<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 28日

豆乳かすてら

十三の永楽屋寿浩で「豆乳かすてら」というお菓子を勧められた。

「冷やしてお召し上がりください。美味しいですよ」と。
早速求めて冷やして味を楽しむことにする。


今の住まいの近所にグルメのおじさんがいる。
若い頃からお洒落で、今も絵に書いたようにダンディ。
食通でテレヴィでよく見かけた。
性格は良いし、筆が立つので、文章もあちこちで見かける。

彼は食べることを「食す」という言い回しをする。

だから、それがどうしたというのではないが、講談師が、自分が踏んだ犬のふんのことを、けんぷん(犬糞)と言った、その大仰さの可笑しさ。そういう感覚で私には「食す」という彼の言葉が、つきまとう。

下す、もどす、漏らす・・・食すもその表現の延長上にあるような気がして、料理の文章にイマイチ場違いに思うのだ。
そこには味覚を複雑に愉しむ気分を感じにくい。
もっとも、残り物だとか、自分が実験的に作ったインスタントラーメンであれば「食す」でもよい。

心を尽くされた料理に対し、「賞味する」などという言葉は死語になってしまったのか。
賞味に値するほど、これはホンマに立派なものなのだろうか、と訝しげなものにでさえ、賞味期限と記載されているというのに。


e0036151_2329855.jpg


豆乳カステラは、5ミリほどの暑さに黒ごまの餡が5ミリほどの分厚さでサンドイッチにしてあった。
これ以上黒ごま餡は多くてもいけない、少なくてもいけない。よくマッチングしている。

二つ目に手が出そうで、足のあいだに手の甲を入れて、じっと我慢する。

この菓子は普茶の料理の延長の範疇だろうか。深みのあるコクを伴って美味である。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-28 23:32 | 和菓子 | Comments(2)
2013年 07月 26日

真夏のバラとバッハ平均律第1集12番 2013

7月が終わりに近づき、天神祭りのこの頃、しばしば天気が不安定なことがあり、予報が当てにできない。

久々に涼しいなあ、と思う早朝、小雨模様だった。
そんな日にバラが咲いている。
このバラは40年生だ。

e0036151_840615.jpg


雨だから咲かないでおこう、とか、ヒトの勝手とはまた違うのだろうけれど、この雨で咲かなくても・・と思ったが、いや、雨でなければカンカン照りなのだ。

咲いても3日と持たないのだから、今日咲いてくれてよかったかもしれない。

毎日、暑いのでバケツいっぱいほどの水を根元に与える。
きちんと勉強して栽培したらよいのかもしれないが、なんとなく、水や肥料を、という感覚で愉しむ。

心なしか、たくさん開花してくれるのが嬉しい。


雨の日にバッハの平均律を淡々とさらう。
自分の感情とは全く別のところで鳴るバッハ。

e0036151_8465888.jpg


12番ヘ短調。

初めて弾いたのは16歳の時。

今は、16歳の頃の弾き方は思い出せない。
20代の初めにも弾いた。その時の弾き方は敢えてやらない。

10年前にも弾いた。

バラより10年年季が入っているのか、と脈絡のないことを思う。


演奏は、手を入れた分だけ、今の方が数段よい。 当たり前か・・・
[PR]

by coppoumon | 2013-07-26 08:54 | Comments(4)
2013年 07月 23日

40年ぶりの再読   院曲 撒羅米 2013

この半年、可愛い女の子と親しくなった。
私は面食いなのである。
願いが叶うことは嬉しいのだが、ところが、なんと彼女は、我を張り通して、気に入らないと怒る。
週に1度は会い、抱けば抱く程、文句ばっかり言うが、可愛らしさは増している。

今日も今日とて私の想いは届かない。
愛しているよ、というエネルギーだけがたっぷり奪い取られる。

まあ、心のなかに秘めた一途な愛を、バッテリーが上がるまで捧げるのもいいかあ。

ともあれ密かにニックネームを付けたはずだった。

その根拠となる本を、引越しの時に捨てずにおいたはずで、探すと簡単に出てきたのを何ども読み返す。

作者はオスカー・ワイルド、訳したのは詩人の日夏耿之介。
詩人としての日夏耿之介は高くて広くて深さをもっていると、私は思う。
深いけど狭いのは、たんなるわがままだもんなあ。

e0036151_2204766.jpg
e0036151_2211279.jpg


ニックネームは、salome で、ちょっと怖い気が、本人にはまだ自覚がない。

最近は紙ばかり口にいれるように思うので、山羊系のニックネームに改名しようと、ふさわしい名を探している。

先日、私に、艶たる顔ばせをお崩しましませず、愉しそうに御放屁打ち遊ばされた。



離乳食が始まったら、なんで、あんなに臭いねん。
なんで、あんなに叫ぶねん。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-23 22:17 | Comments(2)
2013年 07月 22日

虫干し 2008年5月16日を、2013年7月22日に加筆

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by coppoumon | 2013-07-22 21:09 | 絵いろいろ
2013年 07月 21日

東九条東札辻町 長谷川家住宅見学 2013

ミナミク ヒガシクジョウ ヒガシフダノツジチョウ という、京都独特の町名。

長谷川家はこのあたりの地主で代々庄屋を勤めたので苗字帯刀を許された、とある。
屋敷を戦後の農地改革で縮小されてしまった様子が、明治10年に描かれた屋敷図から如実に読み取れ、先ほど歩いてきたのは、戦後の町並みだったことを思い知らされる。

当主は代々画才を受け継いだようで遺された画帳などの見ごたえのあるものは多いが、まず私が見たかったのは長谷川家の人々を育てた母屋のディテール。

サンドブラシで仕上げた当家の紋所やレース模様のガラスのはまった表の間への建具、引き戸金具、欄間、釘隠し、襖に書かれた書。
代々当主の残した絵、交流のあった人たちの書画等、見所十分だった。

庭も、私には全くわからないが、大きな灯篭が3基。と、石組が中心となった庭であった。

撮影禁止なのが残念。

一番印象に残ったのが、11代当主が武田五一に提出したデザイン画に、good! と武田先生であろう方のペン書きが入っていたこと。品の良いアールヌーヴォーのランプのデザインなどである。

青木木米の小さな屏風が10畳の座敷に展示してあった。

木米は陶芸家。陶芸家の書いたびょうぶ絵は緻密である。

我が家の高橋道八、華頂亭道八(三代目)の山水画の軸には「道八戯画」とサインがあった。
陶芸家の絵を直に見るのは、これが2つ目のケース。陶芸家の絵は、さがせばいくつも見つかるかもしれない。

e0036151_0113866.jpg
e0036151_012110.jpg
e0036151_012329.jpg

土間は写真を撮っても良いのだそうで、できる限り明治10年頃に復元してあるのだそうだ。
外からの光が、真夏であることを思わせる。

農家とはいえ、どこか町家の雰囲気を残している。座敷廊下の天井は数寄屋であり、華やかさが決して広くない庭とマッチしていた。

敷居は竹滑りの加工がしてあった。すごい手間だと思う。



e0036151_0125791.jpg
e0036151_013586.jpg

十条の橋の上からの景色。これは長谷川家住宅から望むことができた景色でもある。
遠くに比叡山。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-21 00:15 | 京都 | Comments(0)
2013年 07月 20日

日本一と言われているモナカ  

大阪谷町のモナカを頂いた。

衒いのない包装を見て、その素っ気無さに、これはかなりおいしいのではないかとおもった。
e0036151_22464145.jpg


最中の皮のことを、種といい、作りながら食べるモナカは、パリッとした食感を優先するためにコーンを使うのだが、ここのは餅粉である。

餡の分量はちょっと多めか、ぎりぎり。

e0036151_22494348.jpg


餡を挟むと、口を閉じないその形で、老舗だったミナミの、ともえ堂(友恵堂だったかもしれない)のモナカを思いだす。
最中の餡は浸透圧を利用して作るはずであるが、「一吉」は、甘さを抑えて、種とのマッチングを見事にこなしている。

「もなかは、友恵堂でおます」と口癖だった母方の祖母は、大きうに口をあんぐりあけて食べんと、食べられしまへんのやよって、おなごしさん、大笑いになりますのんや・・・こんなこともいっていた。

おちょぼ口で上品に食べる習慣など、今はない。おちょぼ・・というのも死語だろう。


頂いたのは7月14日。フランス革命記念日だった。

午後から、天候が大荒れに荒れ、豪雨が襲い、やれやれと、脱力して一人で過ごす雨上がりに、小さな家蜘蛛が出てきて、見ると、最中の色だった。

蜘蛛も雨にはびっくりしただろう。

蜘蛛は小さな大の字に似ていたために、大ちゃんと名づけ、踏み潰さないように気をつけていたが、4日ほどで、姿を見せなくなった。


大ちゃん蜘蛛の肌いろから、町並み散策中の城陽で和菓子屋を見つけたとき、一番のお勧めは、この、もなかですねん。と自慢されたことを思いだした。

周防町の庵月でも、必ず、「もなかにしなはれ」と勧められた。

四条の甘泉堂の「とりどりもなか」を包んでもらうときは、おいしおすえ、とお店の人が言う。

今はない、高台寺の、阿月の高台寺最中は、糖尿の主人が手を伸ばしてくるのよ、と船橋市の友人の母上が、喜んだ。

最中それぞれが、地元産を自慢する雲丹に似ている。

最中は完成されたお菓子なのだ、と思う。

写真の下に敷かれた梅の絵はタイル。
作家は金沢在住の竹腰潤氏。


一に吉。
良い名前だ。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-20 23:10 | 和菓子 | Comments(6)
2013年 07月 19日

茄子の丸煮、干し海老ふりかけ

食道と胃を庇っておられるmonsieur T 氏のためのメニュ。

手々咬む程の良い茄子を手に入れたので、丸焚き・・今回は尾頭付きですが、お客様向けには、頭とお尻は落とします。

そこに素麺二分の一把分をそえると、昼食になるでしょうか。

e0036151_13523648.jpg


細めの茄子のヘタを落として、茶筅に包丁目をいれ昆布を敷いた鍋に並べて水をかぶるほど入れます。
そこに干し海老を振込み落し蓋をして火にかけます。
ナスに中まで火が通ったと思ったら、薄口醤油をいれ、みりんをちょっと入れて、お吸い物よりは濃い味にしてしばらく煮ます。
ちょっと柔らかすぎるかなあ・・と思うところで火を止め、翌日の朝からが食べごろです。

私は寝る前の作業にしますが、早い時間から作って冷えたら冷蔵庫に入れておけば良いです。
冷たいままでも温めても美味しいです。

そうめんは、熊本産に極細がありますが、私は半田そうめん。

茄子と素麺を盛って、茄子の煮汁を回しかけます。すり生姜を天盛りにします。

穴子と胡瓜の三杯酢、汲み上げ湯葉か、豆乳を二口分程を添えて、いかがですか。


干し海老は色付きでないものを、出町柳商店街の中の乾物屋に長崎産のものがあり、ひと袋270円。
5袋を1年間大事に使い切ります。


今日のメニュ、仮に健啖君だと、

茄子は3~4本、そうめんは2把、穴きゅうの酢の物を茶碗に一杯。大きな鳥モモをソテーして、ブリュチーズの入ったガーデンサラダでビール。締めにお茶漬け3杯。数々のご飯の友。桃のコンポートというデリカシーのないものになって、食育から外れますから、彼をブログから下ろすことにしましょう。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-19 14:14 | 常の日の惣菜 | Comments(5)
2013年 07月 17日

55555人のご訪問、ありがとうございます

このブログにおいで下さりありがとうございます。

7月17日 午後9時25分頃にご訪問くださった方をもちまして、55555人目となりました。
お心当たりの方、お礼に、何か・・・・私に下さいな。

あ、失礼しました。絵に書いたモモでもいかがですか。
頂き物ですけど。

よろしければ、鍵コメにコメントでもくださいませ。

e0036151_21324472.jpg


7年間ご愛読頂きありがとうございます。

e0036151_21335197.jpg


しつこいですが、モモ美味しそうでしょう。豊橋の「勘助白桃」というのだそうです。

このブログは、居心地の良い場所、じっと佇んでいたい場所などを、心がけてアップしております。
これからもそのつもりでおりますが、7年間で少しずつ文章も、心象も変化してきたように思います。
以前の記事で、雑なものは補筆したり、消去したりしております。
皆様からのコメントのあるものは、そのまま置いてあります。

悲しいこと、憤ろしいことなどは、排除してあります。
私自身、所在のないとき、忸怩とした気持ちを抱いたときにも、このブログに来て、無作為に記事を読み、夢中になる・・そういったブログでありたいと思うからです。

どこかで、はらたち日記でも書いてみようかなあ、と思います。ネタが続くかどうか・・・
[PR]

by coppoumon | 2013-07-17 21:45 | Comments(2)
2013年 07月 15日

夏にむかう 2013

九州に住む翻訳業の知人は、夏の暑い頃になると、どういうわけかこの世が夢のように思えてくる、という。
なるほど、厳寒期に部屋に入るとムッとするほど暖房が効いていると、幸せだなあ、と思うのだが、
夏の暑い時に、同じような目に遭うと、夢の世界に入れそうな気にもなる。

これほど暑いと、最後の日に箱に入れられて焼かれる頃には、涼しい顔ができるような気がする。それは夢ではないのだ。

今朝、裏庭のトマトを収穫した。

e0036151_197571.jpg


雨上がりで、トマトの数に負けないくらいの蚊の襲撃にあった。
逆境とはこういうことだろうか・・というほどの痒さがなかなか引かない。

早い朝なのに携帯電話が鳴っている。

おい、お盆、どうするねん。
どこにおっても一緒やろ。
仕事休めそうなら、1週間でも2週間でも来て過ごせや。
大阪程、暑いことない、思うで。

有難いことだが、その間、ピアノの練習が出来ない。
行けば家から引越しを見越して移した美術品などがあるし、手入れもしたいし。
まあ、思い切って出かけるのも良いかもしれないなあ・・

付いて離れないほど懐いている犬もいるし・・いや、それは暑苦しいか。

e0036151_19133493.jpg

夏の楽しみに、水なすを手で割いて食べる。

夏の食べもん言うたら、水なすが一番だすわ。と、漬物屋のおっちゃんは、そう言い、大きいの、大きいの・・と言いながら包んでくれた。

水なすの色を見ていたら、ブラームスの楽譜の色を連想させられた。

40過ぎると、ブラームスの後期の、人の好意の輻射や、暖かさで晩年を生きたブラームスの作品を弾くことが、内容と共によく理解できるようになります。

師の永井静子先生は、そういうことを言った。
そうして、わたくし、ブラームスは嫌いです、とも、ヘンデルヴァリエーションはとても良いです、ともおっしゃったが、28歳の頃のグレングールドのブラームスを、大変良い演奏だ、とも言っておられた。

今朝の電話の主は、茄子が大嫌いだ。
嫁は、ですから、茄子を送ってください、などと、平気で言う。

今日は、ゴロンと横になって、夢のような一日だったかもしれない。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-15 19:31 | Comments(4)
2013年 07月 14日

スタインウェイの身売り2013

祇園祭の宵宵宮は、土砂降りだった。
だいたい、どの年もこの日や宵宮の日は午後遅く、凄まじい雨が降り、夕方に上がる。
そうして梅雨が明ける。

今年はどうなんだろう。
1966年に一本化された巡航が、来年は先の祭りと後の祭りに分かれるのだそうだ。

ガーシュインの、ラプソディ・イン・ブルーか、ラヴェルの左手のコンチェルトをレッスンに持ってくるように、と言われた頃、ガーシュインのプレリュードをさらっていた。初夏だった。

プレリュードの2番はストリングスにもアレンジされるほど有名な曲で、祇園祭の宵宮とはなんの関係もないが土砂降りにまどろんだあと、雨が上がりかけた夕方になってのろのろと弾いてみた。

40年ぶりに弾くのだなあ・・

シャープが6つついた中間部は微妙にルバートをする。
ルバートというよりスイングで先の先を見通したような明るい音のはずが、時に暗く、切なく、希望と失望を綯い交ぜにしながら12小節を歌いきる。

モーツアルトとは違った悲しみの流れるこの曲を、ギタリストのミツ先生に、「なんかコメントばせんですか」と、いわそうとしたが、どうも場違いなところに私が踏み込んだようで、明るい声が返ってきた。

ガーシュインは明るい音のアメリカンスタインウェイを好んで弾いただろうか。
e0036151_2212552.jpg


グロトリアンとスタインウェイは親戚で、一族は長男を残してアメリカに移った。
ハンブルグでスタインウェイを作るのはのちのことで、グロトリアンには、シュタインヴェグの名が残してあった。

100年経って、グロトリアンはスタインウェイと袂を分かった。
そのあとの新しいグロトリアンは、弾いたことがないのでわからないが、スタインウェイは身売りしてしまった。

こうしてグロトリアンとスタインウェイのロゴが併記されることはもうない。

私は60~70年代のスタインウェイの音が好きである。
しかし、いつまでも同じところに同じものがあるということはない。

モーツアルトもガーシュインも生きていく悲しみを歌う。
新生スタインウェイもやはり生きていく悲しみを歌うのだろうか。
歌えるような銘器のままでいて欲しい。
いや、さらに我が身に磨きをかけて哀歓あふれる音になって欲しい。

流れて行くのは残念だけれど、常に、消えて行くものに夢中な自分がいる。
[PR]

by coppoumon | 2013-07-14 22:19 | Comments(0)