<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 27日

水曜日のメニュ

木枯らし一号の翌日。気温が低い。


今日は、皿うどんを、頭に持ってくる。

皿うどん。

さらし鯨と、玉ねぎ、貝割れ、大根のサラダ。 

ほうれん草の軸の胡麻和えと、葉の部分おひたし、皮柚子。

牛スジの土手焼。

雑穀ご飯と、黒豆豆腐の餡かけ。



まず、午前中に土手焼の用意を済ませておいた。

皿うどんの具は、白菜、モヤシ、シイタケ、かまぼこ、イカ、ベーコン。
さらし鯨は、辛子酢味噌、サラダも同じ刷毛目の鉢に入れて辛子酢味噌か柚子を絞ったドレッシングをかける。

ほうれん草は軸と葉に分けて軸は黒ゴマを摺り、わずかに砂糖を入れて出しで醤油を割ったもので和え、ごまよごしにする。
葉の部分は少しの出し醤油と柚子の皮の繊切りで和えた。

黒豆豆腐は京都藤野のもの。
お玉で掬ってお湯で温めたものを碗に入れて
うどんのだし汁位の濃さの吸い地をつくり、薄い葛をひき、生姜でとめた。


写真はさらし鯨と皿うどん。ほうれん草のごまよごし。
ごまよごしは、筒型の深い入れ物に杉盛りにするのだが、食べる側がピッチを上げるので、そういうことは考えていられない。

e0036151_22121689.jpg



食べおえた(健啖と仮称しておこう)友人の息子は、皿うどんに豚がはいっていない・・と不満をもらした。
なんというやつ・・・。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-27 22:10 | 常の日の惣菜 | Comments(0)
2010年 10月 26日

木枯らし一号

朝は良い天気だった。
昼前から強い風が吹き荒れ、気温が下がる、という予報だったか、将にそのとおり。
木枯らし一号が、昨年より1週間も早くやってきた。

今年はクリスマスの奏楽の準備が遅れており、今日は礼拝堂へ行き、真新しい教会歴の楽譜からアドヴェントとクリスマスの部分を7曲譜読みした。

その後、先日食べたランチがまた食べたくなって立ち寄る。

1週間で季節のご飯や麺がかわり、一品は日替わりのようだ。

今日のメニュ。


きつね蕎麦(たぬき、とかいてあった)。鮭と切りゴマの混ぜご飯。
大根のそぼろ餡かけ。焙じ茶のアイスクリーム。

e0036151_2325187.jpg


たぬきそばとは、何だろう。

キツネ蕎麦の餡かけだともいう。しかし蕎麦には葛あんをかけない。
本物の葛だと、蕎麦がぽろぽろと、切れてしまうのだそうだ。
だから片栗粉の餡を掛ける。
片栗粉といっても、馬鈴薯のでんぷんなのだが。

このランチのキツネ揚げは甘さが程よくて美味しい。蕎麦の出汁も上品。
そぼろ餡は、別にお出汁をとって作ったようで、丁寧さを嬉しいし、何度も行きたいと思う。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-26 23:07 | Comments(0)
2010年 10月 23日

秋を感じさせる頃

月曜日に友人の訃報と同時にオルガンの演奏をするようにと連絡を頂いた。

10月17日早朝にはなくなっておられて・・
それで、本人の愛唱歌は、ミサ曲の中のサンクトゥス。マラナ・タ。諸人こぞりて、です・・・

今年はショパンの生誕200年、ショパン年だった。
そして、10月17日はショパンのなくなった日。

早く退院して、ピアノを習って、オルガンの勉強がしたいです、といっていた友人の病気は決して良い方向にはなかったが、主は来ませり・・と、最後のメッセージを残して天に帰っていった。


ショパンの葬儀では遺言によりモーツアルトのレクイエムが演奏された。
演奏に女声が入ることを許可しなかった教会も、カーテンをして・・ということで許可が下り、2週間遅れての葬儀だった。
ピアノソナタ2番の葬送行進曲がオーケストラ用にアレンジされ、聖体拝領の後にショパンの作品の中から2曲がオルガンで弾かれた。

そのときのオルガニストは、私も、たまに聖体拝領でその作品を弾く、ルフェビュール・ウェリ。

友人の通夜にはホ短調を、葬儀ではホ長調を弾くことにした。

e0036151_12395697.jpg


編曲は、ショパンの友人でもあった、かのフランツ・リスト。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-23 12:49 | Comments(0)
2010年 10月 21日

外食が続いて

体調を整えたいのに、外食をせざるを得ないことがあった。
何か食べない訳にはいかない。

同じ店でのランチ。

火曜日。

梅干しと、とろろ昆布のにゅうめん
ヒジキご飯。
新キャベツと厚揚げのたいたん。
お漬物。
ほうじ茶のソルベ


木曜日。

たぬきそば(きつねうどんのうどんが蕎麦になっていた)
鮭、切りゴマの混ぜご飯
柿なます
お漬物
ほうじ茶のソルベ


出されたものがあまりにも美味しそうで、すぐに箸をつけてしまい、写真が無い。

木曜日のランチ時は、少しくたびれていたのを店の方が察してくださったのか、ご飯少し多めにしましょうか?と尋ねてくれた。
この店は、お茶の葉からさまざまなお菓子をつくるスイーツの店なのだが、ランチが美味しい。
卵を摂りたくないときにはこの店が重宝している。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-21 21:57 | 美味しかった | Comments(0)
2010年 10月 14日

ある日のふだんの食卓

水曜日は静養日。

子音が一字違うだけで韻を踏んでいる、とわれながら感心するが、大学一年生が立ち寄るというので、急遽食事をだした。

大学一年生のことをスラングでソーセージというので、
取って置きの東京・東麻布のシェーンドルフのソーセージを出すことにした。
自家製のピクルスも全部で払ってしまった。
冷蔵庫の中は青梅の甘露煮か生姜の甘酢漬けしかないので、甘酢漬けを添える。
自家製なので生姜も決して甘くはない。

以下のメニュになった。


パプリカ入りのソーセージ、ピクルスが切れていて、生姜の甘酢漬けをそえる。

シュリンプとレタス、長いもとセロリのサラダ・カボスのドレッシング

ハッシュドビーフ・雑穀ごはん。


えびは皮をむき、背ワタを取って、日本酒に浸しておいた。湯を沸かし、塩と、ローリエの葉っぱを2枚いれ、沸騰した中で軽く茹でる。
セロリは筋をとり、薄く刻む。
レタスをちぎっておく。
カボスを搾って、湯通しした海老にかけ、更にしっかりと搾って果汁を取り、塩を一つまみいれて、グレープシードオイルを5滴ほど落とす。
長芋を拍子木に切って、全部を和える。

このサラダが、あれこれ刻むのに結構時間がかかる。
レタス、クレッソン、貝割れ、水切りした豆腐でサラダを作るともっと手早く出来たのだ・・と作り始めて気づく。
そのときはゴだれのようなドレッシングでよい。

ハッシュドビーフは、初めに手抜きのソースを作る。
トマトピューレ一瓶に更に半分水を足し、レモングラスを3本入れて火にかけ、ドミグラスを適当量(ハインツの容器に入ったものを使用)いれて、味を見る。
甘く、酸っぱく切ない感じだったら、それで良い。

無塩バターをとかし、軽く塩を振りながらたまねぎの薄切りを炒める。
少ししんなりしたら、ソースの入った鍋に移す。
バタを足して、牛肉の薄切りを入れて軽くいため、塩を振り、ブランデーを少し入れてフランペしてソースの鍋に入れる。

ソースの入った鍋を暖め、火が通ったら出来上がり。
下準備しておくと、仕上げまでに5分とかからない。

今回も写真がありません。
食べてから気づいたもので、申し訳ないです。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-14 21:12 | 常の日の惣菜 | Comments(0)
2010年 10月 11日

祭礼

10月10日は意賀美神社の祭礼。
高槻から帰ってくるバスの時間と、布団神輿が新町に帰ってくるのと出くわした。
枚方新町は本陣があった場所で、江戸時代の名残が強かったが今は残念なことに歯抜け。
それでも微妙に曲線を描く街道筋と古い民家の屋根が往時をしのぶくらいには残っている。

e0036151_1663768.jpg


昔は女の人がかつがはったんえ・・・と近所のおばあさんに、若い女の人が言い、おばあさんが相槌を打っている。

甲高い男の声で、BON SAN ga TA-KO KU-UTE・・・・・・

と、歌う。のんびりした調子の歌だ。
去年も枚方の南のほうの神輿で同じ歌を歌っていたなあ、と暫く聞いていたら、テープだった。

写真の左側のお家のおばあさんが軽く私に会釈なさるので、わたしも、会釈代わりに、坊さんが、タコくうて、と
歌いだすと、おばあさんも、そのあとを続ける。

ぼんさんがたこくうてへをこいてそのてでおしゃかのかおなでた♪

なんで、でっしゃろなぁ、お祭りやのに、むかしから、こう、いわはりますねんで。とおばあさんは笑った。

坊さんが蛸喰うて屁をこいてその手でお釈迦の顔なでた。

5・5・5・8・5 というリズムが心地よい。
メロディは「ほ~っ・ほ~っ・ほ~たるこい」に似ていて、もっとゆっくり。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-11 16:20 | 見た | Comments(0)
2010年 10月 08日

遠方より来る朋ありて

オルガニストの友人が北関東からやってきて、その友人に会いに来た岡山の友人と、3人で、京都を回った。

あるとき、徘徊していると、年長さんくらいの男の子が羽織袴姿で、大きな暖簾の間から出てきた。
日本画家の邸宅を買ってそっくり料亭にした店であった。
多分、七五三のお祝いなのだろう。

今回、入らずともせめて店の前を通りたかったのだが、いつだったか、思いがけない時期に食中毒を出して、作り立てを出してくれるわけでもなさそうだ、と、敬遠して以来、店の前を通ることもしない。

タクシーに乗って運転手さん、どこか、美味しいところ、ご存知ありませんか?ときく、乗客がいるのだそうだ。

ありまっせ、でも、ホンマに行きまんのか?
言うだけなら、そんな良いとこ、教えますかいな・・と、手厳しい。

私は3箇所知っている。いつもタクシーが列をなしてとまっている。
一つは東山の、旅館だったところで、今は宿泊なしで、昼ごはんだけ。
もう一つは京大の近くの喫茶店。ママさんは、舞妓さん生き写しの美人。
更にもうひとつは「小松」

友人に厚揚げの薄切りが入った餡かけ蕎麦の話をした。それは狸そば、というのだ、と。
きつねうどんの、台を蕎麦に替えたのなら、キツネ蕎麦。
そうだ、小松に行こう。

入って、味噌煮込みうどんセット、というのを友人たちは注文。私はカレーうどんでセット。
セットというのは、さらに、おにぎりと、掻き揚げと、千切り大根と、出し巻きと、お漬物がつく。

おにぎりは、鮭のほぐしたものが入って海苔で巻いてあった。握りたてで、ほかほかふわふわ。

出し巻きの仕事振りが豪快。味が錦の田中鶏卵の出し巻きに似ている。

家で、どうしたらああなるのか、まねをしてみた。

e0036151_2275990.jpg


卵2個に、1個分のダシを加え、コレステロール摂取予防に、九条葱をたくさん刻んで入れた。
だいたいサイズも近いものにはなったが、ダシの量はも少し多めのようだ。

素人だから、ダシと卵を一対一にして焼くとなると時間がかかるので、及ぶところではない。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-08 22:12 | 美味しかった | Comments(2)
2010年 10月 07日

休日

週中に休みが入ることになり、古い生徒さんが仕事帰りに立ち寄ることになった。もう1人、京都の学生がサークルの後でやってきた。

貧民食でもいかがですか、と声を掛けておいたら、毎日、貧民食なので、ブルジョア食にして欲しいとメールが来た。
すごいジョークだ。
ほとんど酒をのまないメンバーなので、食べる、食べる。

考えたメニュと、出したものが、すこしずつ違うことはよくあるので、今回は実際に出したものから書く。



カマンベール(四葉)、カイザービヤシンケン(ピスタチオ入りの手のひらほどの大きさのソーセージの薄切り)
クレッソン、細いアスパラガスを8分塩湯でしたもの、メルバトースト代わりに食パンを棒状に切ってトーストしたもの・・これらを大皿に一盛り

人参ポタージュ。

栗とトリの赤ワイン蒸し。

牛ランプ肉の和風ステーキ・茹でたほうれん草添え。

湯葉お造り

雑穀ご飯と柴漬け

無花果の赤ワイン煮
手土産に頂いたCOCARDEのロールケーキ


ガーデンサラダに使うローゼンタールの大皿が修理に出ていて、お茶席で出す預け鉢がわりのもう一つの大皿が出せないが、3人だとこれで充分・・・だったかどうか。

初めに無花果のコンポートから作り始める。
コンポートを煮ている間に、ポタージュ用のやさいを刻む。

人参ポタージュは、人参、たまねぎ、メイクイーン、計350グラムを薄切りにしてグレープシードオイルで炒め水から煮て裏ごし。

ここで友人がやってきて、90分ほど休憩。

栗は下ごしらえをして1年分冷凍してあるので、そこから取り出して、トリにオールスパイスをたっぷりまぶし、塩をして栗とあわせてキャセロールにいれ、オーブントースターで弱火で3,40分。

牛は、生協のランプ。
これを叩いてシャリアピンにするはずだったが、下ごしらえが面倒になり、室温に戻して、醤油、みりん半々、酒少々の漬け汁に浸しておき、両面を強火で焼いて、レア。肉を引き上げた残りを煮詰めてソースにする。


飲み物は、料理に回して残った赤ワイン。
ビール、トマトジュースは学生。

食後に無花果のコンポートの煮汁を炭酸で割って飲み、
ケーキには紅茶。
紅茶はニルギリのタイガーヒル産、渋みが少なくて、香りが高い。

使った皿、28枚。グラス9、ティーカップ3。



体調がかなり回復して来たが、さすがに翌日はバッテリーが上がって、静養。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-07 10:01 | メニュ | Comments(0)
2010年 10月 06日

普段着だったら

ヴォーリズの建物の中に組み込まれた和室の質の高さ、選ばれた材料のよさに釘付けになるが、普段に使うなにげない部屋にもヴォーリズの工夫を見ることがある。

e0036151_11372440.jpg


引き戸を開けると右側が小さなキッチン、左側が8畳。

居室、茶の間、寝室を兼ねるのだろうか、奥に階段とトイレがあったと記憶する。

私が好ましく思うのは、真ん中の8枚ずつガラスを入れた引き違い窓の役目と、デザイン。
押入れの上のつり棚は側板が、四半円にデザインされて、市松もようの唐紙ともよくマッチしている。

建仁寺に、円、三角、四角を組み合わせた中庭があるが、ここでも、そのような、遊び心のおもしろさを垣間見ることが出来て、こういう部屋に住みたいなあと、思う。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-06 11:51 | ヴォーリズ | Comments(0)
2010年 10月 04日

駒井邸

西伊織町の疎水は南から北へ流れている。
まさか、と思って見るが、いつもそのまさか、と思わせる橋の上にたって、銀月アパートメントの無事を確かめ、駒井邸の付属屋から母屋のたたずまいを確認する。

駒井邸は7年ぶりだ。
本田夫妻が住み込みで尽力されていた時代の駒井邸だったころ、月に数度、ここに来て、建物の掃除をしたり、草引きを10年ほど続けてみようと、考えていた。

50代で、そういう時間は捻出できず、やがて駒井邸は日本トラストに寄付をされた。

本田夫妻も見事に駒井邸から身を引かれて、どうしておられるのだろう・・などと、時に思う。

e0036151_22531839.jpg

建物は、修復が済んでいた。当時から懸案だった瓦の葺き替え、煙突の修理、更には、居間の床が削られてきれいな木肌を見せていた。
e0036151_22534692.jpg


ロールアップスクリーンを川島織物で再現してもらったエピソードや、トイレの改修でタオル掛けのガラスの棒が、見当たらなくなってしまったことなどを、思い出した。

住む人のいない屋敷は淋しげだが、ヴォランティアの方々で、きれいに保たれている。
[PR]

by coppoumon | 2010-10-04 23:01 | ヴォーリズ | Comments(2)