<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 29日

水曜日のメニュ・晩秋・お品書き おそうざい色々

e0036151_21282028.jpg


車が北向きに走ってくる。この道を南下した右角にお香を扱う老舗がある。
乳香の大きな塊が届きましたからご覧になりませんか、と言われたことのあるお店であるが、場所が覚えにくかった。

それで、目印にするのが、レストランおおたや。

もちろんおおたやに入ったことはない。
実はここはL字型の大きな建物で、東側は割烹のような造りだが北側には食券を買って入る大食堂のような一枚ガラス、自動ドアの入口がある。

そとづらは、相手に合わせて、客吸い寄せて稼ぐんや・・そんなこと言ってはいけません。美味しく食べれたら、店の節操なんてどうでもよろし・・・なんでや、美味しいかどうか、たべんと分からへんやん・・・入りたいんか、和定食1050円、中華定食1050円って書いてあったで・・ええわ。

外野はうるさい。でも、ラーメンから寿司、ステーキまであるのなら、家庭料理のようで、楽しい。

近頃はコップレストランは閉店気味で、おばんざいやに店替えしたら、どうなんだろう、と思う。

で、根拠となるメニュ、いや、お品書きを列挙してみる。




京菜の煮浸し、白菜の煮浸し、
上客だと、ランクを上げて、小松菜、揚げ、椎茸、京人参の煮浸し。

ほうれん草のおひたし柚子和え。上客には鳥貝を酢洗いしてほうれん草と和え、ポン酢を昆布出しで割ってそえる。ほうれん草とカニのむき身でもよい。

ほうれん草の葉の白和え。軸の胡麻和え。

湯葉お造り。
上客には、湯葉とアボガドのお造り。

巻湯葉、生麩にかるく焦げ目をつけて、豆腐で和えごろもを作ってオマジナイにマヨネーズをレモンで伸ばしたものを加える。これは、上上客の場合。

シュリンプとアボガドのオーロラソース

鳥胸肉を酒蒸しして、九条ねぎの根元の太いところを柔らかくボイルし、酢味噌で。
上客の場合、鳥モモで酒蒸しをつくり、九条ねぎのボイルを添える。辛酢味噌で。九条ねぎの季節を外すとasparagusをつかう。

セロリと、人参をピーラーで軽くたくさん削いで軽く塩をしながら炒めたキンピラ。

ごぼうのきんぴら。

牛薄切りの時雨煮風。 
上客にはごぼうのきんぴらと、牛のしぐれにを和えて出す。牛肉の八幡巻きより、こっちの方が美味しおす。

ふ~~~

おでん。内容は割愛。

あったま汁。焼き豆腐、九条ねぎ、牛肉で。

鰻の半助。焼き豆腐、鰻かば焼きの頭の部分、九条ねぎで。鰻の残りは、う巻き、ひつまぶしに。

粕汁、精進仕立て。

小芋、分銅金の合わせ味噌仕立て。

上客には蕪の白味噌仕立て。

上々客には、蓬麸と丸餅、京人参の白味噌仕立て。

牛すね肉からスープストックをつくり、野菜をいろいろ加えて煮込んだスープ。

牛すね肉の赤ワイン煮。

クラッシックド・ビーフシチュー。

ボルシチ。

チキンソテー、ソースいろいろ。

ステーキ、ソースいろいろ。

ポークソテー、ソースいろいろ。特にシャスールソースがよろしおす。

ハンバーグはつくりませんが、ハンバーグのタネを牛薄切りで巻いて不二家のミルキーキャラメルのように両端をひねってくくった、「首なしヒバリ」

ありゃ、コップレストランになってきたので 

戻して、

鯛茶漬け。雑穀ご飯に実だくさんのおみおつけ。昆布と大豆で作ったごはんの友。


実際、私は、こんなものを食べています。

もちろん、上客とは、私のことです。
[PR]

by coppoumon | 2012-11-29 22:19 | 常の日の惣菜 | Comments(2)
2012年 11月 27日

今日も徘徊・秋の夷川通り

e0036151_2341478.jpg


何度か書いているが、このブログはいつまでも佇んでいたい場所、会うことを重ねることが楽しみな友人たちとの邂逅、また食べたいなあ、と思うような食べ物、そういうことばかりを連ねていたい。

さてと、上記の写真は、京都新聞社6階ホールである。

100年前といは言わず終戦直後までは、町家の2階からこのように比叡山にかかる雲などを見ることができたかもしれない。
中央の緑のスクリーンは御所の南面。

夷川通りにでて、適当に歩き、ギリシャ正教の教会前を通り、また適当に東に折れて、いずれゆくゆくは三条通りにたどり着く。

こういうコースを歩いた。

e0036151_23134375.jpg

明かり屋さんである。

タングステンのようなオレンジ色の光が中でともされているが、照明器具の店だった。

e0036151_2315347.jpg


なんとなんと、ルノーの自転車がたくさん道路に放置してある、と思ってみたら、喫茶店だった。

こういう光景を見ると、京都で学生生活をして、こういうところで毎日を過ごしたかったなあ、と妄想に入りかけ、忸怩としたおもいが先に立つ。

学生運動が華やかだったもんなあ。京都の大学は授業なんてなかったのだ。

あ、やっぱり喫茶店に通っただろうなあ。コーヒー武者修行。

そうなれば、ノウハウを学んで、「いらさいませ~」とかどっかで喫茶店やってたかもしれない。

いかん。妄想に入ってしまった。

e0036151_23223215.jpg


このような茶碗屋さんはどこにでもあった。とおもいつつ覗くと、さすがに京都だけのことはあって、高価な清水の細かな文様の絵付けがしてある大皿がさりげなく飾ってあった。

なんぼ位しますのやろ・・と聞くまでもなく30万くらいかと、後ずさりして歩き始めた。
[PR]

by coppoumon | 2012-11-27 23:25 | 京都 | Comments(0)
2012年 11月 26日

建て替えられたデパートメントストア

阪急百貨店が建て替えられた。
最近は工期が早いなあ、あんな大きなものが短期間で出来上がるのか、と驚く。

地下一階は部分的に営業をしていたが、通過しようとして、全面開店していることを知った。

e0036151_22572382.jpg


一度は食べてみたかったケーキの店はほとんどがここに出ている。知らない店もある。
若い時だったら、片っ端から買って帰っただろうとおもう。

食べるだけ食べたなあ・・と我ながら、そう思う。

e0036151_2302638.jpg


味覚だけで言えば、カップのことを言わねば、このコーヒー香りが良くて、大変美味しい。

そうして、頭の中は、神山町のケーキ屋さんのことを考えている。
ちょっと、寄ってから帰ろうかなあ、と。
[PR]

by coppoumon | 2012-11-26 23:02 | 大阪 | Comments(0)
2012年 11月 17日

18歳の思い出

阪急総持寺に住み、しばらくして茨木へ移った。
総持寺駅は、年齢のあまり違わない駅員が切符にハサミを入れ、お早うございます。といった。
茨木ではちょっと年嵩の駅員たちが、やはり、お早うございます。と乗客に声をかけている。
その、茨木で電車に乗るのを、高槻に通う友人が反対側の電車から私の姿を認めて、友人たちにも聞き合わせ、なんとか連絡をと努力したのだが果たせなかった、と数十年してから聞いた。
彼とは幼稚園から中学までが一緒だったが、高校が違ったのでお互いの消息も、共通する友人もいなかった。
その話を国許で本人から聞き、じゃあ、また来年遊びにくるよ、と約束したのだが、それが最後の別れになってしまった。

20歳頃まで2年間利用した阪急京都線には、他にどんな思い出があるだろう。

さて、中津から阪急デパート一階にあった梅田駅ホームに着くまではかなり徐行をする。
じれったいほど梅田駅を発車する電車を待つこともある。
所在なく外の景色を眺めた。

先日梅田を散策した折に、見つけた建物と煙突。

e0036151_20544423.jpg


電車が途中でストップする辺に必ずこの建物が見えていたのだが、未だに健在だった能楽会館。
そうして、隣のアパートもまだ、残っていた。

このアパートだと梅田駅まで歩いてすぐのところ。

e0036151_20565063.jpg


門柱もあって、末廣荘と、立派な看板が出ていた。

だれが、こんな風景を覚えているだろう。
[PR]

by coppoumon | 2012-11-17 20:57 | Comments(0)
2012年 11月 16日

窓 ビフォー・アフター写真追記

床の手入れをしていると、窓に日差しが戻ってきた。

12年2月21日記。

昭和48年の家はなんともレトロ。

楓の模様のガラスや、木の窓枠を残してもう一枚窓を入れたい、というと、建具屋をしている私より8歳年下の友人は「こんなガラス、割れたらもうないよ」と笑い、「ここは、真空ガラスか、ペアガラスのどちらかが入るからね・・値段の安い方で」と決めつけられた。

e0036151_21164791.jpg


この壁の幅は2840。今住むマンションは2550。
ここにピアノが入る。

七畳半だと、アップライトの他にグランドピアノが2台入るのだけどなあ・・と思うが、ないものはねだれない。

壁の下の方の白い丸は、排気筒のついたガスファンヒーターを取り外して塞いだ穴。

隣家の椋の大木のおかげで常に日差しが入るわけではないが、冬の日差しは良いものだなあと思う。

カリモクのテーブルも昭和50年頃のもの。

これからこの部屋が更にリフォームされる。


12年11月16日追記

8ケ月後、こうなりました。

e0036151_20271155.jpg


2枚ガラスの真空サッシュのおかげで、音漏れもなく、夜遅くまでピアノが弾けますし、真夜中でもオーディオを楽しんでいます。
3年ほどしたら、旧作業場の改装に着手するかもしれませんが、今のままだと作業場は、単なる物置で、こまめに掃除をしなくてよい、というメリットがあります。
でも、12帖もあれば、遊び部屋として、悪くないスペースですから、あれこれと、いろいろ巡らしています。

静かです。
困るのはどこにも出かけたくないこと。

天気の良い日は外に出て草引きをして、植木の世話をして、雨が降る日はテーブルで本を広げて楽しむ。

そんな毎日です。
[PR]

by coppoumon | 2012-11-16 21:17 | 住まう | Comments(2)
2012年 11月 16日

三時のおやつ

6時起きだと、10時にお茶にする。
友人たちは10時のオヤツだってさ、と笑う。
早朝、軽く食べて水やりや草引きをしたり、またはピアノの練習をしていたら、10時のお茶の時間は必要だ。

一日中家にいることができる日を週に2日は確保できるようにしている。
本当は5日くらいどこにもで行かずに畑の世話をしたり、ピアノを弾いたりしていたいのだが、そうはなかなかうまくいくものではない。

在宅日は3時にお茶を守る。

3時には十字架上のイエス様を思い起こしましょう・・って、ちらっと頭はかすめるのだが、それは修道院でお任せします・・と私はおやつにする。

出しっぱなしで常遣いにしているお茶碗は3代目高橋道八。華頂亭道八ともいい、江戸末期から明治ごろの人の作品。

e0036151_20512267.jpg


回すと、松を看に行くことを奨める。とかいてある御本の美しい半筒茶碗。

e0036151_2054426.jpg

今日のお菓子は鍵屋政秋の「野菊」
[PR]

by coppoumon | 2012-11-16 20:55 | 和菓子 | Comments(6)
2012年 11月 14日

水曜日のメニュ 11月14日

買い物に出なかったので、冷蔵庫の中がだんだんきれいさっぱり、といった感じになってきた。
9月から11月末までは食中毒に気をつけるので生もののストックは少ない。

なんとなくさびしいので牛のすね肉、シチュー用のもも肉、鳥もも肉を買い、急がないものから冷凍しておく必要はあるが、すね肉をとりあえず火にかけた。

メニュはそこから。

たっぷりすね肉のシチュー。

すね肉と、ローリエを2枚いれて小一時間煮て、竹串がスッとはいるほど、柔らかくなったので肉を取り出し、冷めはじめた煮汁を漉しておいた。

このスープストックをベースに、すね肉を適当な大きさに切っていれ、キャベツの芯に近い部分を3センチほどの角切り、玉ねぎもそのくらいの大きさ、人参、鳴門金時を1センチ角に切り、押し麦をテーブルスプーン2杯ほど加えて30分ちょっと弱火で煮た。

仕上げは塩だけ。食べる前、アツアツに白胡椒を振る。

エノキの当座煮をつくる。酒、みりん、醤油と、少しだけ水を加えると作りやすい。

あとは、ほうれん草のおひたし。麦をスープに入れたのでご飯は白ごはん。

キャベツの芯は甘味があって美味しい。更に鳴門金時が自然な甘さを添える。

今日は、

すね肉と野菜のスープ煮。

エノキの当座煮。

ほうれん草のおひたし、削りカツオ天盛り。

白ごはん。小さな梅干し。富田漬け(瓜の粕漬け)。


デザートに紫野松風(松屋藤兵衛御製)をひと切れ。


これにお客様だったら、スープ煮が出来上がる間に作れるものとしては、

アラメと揚げのたいたん。

ほうれん草は軸をゴマよごし、葉を白和え。

と、手間を増やしただろう、とおもう。


食いしん坊の健啖君は試合に勝ち進んでいるようで、練習に追われ、私はしばし、給餌から解放されている。

明日は一番の冷え込みらしい。

早々と精進仕立ての粕汁やおでんの季節がやって来た。

明日は、大根、厚揚げ、鳥モモ肉を吸い物より少し濃い味の出汁で煮切って、針ゆずをたっぷりのせた煮物。

写真は紫野松風

e0036151_237848.jpg

[PR]

by coppoumon | 2012-11-14 23:07 | 常の日の惣菜 | Comments(0)
2012年 11月 10日

鳴門金時のおやつ

e0036151_19262051.jpg


鳴門金時が徳島の友人から送られてくる。
食べるのが惜しいなあ、と思いつつ食べるわけだが、さつまいものポタージュにしようと裏ごしをしたところ、裏ごししても、しなくても、これは大変美味しい、ということを気づいた。

大学芋のように油の力を借りなくてもそのまま食べたら良いのだ、ということで、ゆがいて、糖蜜をからめる。

金時の細いものを一口大に切り、水にさらす傍ら、面取りをする。

鍋に芋とひたひたになるくらいの水をいれ、クチナシの実を割り入れ、砂糖をテーブルスプーン2杯加えて煮る。
芋が柔らかくなったら取り出して、煮汁を煮詰めて適当に芋をもどし、からめる。

カラメル状になった煮汁を絡めていくと、美味しそうな仕上がりになった。

e0036151_19335758.jpg


一つ口に入れると、あとから、あとから欲しくなるほど美味しい。こういうオヤツなら毎日でもよいとおもう。
[PR]

by coppoumon | 2012-11-10 19:34 | 常の日の惣菜 | Comments(4)
2012年 11月 05日

下鴨で

御蔭山に行ったのだから下鴨神社に立ち寄らねば・・と世界遺産と書かれた看板を見ながら、すぐそこは、この間の、凄惨なストーカー事件のあった場所やで~~、などと興ざめなことを思い出してしまった。

あ、そんなことはこのブログの本意ではない。

御蔭神社と、下鴨神社は親子のような関係なのだそうだ。

下鴨神社の流鏑馬が行われる馬場には大層な数の観光バスが止まっている。引き返しても良かったのだが、広いのでとてもそんな人数がこの社の森の中にいるようには思えないだろうと、中へ進んだ。

河合神社の横で野点が行われていた。

スタッフがたくさんいるのに客がない。と、5人連れが入っていった。主客は料理屋の店主のようで、白い割烹着を着ている。

お手前が始まった。
細身の男の人が、袱紗さばき、赤いフレームのメガネ、長髪が、遠目にもわかる。
元女子大生に入ってみる?とさそうが、あの髪型ねえ、と引き気味。
ヘアピンで止めてたらもっと変やで・・と悪態を付きながら、しばらくお点前を拝見していた。

手首を上下に35掛け4回で、いくら?と元女子大生に聞くと、140という答えが返ってきた。

140回カシャカシャやるんや・・・

そのお茶は正客に出され、残りは蔭出し。和菓子は遠目に「はねず色」

結局茶席には入らなかった。

e0036151_2392698.jpg


家で、お薄を好きなだけ楽しむことに。


茶碗は対馬白茶碗馬上杯。
[PR]

by coppoumon | 2012-11-05 23:09 | 京都 | Comments(6)
2012年 11月 04日

京都の山奥と蓮華寺

山奥、と言っても八瀬止まりである。
しかしながら十分に山深い所だとおもう。
e0036151_23112010.jpg

茶店が鮎を焼いている香ばしい匂いに、ああ、山里なんだなあと匂いだけをいただいて山に入る。
e0036151_23145167.jpg

秋の始まりだ。
いつもの御蔭神社から麓の村、農家のかたの家の前の無人販売コースを回って、休憩は蓮華寺のお茶室になっている横長の12畳。

小さな川が庭に取り入れられて、島が大きな流れと小さな流れを作っていて、今日は上手で立木の手入れをしているようで、葉っぱがたくさん流れてくる。

ほうれん草だ、と私がいうと、同行した元女子大生が、(ほうれん草だったら)もっと色が濃いでしょ、とたしなめたところでお薄が運ばれてきた。

今年は秋明菊に間に合いました。とご挨拶をする。

e0036151_2325567.jpg

小さな川が庭に取り入れられて細長い島が大きな流れと小さな流れとを分けている。
このせせらぐ音は、数百年変わりがなかったことだろう。

ガイドさんが、太く生きても人生、細く生きるのも人生という意味だと説明していたこの庭は、別れてもまた、会うことが出来ます・・と考えるほうが夢があるのになあ、などと、ぼんやり考える。

それじゃ、また。と普通に普段のように別れて、それが最後の別れだったりすることはよくあることで、何故か音信不通となった友人たちとのことを、この部屋に来ると思う。

ははあ、犯人はあのガイドさんだ。

いや、ガイドさんの声は覚えているけれど、あれもまた一期一会。あの人がそう言ったから、この部屋では過ぎていった時間や別れて行方もわからなくなった人たちを思い出すのだ。

その人たちへのご回向とおもって、ここに来たときには、ご縁の短かった人たちのことから、様々に思い出そうと思う。

e0036151_23415147.jpg


さて、秋の山歩きのお土産。毒キノコは如何ですか?
[PR]

by coppoumon | 2012-11-04 23:43 | 京都 | Comments(0)