151_20432126.jpg


ここの礼拝堂は十字架の中に舟が描かれている。
対馬のあるお寺に彫られた満願成就の像の、錫杖の上部の丸い部分に同じような舟が彫られていることを、ここに来ると思い出す。

そうして、この礼拝堂の敷地は、明治初頭まで対馬藩の藩屋敷だったことも偶然とはいえおもしろい。
キリシタンだった藩主の想いが成就したのだろうか。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-06 20:48 | 京都 | Comments(4)
2009年 12月 05日

柚子

島根から柚子が送られてきた。

10キロ。

今年のは傷みが早いそうです、と脅し文句つきだった。

さて、柚子は去年意地になって作るうち、早く美味しく作る方法を編み出していたと思っていたが、
ママレードより時間がかかってしまった。

柚子2,5キロを、皮の黄色いところを、軽くすりおろして二度湯でこぼす。
やわらかくなったらタネを抜き、薄切りにして砂糖と煮る。

これだけの作業なのだが、煮こぼしたやわからい皮を薄切りになどできるはずがない。

やわらかく煮こぼしたら、ミキサーに掛けてしまうのが一番早い。
そうすると、流動食のようになってしまい、ちょっと、口ざわりが楽しめない。

去年、大評判だったそうだ。
その理由は私にもわからない。
熱いうちに味見をしたら、焼きみかんのようだった。
e0036151_20164671.jpg


・・・あ、これは去年もそうだった・・・

これが作業を終えるコツのようだ。

最後にジプロップの袋に詰めて送り返す作業が待っている。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-05 21:51 | ジャム | Comments(0)
2009年 12月 04日

ナンバで

高島屋に向かう地下街で、この時期いつもストリートミュージシャンがクラリネットを吹いていた。
それが、超絶技巧で、聴かせる、納得させる、楽しませる。
通りがかった時間が早かったのか、仲間を待っている様子だ。

「7時半からです」

「ええ、一週間に一度だけです。仲間たちと連絡しあって」

弦バスと、クラリネットと、ハイハットとスネアだけのドラムスの3人。

秋の終わりのクラリネットは、風情がある。

また、メンバーが待ち合わせをしていた。

「今日は、ドラムなしで、2人だけなんです」

あのドラムの人、上手いですね、良いセンスをしてますね・・というと、

「あの人、おうちが、代々河内音頭の太鼓の名取さんなんです。上手いでしょう。
ただ、夏はおうちの仕事が目が回るような忙しさで、こちらに来れないんですよね・・」

すごいなあ、どんな太鼓を叩くのでしょうね・・

近頃ナンバに出掛けることはないので、あの人たち、どうしたかなあなどと思う。
e0036151_1855213.jpg


私の記憶の中だけで生きている3人の緻密なアンサンブルが、懐かしい。
自分が演奏していた間に経験したこと。
ほかの人の演奏から感化されたこと。

思い出とは、不思議だなあと、近頃、思う。
写真は30年以上見続けてきた隣の公園。初冬の夕暮れ。
[PR]

by coppoumon | 2009-12-04 23:24 | 大阪 | Comments(0)