<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 29日

いとこ煮

なぜ、かぼちゃと小豆はいとこなのか。
新潟の現女子大生は、こんにゃくと里芋がいとこだという。
なるほど、こんにゃくも芋だから、それは判るような気がするが、
かぼちゃと小豆はが姻戚なのは、シャレなのだ、と最近になって聞いた。

なんですねん?

かぼちゃと小豆を、それぞれ、おいおい、めいめいに煮るからだ、そうだ。

先達て安土を訪ねたときに求めた小豆があるので、1時間かけて柔らかく炊いた。

かぼちゃは、京都の「ロロン」を探したが判らずじまいで、北海道の栗かぼちゃを小豆と焚いた。

かぼちゃは4分の一を横に切ってから楔形に等分する。

昆布だしをひたひたに入れて、アクを引きながら柔らかくなったら塩を小さじ4分の一、薄口醤油を小さじ1、三温糖を小さじに山盛りに入れて、柔らかくなった小豆も入れて煮切る。

ただ、それだけのことで、味の善し悪しは材料の善し悪しにかかっている。

おいしいです。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-29 19:03 | 常の日の惣菜 | Comments(2)
2011年 09月 28日

水曜日のメニュ・剣先烏賊と大根

仕事帰りにポールボキューズのパンを買いに降りていくと、20センチほどの剣先烏賊の子供のボイルが売られていた。
ただ、ボイルしただけだという。酢味噌つけて食べたら、うまいよ・・と。
780円だけど、半額にしとくから買ってよ、というので、4杯入ったのを買った。

本当はあるだけ欲しかったのだが、また今度お目にかかれば求めたらよい。と思って止めておいた。

生姜を入れて大根と焚く。

大根は30ミリほどに、8切れ。分厚く切って、半月状にして面取りをした。
米をすこし入れて30分ゆがいたら串がスーッと通るようになった。

そこにだし昆布を敷き、水をカップ2杯、酒、みりん、醤油を、等分に合わせたものを1カップ入れて大根を入れボイル済みの烏賊を載せて落し蓋をした。

はじめは強火で、沸騰したら火力を落として40分煮て一旦、火を止めた。

その間にほうれん草のゴマよごしを作った。

食べる前に火を入れるが、途中で大根をつまんだら、めっちゃ旨い。


鍋がもう少し大きければ厚揚げも一緒に焚いたんだけどなあ。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-28 19:27 | 常の日の惣菜 | Comments(0)
2011年 09月 26日

片付け

出したものを、もとの場所に戻す。
たったこれだけのことだが、私には大変苦手な事の一つだ。

子供の頃から言われたことがなかったから、かもしれないが、19歳の時に、下宿先の、向かい側の部屋の友人が、私の本棚を絶えず片付けに来てくれては、

「出した場所になおしたらええんやで」といったことを覚えている。

それで、楽譜だけはそれができるようになったが、あとは、お粗末なものである。

その友人は銀行マンになった。近くにいて、「出しっぱなしはあかんで~」とか、「戻すんやで~」とか絶えず忠告してくれていたら、今頃はいくつ蔵が建ったことだろう。

楽譜は何をもっているか、正確に覚えているが、CDやレコードの類は、自分でも何がどれだけあるのかわからない。

片付けられない、覚えられないというのは、ある種の障がいなのだろうか。

座右の銘を「片付ける」にしておいて、死ぬとき、早速に我が身を片付ける・・これだってオチをつけるのには相当な無理だ。

e0036151_23272326.jpg


あさっては調律師さんが来る。
少しは片付けておこう。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-26 23:36 | 眺めのよいアパルトマン | Comments(0)
2011年 09月 25日

水曜日のメニュ クリーム煮

100mlの紙パックの生クリームを買い置きしていて、大事にしすぎて忘れそうになる。
ポタージュに使う、紅茶に使う、と思いつつ、1週間がすぎる。

クリーム煮は、茹でるブランケットと炒めて粉を振るフリカッセと、2種類作り方があったが、その時の気分や時間的なもので作り方を変える。

昨日は、土曜日。

1リットルほどの水に、日高昆布を10センチほどに切って漬けておいた。

さてと、ブランケットにしよう。

丸一日、なんの予定もなかったので時間はたっぷりある。

鳥肉をゆがいてから煮込んだ。

鳥モモ1枚、人参一本、玉ねぎ一つ、シャンピニオン、剥き栗、牛乳、小麦粉、生クリーム、塩、胡椒。

まず、鳥もも肉を適当に切り、皮を下にして焼く。出てくる脂をキッチンペーパーで何度か吸い取ってはじめは12分、ひっくり返して5分ほど。フライパンの蓋をしておく。

その間に人参をシャトウに剥き、シャンピニオンは二つ切り、玉ねぎは櫛形に。

ご飯のオカズなので、鍋にブイヨン代わりに昆布を漬けた水に塩をつまんでいれ、ローリエ1枚と、焼いた鳥モモを入れて柔らかくなるまで煮る。

煮る間に白ソースをかく。今回はバター、小麦粉各大さじ1。

人参、剥き栗をバターで炒めて鳥モモに加え、シャンピニオン、玉ねぎを炒めて、これも鍋にいれ,アクを引く。

人参が柔らかくなったら塩を入れ、味を見る。白ソースを加え、生クリームを入れて弱火でちょっと煮ておく。

ブロッコリーを固めに湯掻いて、温めるときに一緒に煮込む。


作業中、煮込む時間待ちに結構手が空くので、大根と牛肉のたいたんをつくる。

大根は18センチくらい、牛肉は100グラム足らず。

大根は縦半分に切り、厚さ15ミリくらいに横に切って面取りして、水で下茹でする。
日本酒をカップ三分の一くらい鍋に入れて煮切り、牛肉をほぐして、色が変わるくらいになったら大さじ半分くらい砂糖を入れ、そこに昆布を漬けた水を1カップ加えて、アクを引く。

次に下ゆでした大根を加えて、ひたひたに昆布を漬けた水をいれ、日本酒大さじ2杯半、醤油も2杯半入れ、落し蓋をして汁気がなくなるまで煮る。大根が鼈甲色になる。





おはなちゃん、やりんさいや。かんたんじゃけえ。以前、烏賊大根の作り方を教えたん、おぼえちょるね。
あれよりかんたんじゃけえ。


結局、土曜日の晩ご飯は、

大根と牛肉のたいたん、
ブロッコリーの茹でたんに、マヨネーズを牛乳でちょっとのばしたソース。

面取りした大根の残りくずと舞茸の味噌汁。

雑穀ごはん。ミョウガの甘酢漬け。

今、味噌は呉市焼山西の「ますやみそ」の合わせ味噌をつこうちょるんよ。
おいしいけんね、さがしてみんさい。

鳥のクリーム煮は、日曜日の晩ご飯に収まったけんね。まだ、月曜日の昼ご飯に仕立て直してたべるんよね。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-25 21:12 | 常の日の惣菜 | Comments(0)
2011年 09月 23日

ミョウガ

e0036151_88430.jpg


ミョウガを好きである。
葱とミョウガと言われると、ミョウガを選ぶ。

子供の頃庭のミョウガの根の方を毎日のようにのぞき込んでは小さな握りこぶしのようなミョウガを探した。

ナメクジにギョッとしたり、採り忘れて薄黄色の花が咲き始めたミョウガもあわてて摘んだ。

ミョウガもやがて終わるので甘酢に漬けた。

仏のお弟子の茗荷さんも、このお彼岸に忘れられずに供養されているだろうか。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-23 08:14 | Comments(4)
2011年 09月 22日

数日前、友人が訪ねてきた。

家が近くでありながら、幼稚園から中学卒業までの間、中二の一年間が同じクラスだっただけで、あっさりとした付き合いだった。
成績が優秀だったので高校は長崎市内に出てしまい、年に3度、休みに帰省するくらいで、戻ってくると連絡を取り合った。

私の影響で、音楽が好きだという彼は、クラシックからジャズまで詳しい。

時々、出し抜けに私を訪ねてくるのは、私を驚かそうとする、かれの茶目っ気なのだそうだが、私もそれほど驚かない。

駅に居るという。

ラガーマンのかれは、こんなに小さかったかなあ、最近は190センチ近い人が結構いるからなあ、目立たなくなったのかなあ・・ボール抱えて疾走している頃から、ずいぶん時間が経ったのかなあ。

そう思いつつ、せっかくだからとイノダに寄って、我が家へ向かった。

いやあ。
入院しとったと。行ったその日に即入院といわれてね。
退院して、安定している間に、会いに来たったい。明日は、横浜の弟のところに行ってくる。
なんか、足も弱くなってね、長時間歩き回るのは苦手。

こう言って、かれは病名を告げた。

今のうちに、お別れに来たと。
再発せんやったら、永らえて、あんたの葬式にくるばってね。

そんな話をしながら、普段通り、秋刀魚のお造りをあてに缶ビールをふたりで8本あけ、私の弾くピアノにかれは耳を傾け、ま、お別れということになっても、あの世で会えるよ、と私が言うと、かれは、そうたいね、と破顔した。

e0036151_23552052.jpg

[PR]

by coppoumon | 2011-09-22 23:55 | Comments(0)
2011年 09月 14日

種無しべりーAのジャム

ジャムを作るときは、なんであれ材料は2キロ。
所要時間は40分。
強火で、一気に仕上げる。



ベリーAで、一房500グラムというのは上等品で、探してもめったにお目にかからない。
経験上、4房買うと1,8キロほどあるので、それで作る。


ぶどうは水洗いして房から外して指先で潰しておく。種があるぶどうを買うと途方もない掃除をしなくてはならない。

潰したぶどうに三温糖をまぶす。300グラム入れるとちょうど良いくらいの甘さになるが、必ず味を見ること。

そこに、ブランディがあればカップ3分の一ほど加える。なくても良い。

強火にかけて、絶え間なくアクを引く。鍋をかき混ぜ続けて、絶対鍋から離れない。

難しいのは止めるタイミングで、これは何度か試みて自分なりに体得しないと説明だけではどうすることもできない。

私に教えてくれた近所のオバアさんは、勺子にすくって、滴り落ちる「たらっ、たらたらたらっ」という様子を独特のリズムで表現してくれたが、鍋底を一文字に書いて底が見えたときが目安になる。

ちょっとゆるいかな・・というところで止めても冷めるとペクチンの働きでどろっとしている。

e0036151_752191.jpg


2キロのぶどうから、600グラム位のジャムが2瓶取れる。
決して安いものではないから、ブランディーを奢る。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-14 07:56 | ジャム | Comments(0)
2011年 09月 13日

散歩

雨上がりに隣の公園に行く。

渡りがいるのか、聞き慣れない鳥の声も楽しいが、見飽きるほどに見慣れた公園にも、新しい発見がたくさんある。

e0036151_826161.jpg


e0036151_831249.jpg


これらは見るだけ。でも、なんという名前なのか、今回、博識なムッシュ・トーマスが首っ引きで調べてくださったが名前がわからなかった。

まあ、決して食べられそうなきのこではない。

絶対に触らないが、以前、切り倒されたウチワカエデの根元に大黒シメジに違いないキノコがたくさん出て、ため息をついた。

銀のスプーンで探す・・などというが・・やっぱり止めておく。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-13 08:30 | Comments(0)
2011年 09月 11日

中秋

夕月夜、月の雫、庵の月、残月、磯辺の月、月の桂。


夕づく夜・・だと、与謝野晶子の新造語を思い出す。

庵の月も、和菓子屋の庵月、庵月で美味しいのは蕎麦薯豫。

残月は、私のイメージでは2月、如月。

これは箏曲の「残月」が強烈に頭の中に入っているせいかもしれない。
磯辺の月というのも、箏曲「残月」の中の・・・磯部の松に葉がくれて・・・と幼くして亡くなった娘への追慕の唄が入る部分を思い出されて、すぐには秋の言葉だという認識にはいたらない。


ピアノの部屋を少し開けて寝ていたら、夜半に銀色の光がさして、ピアノの椅子が月光浴をしていた。



昨日は、偶然にも江戸時代の感覚を少しだけ思い出した。
思い出した、というのは、郷里は、昭和35年くらいまで、中世の生活が残っていた場所だったからである。

郷里は島で、村落によっては、昼間電気は通っていなかったし、馬で城下町まで買い物に出かけることが普通だった。道交法が改められて、馬で出かけることができなくなり、追追道路が整備されるようになると、急速に近代化が進んだが、住宅は、ほとんど江戸時代のままのところが多かった。

江戸時代の感覚・・というのは、京都のある寺院の江戸時代に作られた茶室でのことである。

躙口から茶室に入ると、そこは江戸時代そのもので、目が慣れるに従って掛け軸や、床の間の吾亦紅の花の佇まい、障子を通してはいる淡い光、畳に映る影などが、子供の頃に過ごした家の影の部分とあわさって、忘れ去った感覚を、また、甦らせたのだ。


満月の夜は、部屋の明かりを点しさえしなければ、月の光で、庭が煌々と銀色に照った。



今は、月に関するピアノ曲をさらっている。

そして月は廃寺に落ちる・・・・・・

ドビュッシーがまだ見たことのない中国を想って作った曲。

ドビュッシーの楽譜を繰っていたら、鉛筆の書き込みがぎっしり出てくる。
弾き始めると、全く記憶になかったことが、1週間近く経つと数十年前の記憶に戻る。
更に、いろいろな経験が、曲の理解を深くする。

今までに勉強してきた曲を、さらい続けて、全て勉強した曲をさらい遂せるか。

何かを見切ってでも、捻出して生まれた時間を、楽譜読みに宛てて、このさきどれほどの勉強が出来るだろうかと、常に考えている。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-11 23:04 | Comments(0)
2011年 09月 09日

水曜日のメニュ・9月9日金曜日実施

重陽の日だったのか・・上賀茂神社で行われる烏相撲を、一度見たいものだと考えつつ、この日に神社を訪ねる機会が一度も巡ってこなかった。

烏相撲では、装束を着た二人の氏子が烏の鳴きマネをして、子供たちの奉納相撲が始まるという。
私が奉納相撲を見たいのは、このカラスの鳴きマネの声を聞いてみたいからだ。

郷里でも神社に土俵がこしらえてあったが、奉納相撲は知らなかった。最近、写真で当時の奉納相撲の様子を知った。
行司が、烏相撲の始まりのように、か~~か~~、と鳴いたら、さて、どうだったのだろうと、相撲を取る前の所作がなにも伝わっていないのを残念に思う。

この日、鶴屋八幡で、紫色に黄色のこなしで作った「野菊」を売り出していると折込広告に載っていたのに、近くまで出かけて買いそびれた。

なぜ旧暦で重陽を言わないのだろう。菊の花に載せる着せ綿もこの暑さでは、菊すら咲いていなくて無理というもの。



種無しベリーAを買った。
だいたい2キロだろうと思ったものの、1,8キロほどだった。
去年もそのくらいの量を買って、甘くて砂糖の加減を減らすべきだった・・とかジャムを仕上げてから、そんなことを思った。


京都産「ロロン」という名の南瓜で、クリームポタージュを作った。
栗よりも美味しいというが、本当にそう思った。

ロロン400グラム、セロリ1本、玉ねぎ4分の一、無塩バター、生クリーム100ml。
この分量で5人分。



これは、かぼちゃのジャムをこしらえても面白そうだ。

今度機会があれば、ロロンでジャムを拵えよう。
マロンでもメロンでもない、ロロン・・・ロマンです。


さてと、水曜日のメニュは、

ロロンのポタージュ

穴子胡瓜

うっかり、ここで越後ビールを飲んでしまい、お腹が膨れて、自家製の昆布の佃煮でお茶漬け。
[PR]

by coppoumon | 2011-09-09 22:30 | 常の日の惣菜 | Comments(0)