<   2015年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

2015 大晦日

年の瀬になると、次々と訪問してくださる方たちと会い、しばらくの談笑をたのしむ。
毎年のことながら、どなたがどういう順番で・・というのが、記憶から飛ぶのだが、口吻からその方たちの置かれたところでの、充実感、楽しみ、辛苦などをおもう。

大晦日に海老天の差し入れがあった。一年前の大晦日にはうちで、牡蠣と三つ葉の年越し蕎麦を食べたのだそうだ。

そうだったのか・・そういうことは、まったく覚えてはいない。
記憶が飛ぶのは、どこかまだ、怪我の影響で体が辛かったのであろうか。

一年経過して、近頃は、不器用な右手より、なんとなく不自由な左手のほうが使い勝手がよいので、そこまで、回復したのだと、おもう。

で、今年は海老天とおかちん、カマボコ、三つ葉の蕎麦を供した。海老天はお持たせである。

この日はいもぼうを拵えた。
御節には何の関係もないのだが、京都の平野屋の前を通りがかったとき、丁度、お昼だったので、母に入ろう・・とうながすと「いもぼうか・・・うちで作ったほうがおいしいわ」とにべもなかった。
母のつくったいもぼうなど、きいたことも、食べたこともなかったのを思い出したのだ。

鍋から移したばかりの芋棒。芋は海老芋ではなくて、落ち子である。

e0036151_21262311.jpg


一日の終わりに流しを洗った。

流し→シンク→辛苦→流し去る→さる年

そうだ、じぶんでは解決できないような辛苦がやってきたら、精一杯、流しを洗おうではないか。
それでも余り余ったものは、神様に返せばよいのだ。

そうおもって、床についた。
張り切って左手に力を入れたせいか、サーチライトで照らされているかのように、骨折した腕に初めて、痛みがやってきては去り・・という痛みの繰り返しがあって、目が覚めると、痛みはなくなって元旦の朝であった。

めでたし。
[PR]

by coppoumon | 2015-12-31 21:09 | Comments(0)
2015年 12月 29日

八瀬・年の瀬

八瀬の御蔭神社まで出かけようと、起床した朝は、マイナス2度だった。

出町はさすがに風がつめたいが、電車を降りて歩くのは30分くらい。気楽に考えていたら、同行するはずの元女子大生が、遅れる・・とメールをくれた。

それで、一足先に電車に乗って、予定ではなかった蓮華寺へ向かった。そこで待つことにしたのだ。
駅前は、こういう感じ。 あ、びっくり。

e0036151_222149100.jpg


蓮華寺は誰もいなかった。しばらく貸しきり状態で、差し込む朝日に見とれていた。

e0036151_22235553.jpg


e0036151_2224489.jpg


泉水は建物の北側にあり、散り終えた紅葉のあと、千両や万両の実がうつくしい。

苔もよく手入れされている。

e0036151_22263463.jpg

e0036151_22272444.jpg


e0036151_22282429.jpg


e0036151_22284355.jpg


御蔭神社を回って、八瀬駅に出る。

e0036151_22293223.jpg

桜の名前はなんだろう。私は不断桜・・と聞いたが、桜の同定はむずかしいのだそうだ。

都合、2時間足らずの散策。

新年を迎える前に、気持ちを新たにする。
e0036151_22324882.jpg

[PR]

by coppoumon | 2015-12-29 22:32 | 京都 | Comments(2)
2015年 12月 26日

堅田で食材を 

2015年のクリスマスの午後は堅田にいた。
もう20分でも早く家を出て堅田で昼食を摂るようにすれば良かったのだが、朝はピアノをさらってから出たのだった。

手に入ったのは、モロコの南蛮漬け。稚鮎の山椒煮。黒豆、小豆、大豆。野菜類。

帰りは京都駅から奈良線に乗りかえ、桃山で下車。伏見桃山でパンを買い、茶舗で、甘酒を楽しんだ。

クリスマス。

シャンパンでもあけて、トリのパテか、テリーヌでも・・などと思わないこともない。

まず近郊農家の人参があまりにもおいしいので、ポタージュを作った。

e0036151_11121784.jpg


サラダパンというのは、平和堂で発見した、有名パン。

目の前でおじさんが5個かごに入れたので、わたしも買い求めてみた。

今年のクリスマスは、

人参ポタージュ、モロコの南蛮漬け、大根とこんにゃくの柚子味噌田楽、日野菜、蕪の葉のぬかづけ。
サラダパン。

堅田にいかなければ、牡蠣、人参、ブロッコリーのクリームシチューになるはずだった。


サラダパン・・・・つるやという給食パンの会社の製品で、半分に割ってマーガリンを塗り、たくあんをマヨネーズで和えてはさんである。

キャベツちゃいます、たくあんです。

e0036151_11235518.jpg


メリー・クリスマス!!
[PR]

by coppoumon | 2015-12-26 11:24 | Comments(0)
2015年 12月 25日

桧垣文

先日、友人が送ってくれた茶碗に桧垣文があった。
猫搔きと、いうべきか。

e0036151_2216463.jpg


見ていると、なかなかに、エキゾティックである。
強く主張するものがある。

ひとつだけ、ねこ搔きがあったのを出してみた。

e0036151_22211018.jpg


e0036151_22212942.jpg


e0036151_22214941.jpg


この作者は、兜巾を左手で作ったのではないかとおもう。

e0036151_22225694.jpg


つまむと左手のほうがしっくりするからだ。

もうひとつ、この作者のものとわたしがおもう茶器がある。
なぜ、そうおもうのか・・・それは、高台と、兜巾をつまんでみたときの感覚である。

勝手にわたしが思い込んでいるだけなのかもしれない。
[PR]

by coppoumon | 2015-12-25 22:27 | Comments(2)
2015年 12月 25日

賀状の準備

先日、日展に出かけたとき、洋画部門で3匹の猿の絵があった。
もう、ネタはばれているかもしれないけれど、200号より大きなキャンバスだったかもしれない。
そこに、しゃべる、見る、聞くの猿が描かれていた。

何か猿に因むものを、京都で探すが、あまり気に入ったものはない。猿じゃ、あまり夢がないのだ。

庚申堂のさるぼぼは、前に使った。

e0036151_2243210.jpg



立鶴の茶碗を出してみた。

e0036151_22655100.jpg


今年はこれでいこう。

茶碗なら毎年賀状に作っても、しばらくいける。

去年のいまごろは寒くて閉口した。
今年はちょっと寒さもゆるい。

よい正月になりますように。
[PR]

by coppoumon | 2015-12-25 22:11 | Comments(0)
2015年 12月 24日

イヴの夜 2015

12月22日で年内の仕事を終えた。
翌日は父の召天記念日で、午前中は喪に服すために、家の中で静かにすごした。
雨の一日でもあった。

午前中、北海道の金時豆を煮た。
小学校に上がる前、おやつにと、色んな豆を順に煮て、アルミのふたつきのガラス瓶に入れてくれていたのを、思い出していた。

e0036151_22184935.jpg


夜になり、また、朝になり、外を覗くと、2代目侘助が、4輪開花していた。
雨、晴れ関係なく、椿は開花するようだ。

お、朝から、ホワイトクリスマスか・・・じゃあ、今日は、精進で食事して、犠牲になった鳥たちのご回向でもしようではないか。

そこに、ケーキ持って行きます・・と連絡を受けて、恐縮のあまり心が翻ってしまった。

トリを食べることにしたのだ。 おお、アイム・チキン。

ブロッコリー、ダイコン、人参は、ご近所の農家産。

e0036151_22253932.jpg


トリはオールスパイスをまぶして、焼く。人参、ブロッコリーもボイルしておいて、仕上げにわずかばかりのバターを絡めるようにして仕上げる。

本来の今夜のメニュ。
e0036151_22255710.jpg
e0036151_22261013.jpg

対馬の椎茸は、出色の美味しさ。キンコ(海鼠の干したもの)ににた歯ざわりがたのしめる。

近頃のケーキは婦女子の好みではなくて、渋い。
ほろにがチョコレート、甘みを抑えたオレンジピール、スポンジも下りていくごとに苦味は強くなる。
シニア向きのテイストですねん・・そやろな、ほろにがい思いなら、コーヒーひとつとりあげても、馬齢に正比例するほどありまっせ・・まあええけど。
e0036151_22264093.jpg
e0036151_22265279.jpg





このブログに、おいでくださったみなさん、メリークリスマス!
[PR]

by coppoumon | 2015-12-24 22:34 | Comments(6)
2015年 12月 22日

冬至・当日 2015

年賀状を、そこで、買いなさい・・・そんなことを教えてもらった。
仕事の行き返りに歩く道すがらにその店はあった。

2013年暮れに、手の怪我で賀状を書けなかったが、届いた賀状には返事を出した。70枚ほどだった。
2012年には140枚書いているから、半分なのだ。

そうだ、この70人ほどの方が、私に、暖かい波動を送ってくださっている・・と解釈してしまおう。
そうして、心をこめて、私のようなものとお付き合いくださることに、ありがとう、を言おうではないか。
皆さん、大変な勇気でっせ・・・

2014年も、まさにその通りの数だった。

今年は・・ないしょ。

帰りはすっかり暗くなっている。カボチャも柚子もない。冬至には、長いものをたべるべし、と国許ではいうが、
関西では聞かない。
れんこん、にんじん、きんかん、うんどん(饂飩)と「ん」が重なるものをたべなはれ・・という。
じゃあ、たんめんや、わんたんは?と聞くと、あほか・・と相手にされなかった。

長いものなら見た。

10億円の宝くじを買う人々の長蛇の列。

e0036151_21551834.jpg


おくのちかみち・・・・こう、呼称するのだそうだ。

冬至の風景であった。

私は翌日から冬休みに入った。
[PR]

by coppoumon | 2015-12-22 21:56 | 大阪 | Comments(0)
2015年 12月 20日

深草・2015 ・冬至まえ

このところ、無知も歩けば、偶然に、とでもいうのか、黄檗宗、伊藤若冲、というキーワードを歩いている。

先日、訪れた非公開寺院の行信寺観音堂は、、今回散策した石峰寺の観音堂を移設したものであった。
天井には若冲の描いた花々が繚乱としていた。

若冲のお墓のある、石峰寺の五百羅漢の下絵は、若冲が描き、石工に彫らせたものなのだそうだ。

e0036151_9212057.jpg


桂で訪問した寺は西京だが、今回は東山。

e0036151_9224999.jpg

紅葉が良く残っている。
e0036151_9232489.jpg


キリシタン墓があった。
e0036151_9363490.jpg

この先が五百羅漢の庭なのだが、撮影禁止。

e0036151_924332.jpg


e0036151_9254352.jpg


静かなお寺である。



くちなしの、口を開かない赤い実。赤い南天と、たくさんの赤い実の奥に赤い門。



e0036151_927799.jpg


当初は1000体以上の羅漢があったといわれるこの寺。
さすがに暮れはじめると、冬である。

西山から太陽が東山を照らしてはいるが、日が沈むと、すぐに薄暗くなるだろう。
盆地になった市中はすでにたそがれ始めた。この光は残照なのか。

残り時間。

わたしは人生の冬に入ったに違いない。
ポッキリと折れないように、日々をすごさねば・とおもう。
e0036151_9421884.jpg

[PR]

by coppoumon | 2015-12-20 22:35 | 京都 | Comments(0)
2015年 12月 18日

ほんのりと御本が

白い光の蛍光灯のしたで写すコンデジは、正確な色を伝えてくれない。
また、いつか、自然光の中で撮ればいい。

そう思いながら友人自作の茶碗を眺めた。

御本がデリケートな輪を成して、それは対馬白土によるものだ、と教えてくれた。

お茶を点ててみる。

e0036151_17504615.jpg


思いついて、立亀窯の端反鉢を出してみたら、ぴったり同じ高さであった。

e0036151_17541885.jpg


対馬というと、何をおもうか・・・といわれると、この御本の色である。
風呂上りの、ほかほか・・とした、というか、赤ちゃんの肌のような温かみのある、血の通った色。

e0036151_17575521.jpg
e0036151_1758413.jpg
e0036151_1758152.jpg


また思いついて、木村盛伸氏の粉引の皿を出してみた。
e0036151_1854182.jpg

氏もまた、御本は、ほんのりと出たんがよろしな。とおっしゃっていたことを思い出した。

この色は、桂離宮や、曼殊院の壁の色とも似ている。
[PR]

by coppoumon | 2015-12-18 18:03 | Comments(2)
2015年 12月 16日

白黒羊羹

子供の頃、ピアノをさらっていて、退屈し始めると、鍵盤が羊羹だったら・・と考えたものだ。
白鍵は象牙で、幅の広いところと、せまいところと、2ピースになっていて、広いところが、一口羊羹と同じようなサイズなのだ。

ジャズピアニストの山下洋輔氏も鍵盤のことを白黒羊羹、と何かに書いておられたので、同じことを想像していたのかもしれない。

e0036151_23375464.jpg


50年物のオルガンの白い鍵盤の鼻先が欠けてしまった。

お稽古に来た生徒さんが、この鍵盤を見て、黒鍵のことは、なんというのですか・・とわたしに尋ねた。
黒鍵は黒鍵だけど、白と黒が逆にすると、昔、象牙を使った時代に、象牙の量が少なくて済んだので、こうなったらしい・・と説明をした。

学校は黒鍵を黒鍵と教えるけど、かならずしも、黒ではない、ということ。
木材で作ると、木材そのものの、色になるよ。

杓子定規にはいかないからね。

白鍵のパーツはない。作り変えるとなると、50ピース張り替えということになる。今度は三文判と同じ色になるだろう。

欠けたからといって、弾いてみて、不具合はない。放置しておくか・・。

常に、そのことが頭から離れなかったのだろう。

ホームに特急が入ってきた。
e0036151_23503743.jpg


あ・・・

連想して、おもわずレンズのシャッターを押したのは、特急電車の赤いろが、駿河屋の練り羊羹にみえたのだ。
それも、お正月にしか見ない、はるかに上等の「富士」という羊羹だ。

めでたし、である。
[PR]

by coppoumon | 2015-12-16 23:49 | Comments(0)