<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 31日

早蕨

京都の商店街で蕨を見かけた。
湯掻いていないので見るだけで済ませた。

3月も終わりというのに、まだ、蕨は口にしていない・・と思っていたが、蕨餅ならなんども食べた。

e0036151_210379.jpg


これは、京都、東大路清水道の浪川菓舗の御製。


次に、駅の近くの和菓子屋の「蕨」

e0036151_212363.jpg


e0036151_2133094.jpg


御本茶碗の中から蕨の象嵌のあるものを出した。
熱いお湯を注ぐのは、おっかなびっくりである。

春はこうやって過ぎていく。

子どものころ、薄切り牛の赤身、生ワカメ、蕨が、スープで出てきた。
コンソメ味で、それに胡椒を振って食べた。

肉は、職人さんが包丁で薄く切っていたのだなあ・・あのほどよい薄さは、手でないと再現できない。













e0036151_2142828.jpg

[PR]

by coppoumon | 2015-03-31 21:05 | 和菓子 | Comments(0)
2015年 03月 25日

春の色

春は黄色から始まるような気がする。

e0036151_1846634.jpg


サンシュが花をつけた。

風の強い、最後の寒の戻りといわれるこの日、裏庭では山椒の芽吹きが心地よい。
e0036151_18483514.jpg


奥に、バラを3本植えといたさけ、また見てや・・と祖父のところで働いていた高島町出身のおじいさんの植えたバラが1本残っていたのを、この冬の初めに剪定してやった。



これからは、雑草取りに追われて、バラの手入れどころではない。
もう、八重葎がのさばっているし、ホトケノザもぐんぐん生長している。
カラスノエンドウが今年はやけに多いなあ。
毎年分布が変わるので、面白いが、これらはほとんど抜いて捨てられている。

e0036151_18595037.jpg


水仙も、春咲きに交代。

e0036151_2092549.jpg

[PR]

by coppoumon | 2015-03-25 18:56 | 住まう | Comments(4)
2015年 03月 18日

winter ade 2015

彼岸の入りなのだそうだ。

百済寺道というところを歩いて往復、行くときはオオイヌノフグリがたくさん咲いているのを、帰りにゆっくり見ようなどと、急ぎ足で過ぎた。

その帰り際、ここら辺だとゆっくり歩く。

シロバナタンポポを発見した。

e0036151_21272569.jpg


うれしいことだ、カンサイタンポポに違いない・・とかってに思い込む。
別の場所にももう一輪発見。

いよいよ、冬さん、さよなら、といいたい。
[PR]

by coppoumon | 2015-03-18 21:51 | Comments(0)
2015年 03月 18日

イワシの生姜煮

イワシは辛煮にしておいて、1週間くらい日保ちさせる・・というのを作っていた。
これは、酢で下煮してから煮切る方法だったが、手間なので、イワシを煮ることは滅多になかった。
まず竹皮をなべ底に敷き、そこに生姜の繊切りを敷き詰める。
筒切りにしたイワシを丁寧に並べ、生姜の繊切りをのせ・・と重ねて、千鳥酢で下煮して、煮汁で煮切る。

手間なだけ酒の肴には、気の利いたものになるし、芥子粒をまぶして楽しむのは贅沢の範疇だった。

今回は、お惣菜としてのイワシ煮。

イワシは錦市場だと一舟なんぼ・・である。スーパーだったらワンパックというべきか。
頭と腹を除いたものを売っているので、処理に困らない。

2パック量。中くらいのイワシ10尾あるかないかの分量。

適当に筒切りにする。

土生姜を好きなだけ刻んでおき煮汁を作る。

梅干2個
土しょうが繊切り
水2カップ

さとう大さじ2、
みりん大さじ2、
醤油大さじ2、
酢大さじ4、

これらを煮立てる。


イワシを3回くらいに分けて入れ、落し蓋をしてアクを引き、弱めの中火でほぼ煮汁がなくなるまで煮る。

大変美味しいとおもう。
週に一度はイワシの日があってもよいと思うが、ぴかぴかのイワシしだいだなあ・・


おはなちゃん、おいしいけん、是非やりんさいや。
[PR]

by coppoumon | 2015-03-18 18:41 | 常の日の惣菜 | Comments(2)
2015年 03月 16日

柑橘三種類のママレード

柚子ジャムを作って2ヶ月経過した。
カビは生えないが、一度火を入れる必要を思った。
それで、ヴァレンタイン17年というスコッチを入れて炊きなおしたら、それなりにおいしい。
e0036151_2152258.jpg

温州みかんの木が2軒先のお宅にあって、とても美味しくない実をつけるのだそうだ。
それを是非にと頂いて、ジャムにした。
ここにも、ヴァレンタインをこれでもかと、投入したら、驚くほど美味しいジャムになった。
大事に楽しんでいたら、舌が慣れてしまい、こんなものだと、感動もしなくなって、もうすぐ消滅する。

そこにグレープフルーツ。
これは、落下したものばかりなので、相当痛みがあったが、、10日ほど置いて、きざんだ。

e0036151_21523645.jpg


あとは、定石どおり。

5回もみ洗いして、剥いた実とあわせて、三温糖を4割量加えて煮詰める。

例年なら、三宝柑を探して、つくるのだが、今年はまだ機会がない。
[PR]

by coppoumon | 2015-03-16 21:53 | ジャム | Comments(2)
2015年 03月 04日

桜餅

江戸前の桜餅である。

e0036151_22335098.jpg


大阪で食べるから、気分が変わるのだろうか。

東松原・・といっても東京だが、べにあずま・・という店で餡を炊くにおいにつられて求めた桜餅は将にこの形であった。

寒梅粉でクレープを焼き漉し餡を包み、大島桜葉を塩漬けにしたもので巻く。

そのとき、私は道明寺の桜餅のほうに軍配をあげた。なんとも、大味な・・と、そういう思いだった。

写真のお菓子は大阪十三の永楽堂寿浩の御製。
餡は漉し餡のようで、すこし粒を残してある。

3つも食べると、満足感に充たされる。

器は木村盛伸氏・菓子皿。


これは、番外かもしれない。

側は寒梅粉のクレープだが、中身はイチゴを白の漉し餡で被い、包んだもの。

e0036151_224611100.jpg

[PR]

by coppoumon | 2015-03-04 22:40 | 和菓子 | Comments(0)