<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 30日

お庭拝見・大寧軒

e0036151_2212479.jpg


インクラインの近くの大きな木の下で、早めの昼食を摂った。何の木だろう。
箸を使う石のベンチの上に影を落としてくれている大樹。
寄らば大樹の陰か。

樹医の先生はお元気なのだろうか。
これから訪問するもと三井家の別邸にはどんな樹木が植えられているのだろうか・・藪内の家元が作られた庭とは・・・と胸騒ぎのようなものが、よぎる。

e0036151_22184620.jpg


e0036151_22185680.jpg

手水鉢は亀の形をしていた。
やあ、ここにも半夏生が。
しかし、だれも目を留めようとはしない。
e0036151_22195025.jpg

庭の奥に三本鳥居があり、中央から水が吹き出ているという。
e0036151_22203573.jpg
e0036151_22205715.jpg

屋根からおちてくる雨水を受ける、このような石の造りを私は好きだ。

池水に映りこむ夏空。
e0036151_22231478.jpg
e0036151_22233775.jpg


たくさんの見学者がいたので足元の敷石や、飛び石を撮ることが出来なかったのが惜しまれる。
飛び石のヴァリエーションの多様さ。
地形に合わせて、踏み崩し打ち、千鳥打ち、大曲打ち・・・あとは説明してもらわないとわからない。
七五三打ちなのだろう、五、七、三とモザイクのように打たれた石もあった。

e0036151_22313324.jpg


質の高さに驚嘆して門を出た。
三井と三本鳥居の関係についてのべられた文章を思い起こす。
対馬にも三本鳥居の神社がある。

秦氏がそこから上陸をした遺跡なのか。
その神社は海から舟で参拝したのだそうだ。

今日の、この日の心のヴィタミンを思った。
[PR]

by coppoumon | 2015-07-30 22:38 | 京都 | Comments(0)
2015年 07月 29日

船場界隈

まず、船場ビルジングのたたずまいから。
e0036151_21165245.jpg


母方の祖母の口ぶりは、船場の言葉だったのだそうだ。

へえ、そうでおます。
いかんならんのでおますよってな。
はい、よろしうおあがり。
はようおかえり。
おまんは鶴屋、最中は友恵堂、お茶は川口軒。

祖母の言葉は、そんなに記憶が無い。

日曜の午後から大阪に出ることにした。

行き先は船場ビルディング。

地下鉄淀屋橋の南側出口からでて、芝川ビルを眺める。

e0036151_21124476.jpg

e0036151_21135150.jpg
e0036151_2114478.jpg
e0036151_21142190.jpg


休日の船場は人影も少なく、ぼんやりと歩ける。

e0036151_21151999.jpg


ピンクの豚に見とれて、船場ビルディングを見失うところだった。

e0036151_2116697.jpg
e0036151_21161748.jpg
e0036151_2116322.jpg


行った目的は、大丸心斎橋店の設計図の展示を見ることだった。
そうして、引き返して芝川ビルでビールでもとおもっていたのだが、心斎橋に出て大丸の中の喫茶ヴォーリズで休憩。


e0036151_21293770.jpg

e0036151_215441100.jpg

祖母や母はこの近くに住んでいたので、今の大丸の竣工時を知っている、といっていた。
ついに今年で姿を消すことになる大丸に、しばらくの時間をかけて別れを告げることになる。

そんなことを考えながら宗右衛門町界隈を歩いてみた。
というより、心斎橋通りは人が多すぎて歩けないのだ。
e0036151_21222370.jpg

e0036151_21552464.jpg

50ねんちかくたたずまいを変えない喫茶店がまだ残っていた。
こんどはここに来て何か食べよう・・などとおもった。
e0036151_21233187.jpg

いちどは入ったことがあるよなあ・・18歳の頃。
[PR]

by coppoumon | 2015-07-29 21:24 | 大阪 | Comments(0)
2015年 07月 08日

雨の庭

雨の庭・・ドビュッシーにもそんな表題の音楽があるが、あれはおパリのスクエアーの中に、さ~~と降る雨で、梅雨とは関係が無い。

こちらは梅雨の、放置された裏庭。

e0036151_21553649.jpg

e0036151_21554897.jpg
e0036151_2156513.jpg
e0036151_21562657.jpg


いろいろと咲いてくれるが、きょうはグラジオラスの白が咲いて、紫のグラジオラスとならんだ。
縁起をかつげないが、まあ、しょうがない。
来年はグラジオラスを植え足してやろうと思う。
[PR]

by coppoumon | 2015-07-08 21:59 | 住まう | Comments(2)
2015年 07月 08日

山歩きの弁当

八瀬には、観光客相手の食事どころはある。
相当に値の張る店のほかに、駅近くの茶屋では、鮎の焼いたんや、山菜蕎麦などを食べさせてくれるが、やまの中で弁当が食べたい・・というのと、雨交じりで気温が低いこともあって、持参した。
卵と、揚げ物を今回は使わない。

e0036151_2182964.jpg


長崎産のカボチャ、厚揚げ、トリモモのミンチボールのたいたん。
塩を振って、ピクルス液でマリネしたきゅうり。水分をペパータオルで吸収させる。
薄切りブタモモ肉のソテ。酒と醤油、トマトピュレに漬けておいて焼いたもの。
種抜きの小梅干、瓜の粕漬け。
対馬の椎茸の甘露煮。
イカナゴ。

白ご飯。

ご飯の量は210グラム。これをギュウギュウに圧縮して詰め込み、余りの部分に入るだけおかずを詰め込むと、こういう弁当の出来上がり。
仕切りとか、見てくれだけのあしらいとかは一切無し。弁当箱が小さいから入らないのだ。
これで、結構な腹持ち。

帰りがけに、求めた和菓子は、「七夕」道明寺のなかは粒餡。 御製は松壽軒。

e0036151_21184518.jpg



帰り着いた夜は鳥蒸し。これに淡路島の新玉ねぎのスライスをたっぷり載せて、ポンズ、辛子でたべた。
宮川町を通ったので、千代(ちしろ)豆腐店で絹ごしを求めた。
e0036151_21264161.jpg


須く、というか、万事、良い日だった。



おはなちゃん、山行きの弁当じゃけえ、こがいなもんしかはいっとらんのんよ。もっと暑いんやったら、ご飯は酢飯のほうがええんかいねえ。
おかずも、奈良漬、梅干、うるめいわしの干したんで、ええような気がする。そようなもんしか、食べれん日は、朝、しっかり食べてからでかけたらええけん。

つくってみんさいや。おいしいけん。
[PR]

by coppoumon | 2015-07-08 21:23 | 常の日の惣菜 | Comments(6)
2015年 07月 07日

半夏生 両足院

八瀬から乗ったバスは北山通りから銀閣にでて百万遍を南下する。
そこからは、バス停ごとに料金が変わっていくような錯覚に陥るほど、めまぐるしく料金が変わるのが面白い。
五条坂まで乗って引き返すよりは手前の安井で降りると60円安い、のだそうで、喜んで降りた東山安井。

両足院は10年ほどの間にきれいに整備された感があるが、おかげで、裏口のような冠木門から入るような有様になった。
それがどうした、というわけではないが,美しく調えられたこの飛び石の上を歩くことは無い。これまでが、勿体なかったのだ。

e0036151_9144362.jpg

いぜんはこの門から入れた・・というより、入れて頂いた。
いや、立派な山門ではなくて、「狭き門より入れ・・」と言うではないか。と、納得はしている。
e0036151_9163784.jpg

山門から入ると、この丸窓を初めに見ることが出来たのだが、ほとんどの観光客は単に通り過ぎていくのみ。



さて、半夏生。

e0036151_91844.jpg


e0036151_9183388.jpg


茶室の前の飛び石の間には、苔が敷き詰められていた。

e0036151_9191121.jpg


茶室からはこのような風景が眺められる。
e0036151_9231215.jpg


また来年、と年に一度の半夏生を眺めて、帰路についた。

e0036151_9243651.jpg

[PR]

by coppoumon | 2015-07-07 09:19 | 京都 | Comments(0)
2015年 07月 05日

御蔭山周辺へ、2015・7

季節の変わり目、気候のよいときには、比叡山ふもとの御蔭山界隈を歩く。

最近は三宅八幡で降りて、蓮花寺から橋を渡り御蔭神社、八瀬へと、抜ける。

蓮華寺に着く。
この時期は朝の光がよい。

当主が座したであろう座敷の、床の間を左に見て、北に池庭、東に苔の庭をみる。
e0036151_1050176.jpg


e0036151_10533029.jpg


本堂近くではまた別の眺めを楽しむ。

e0036151_10543943.jpg


今年は去年よりも沙羅双樹の花の数が少ないように思った。
e0036151_10553844.jpg

蓮花寺灯篭。
e0036151_10562285.jpg

雨上がりらしい、苔とキノコをみる。
e0036151_1057481.jpg


辞して、御蔭山へ。
e0036151_10582682.jpg

ヒメジオンの咲くこのみちは、葵祭当日、下賀茂神社に向かう蔡列が通る。
e0036151_1102115.jpg


八瀬に出る。

そこで弁当を食べて、12時33分の京都駅にでるバスに乗ると、30分ほどで、清水安井で下車ができる。
一日に1本限りのこの路線には乗客も少なく、下車する客ばかりで、停留所も少ない、ときているので、快適である。

e0036151_1111145.jpg


途中で、下車してみたいところがいくつもあるが、一日一本だと、次のバスに乗れないので、我慢している。
次は銀閣寺まえの、私設図書館の前でおりて、百万遍まで歩いてみたい。
[PR]

by coppoumon | 2015-07-05 11:03 | 京都 | Comments(0)
2015年 07月 03日

食の夏仕度 2015・7

夏、といえば、この母の遺した家に住む限り、百足対策なのだが、玄関の、仮付けの引き戸の隙間を塞いだこと、餌剤をおいたこと・・それだけで百足に闖入されることは無くなった。
だたし、明日のことは分からない。


e0036151_14424939.jpg


今年は梅の収穫が少なかった。
大量にシロップをつくりたいところだが、ささやかな出来のようだ。
梅シロップのストックがあるのでやりきれないような厚さの日には、こういうものも飲むが、だいたいが、ほうじ茶である。

ラッキョウは漬けた。

夏になったので、まず、旨出汁をつくる。



旨出汁の作り方。

カツオと昆布で出汁500ccを引く。

出汁 500cc
日本酒 100cc
味醂80cc
薄口80cc
濃口 大スプーンで適当に1~3

これらを合せて、心もち煮詰める。


これは、めんつゆ、煮物、と使い回しが出来る。

煮物にするときは旨出汁を薄めて、吸い物味より濃い目の味を導く。




椎茸の煮物の作り方。

椎茸は戻し汁で煮る。
石突を取って、鍋に掛け、沸騰したら5分ほど弱火にしておく。
そこに砂糖大匙2、醤油大匙1を加えて、落し蓋をして、弱火でほたほたと煮る。
少し煮汁が残る程度で火を止めて冷ます。
チルドに入れて5日目に食べきる。


トマト

トマトは、ときどき、ワサビ醤油で和えたり、炒りゴマを醤油と少し砂糖を加えたもので和える。
ピクルス液で洗っておいたりもする。


とりムネ肉のミンチボール。
250グラムほど、ひき肉を求め、葛をはたきいれ、日本酒を少し入れて練った後、ボールにまとめて湯に落とし、浮き上がってしばらくしたものから冷水に取る。

調理する前に油で焼いたりもする。

生姜、小さなワサビを濡れたティッシュで包んでラップしたもの、青じそ、金胡麻、こういうものが、何かしら必ず冷蔵庫の中に入っている。










写真のお菓子は京阪・御殿山 松玉菓舗の「ほたる」。
[PR]

by coppoumon | 2015-07-03 14:41 | Comments(0)