のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 30日

今年初めてのコップレストラン

コップレストランは、開店休業中。
お客が来ないから、寝てばかりです。

10月の最期の週は、予定がてんこ盛りで、月曜日から仕事、仕事、調律、仕事、エアコンの掃除、土曜日がコップレストラン、と指を折って確認する。

お客様は4人の予定が、一人欠席。

メニュは、

18ミリ角の食パン、オランダのゴーダチーズ、スタッフドオリーヴで、黒ビール。
柿とセロリと無塩クルミのサラダ。
さらだは、何もかけなくても美味しいけど、オリヴオイルと穀物酢でドレッシングを作って、別に出しました。

e0036151_22534922.jpg
写真では、食べかけ、というより、料理作って振り向くと、ほとんど残っていない状態。

かぼちゃのポタージュ。

ポークちゃっぷ。手前に添えたのは蕪。ことしは初物です。

e0036151_22541716.jpg
そのあとは、

対馬のうに、サザエの炊き込みご飯、自家製の松茸昆布。

おもたせで、アップルパイ。
紅茶はアールグレイ・グランドクラシック・・ルピシエです。

パイは、シェ、ナカツカという箕面のお菓子屋さんのも。

サザエの炊き込みご飯は、お客様のご希望。

ほとんど写真を撮る暇もなく、食べ続け、

最期にいただいたお花を観賞。良い会でした。

e0036151_22544784.jpg

実は、かぼちゃ、柿、ポークちゃっぷ、うに、アールグレイと、ハロウインを暗喩するような色合いばかりを、それとなく出してみたのですが、どなたもお気づきにならなかったようです。




[PR]

by coppoumon | 2016-10-30 23:03 | Comments(2)
2016年 10月 28日

表装

広島のユリちゃん所有の「立ち雛」を仕立て直すことになって、出来上がってきた。

軸の仕立ては、梅雨ごろにだして、秋になって仕上がってくる・・と聞いていたが、将にそのとおりだった。

絹に描かれた雛様は、作家が、片山春帆、本名春雄。明治13年生まれ。

戦前の博文館発行の書籍の挿絵を一手に引き受けていた売れっ子だったようだ。

e0036151_20033040.jpg
作業台の上に広げてもらって、お披露目。70センチ以上の幅の大きな軸である。
別物のように立派になっていた。

松竹梅の衣装のデリケートさ、桃の花とのタッチの違い、お顔のたたずまい。
見るたびに、発見がある。

直ぐに広島へ送ったので、手元にはもう無い。


[PR]

by coppoumon | 2016-10-28 20:12 | Comments(2)
2016年 10月 25日

松茸

松茸がいきなりお目見え。

今年初めてで、最期なのだろう、
知っていたら、はもを買って炊いただろう、
地鶏ですき焼きにもしただろう・・と妄想は膨らむ。

1本まるまる松茸ご飯に費やした。

お米は、頂いた阿南市の那賀川町の新米。

日高昆布と少しの日本酒、軸に切った松茸。

e0036151_22185279.jpg
いつまでも、形だけは楽しめるようにと、いじましく、松茸昆布にした。

日高昆布を、酢水で下煮のあと、京都の澤井醤油、本味醂、日本酒を同じ割合で入れて炊く。

少し薄味にしあげた。



e0036151_22191048.jpg

[PR]

by coppoumon | 2016-10-25 22:23 | 常の日の惣菜 | Comments(2)
2016年 10月 23日

10月も終わり

10月は、ほとんど寝て暮らしたような気がするが、実際にはそれほどでもなかった。

風邪のあと、咳が出る日があるが、気分が良い日は草抜き、枝きりを、少しずつやっては休息した。

22日は時代祭りだった。失念したまま、七条で降り祇園方面へのバスを待った。
行き先は五条である。

毛むくじゃらの太い腕にタトーのある学生のような大男が立っていて、聞き取れない英語でセヴン・・・?という。
そう、七条です。と答えた。

千円札を示して、バスに乗ると両替してもらえるのだろうか?と聞いてくる。
そりゃもう、と答えた。

バスは一杯だったので、一台見送った。

どこに行くのか?・・と訊ねたら、めひしこ・・とこたえた。
ちゃうやろ、どこから来たのか?とは聞いていない。

かむ・おん・・といって、次のバスに強引に乗った。
バスは混雑していたが、前に移動して、私が千円札を両替して見せた。
シルヴァーのコインを2つ、別のを3つ、と示して五条で降りると、彼も五条で降りて
アリガトゴザイマスといった。

キヨミズか?ときくと、そこのホテルにチェックインしているのだと近くのホテルを指差したので、グッドラックといって別れた。

40年前、プラハで、相当なチェコ訛りの英語を聞き分けて、いろんなところに出かけたことを思い出した。

今日の行き先は、清水五条、河原町四条、それぞれに用事を済ませて、人通りの無い道を入ったところで昼食。

e0036151_22074645.jpg

ビフカツ・・このブラウンソースが、なんとも美味しい。それを、カツの下のバミセリをからめて拭うように食べた。
病み上がりには、ちょっと量が多いだろうか・・とおもいつつ、きれいに食べ了えた。
新門通りをちょっとだけ歩いてもどり、亀屋園月で一服。
e0036151_22103564.jpg
そのあと、買出しをして、特急に乗ると、時代祭りのメンバーだったようなおじさんが紋付袴で笠を風呂敷に包んだのが4人座席に座っていた。
風呂敷もたいそう立派だった。
観月橋に車止めてますねん・・と誘って中書島で降りていった。

4時前だったが、この日は鞍馬祭りも行われる。
出町の叡山電鉄は、鞍馬行き電車が、2時間の乗り換え待ちで、大混雑してる、とアナウンスが繰り返されていた。

夜中の祭りだ。どうやって戻ってくるのだろう。

夜は、家で食べるものを作った。

鯛の香草焼き。
宮崎のサツマイモのたいたん。
柿と山芋のサラダ。
シジミの味噌汁。

e0036151_22172652.jpg

香草焼きで思い出した。
暦の上では、「降霜」である。




[PR]

by coppoumon | 2016-10-23 22:20 | Comments(0)
2016年 10月 21日

洋ナシのジャム 通し番号2016・10 J

通し番号はHのつぎなので、Iと行きたいところだが、紛らわしいので、Jに。

洋ナシは、新潟産で、名前があったが失念した。

4個で1,4キロ。三温糖を150グラム、ブランディー。


e0036151_22152838.jpg
難しいことは何もしていない。完熟になるまで、放置しておく。
皮をむいて、ブランディーをふりかけて、三温糖をまぶして半日置き、炊きつめて、裏ごしした。
それだけのことである。

砂糖は要らないのかもしれない。十分甘すぎる。

e0036151_22154974.jpg
色が、正確に出ていない。もっと、薄いベージュ色である。
おいしい、とおもう。モモのジャムよりも、良い。

次回は紅玉登場予定。

[PR]

by coppoumon | 2016-10-21 22:18 | ジャム | Comments(2)
2016年 10月 17日

夢で見た牧野駅

突然、練習室をあてがわれた。音響抜群という。

気が進まないながらも出かけてみると、コンクリートとガラスの四角い箱のようなグレーの建物だった。
無垢板というか、材木が一切表れていない部屋に入ると、さっそくたくさんの楽譜が届き、専用のニッチに収めるように言っているところへ、お隣の夫婦が子どもたちを整列させてバスで、水泳の試験会場へ引率して行った。

人が暮らせるんや・・こんなところでも・・と感心していたら、お隣が、自宅を案内してくれた。
コンクリートのハコとしか思えないような場所を、こまかく仕切って仕事部屋、居室と住み分けつつ豊かに暮らしている。

楽器もないのだから、とにかく自宅にもどろう・・と私もバスに乗ると、バスはのんびり移動しつつ、すぐに牧野駅に着いた。
ありゃ、駅ビルになってはいるけど、一昔前の都会だね。
降りてみると、ビルの中で、皆さん、たのしく過ごしている。
4階までじっくり見て歩くと、最上階のそこは、3階とともに、お子様専用滑り台付き、喫茶店だった。
エレヴェーターにも乗り、珈琲の匂いも嗅ぎ、ここからだと、電車に乗らずに、歩いて帰れるから、そうしよう・・と歩き始めたところで、夢が途切れた。

e0036151_10212130.jpg

今朝、裏庭に出ると、かろうじて空が見える。
周囲は、地上げ屋にあって、三階建て屋根裏付きで、キャラメルの箱を立てたような、事実4階建てのような建物が並ぶ今の環境。

南側に他人の畑があって、北向きに建てた山中の小屋のような小さな家を、母は買ったのだった。秘密基地のように東側に40坪ほどの庭が付いてきた。

畑に出て、珈琲でも飲める場所をつくろうかなあ、と思ったとたん、昨夜の夢をリアルに思い出した。

あんな、コンクリートのハコのようなところでピアノをさらって、どんなファンタジーが沸くのだろう。
夢でよかった。







[PR]

by coppoumon | 2016-10-17 10:16 | Comments(0)
2016年 10月 15日

秋の七草 ア・ラ・メゾン

日差しが、風邪の治り時にちょうど良いので、裏庭に出て何にもせずに日光浴を楽しむ。

菊の蕾が3ミリ近くに膨らんでいるし、水仙が葉を伸ばし始めているのを見つけた。

以前、ナスやきゅうりを作った場所は放置に次ぐ放置で、草だらけである。

e0036151_20511296.jpg
よもぎ、いぬたで、かやつりそう、にら、つゆくさ、えのころぐさ、どくだみ。

7種類、そろっていやがる・・

蚊がめっきり減った。
少しずつ草取りをして、花でも葱でも植えることを考えよう。
いつも、月に葱を植えるようなことばかり考えているから、ニラにはびこられてしまうのだ。

体調がもどった。
そんな日は、玉子どんぶりを昼食に摂る。
ほかに、大根ととりモモのたいたん、かぼちゃのたいたん。

しばらくすると空腹になり、カステーラをたべた。
e0036151_20581008.jpg

[PR]

by coppoumon | 2016-10-15 20:59 | Comments(0)
2016年 10月 12日

定期健診

風邪で、定期健診を1週間、先延ばししてもらった。

いいですよ。検査の結果、どこも悪くないです。尿もきれいで、正常値に収まっています。
風邪は、自力で治す、ということが大事です。ではまた・・次は来年ですね。1月の・・・

こういう、お話であった。

頑張って、ハッシュドビーフをつくった。
こういうものとか、チキンライスとかを、好きである。子供の頃の嗜好が残っていると、自認している。

e0036151_22012463.jpg
ブランディーを振らなかったので、何か物足りない。

咳止めの薬の副作用か、この、牛肉のせいか、ちょっと発疹が出てきた。
かゆくもないしひどくも無いので、体力の低下が、底なのだろうと思う。

まいにち、精進みたいなものばかり食べていた。それが、これも好物ときている。

梅干と、お茶漬けでいいよ・・・風邪が出ていってから、また、美味しいものを食べたらよいのだから。

e0036151_22014142.jpg
梅干も、お茶も、おいしい。
順調に回復してくれたらと思う。

そとはすっかり秋になっている。

[PR]

by coppoumon | 2016-10-12 22:08 | Comments(6)
2016年 10月 06日

風邪ひき中の食事

このところ、風邪に無用心だった。
もらってしまったものは仕方が無い。

簡単に治ると思っていたら、裏目に出てしまった。それで、ひたすら寝る。

朝食は、いまはパン。1枚80グラム。5枚切り1枚である。チーズ40グラム、バナナかりんご、カフェ・オーレと、変化が無い。

風邪引き初日晩 キャベツ、たまねぎ、シメジ、ソーセージのトマトスープ煮。

翌日昼、かぼちゃの煮いたん。大根おろし・しらす、酢だち。雑穀ごはん。大根スープ。
夜、昨日のトマトのスープ煮が残っていたので、体の中へ。雑穀ご飯。

翌々日 昼大根と厚揚げの煮いたん。かぼちゃの煮いたん。
夜、熱が高いので、梅茶漬け、かぼちゃ、目玉焼き。

今日の昼。目玉焼きへの欲求つよく、1つ焼く。かぼちゃ、梅茶漬け。
夜、オリヴオイルで、ウインナソーセージ、たまねぎ、卵で、ピラフ。なめこ汁。

ブロッコリー湯がき忘れ、たべそこなう。悔しい。

今日は、穏やかな日差しで、この時期、家の中が居心地が良いのだと知る。
一日、光を、ベッドから追いかけて遊ぶ。

e0036151_20365491.jpg
柿の季節になった。
柿膾を好きである。これがまた上手くいけば自慢したくなるが、柿のおいしいのに当たらねば、愕然とする。食べたいなあ・・煮膾なんか、だれも作ってくれんだろうなあ。
そんな妄想ができるほど回復が始まった。

生牡蠣の季節だ。と、おもいつつ、現実には造りものの柿を喜んでいる。

e0036151_20371174.jpg




  


[PR]

by coppoumon | 2016-10-06 20:43 | 常の日の惣菜 | Comments(4)
2016年 10月 04日

10月に入ると

もともと、10,11月は苦手でよく熱を出した。
風邪とおもい医者に行けば決まって咽喉炎だ、といわれる。
泣き所らしいので、罹らないようにじょうずにつきあってきたが、4年ほど患わなかったら、薬を飲むきっかけを誤ってしまった。

それでも、外は良い天気である。
大好きな八瀬界隈を、案内。体とは別に気力が充実。

e0036151_21423104.jpg
蓮華寺の座敷から東側を撮ったが、コンデジでは良さがなかなか収められない。
いま、一番すきなのは、本玄関の式台からみた中門と塀で仕切られて、見えているこのばしょである。
写真は、難しくて、私には取れない。

瑠璃光院にも立ち寄った。
拝観料が3倍近くになって2度目。通算10数度め。

中村外二棟梁の名はこのブログの中にあると思うが、今回はおだやかなご住持がコンセプトなどを丁寧に説明をしてくださって、なるほど・・とおもうこともあった。

e0036151_21424655.jpg
主庭はカメラではまったくだめで、庭の広さ、奥行きの深さ、光の微妙さは私では出ない。
大きな5メートルほどもあろうかとおもわれるツクバイまで苔を踏みにじり歩きたいなどとは絶対思わない。

雪見灯篭に灯が入った情景を見てみたい。

そういうこと思った。

帰宅して駅前。

e0036151_21431257.jpg
なんとまあ。

これ毒キノコじゃないですか。ホットケーキより二周りは大きい。おおきさにうっとりとして、帰宅した。


それからが大変であった。
翌日、仕事に出たが、声が出ない。ついに咽喉炎のクライマックスだ。

翌々日、仕事を休んで、寝た。

夢をみた。
きれいな花が咲いて、30頭ほどのヤマトシジミが舞っている。
見ていると、芸をしている。蝶なのに。

こちらへどうぞ、お次はこちら・・・と蝶がしぐさをする。

花畑の奥は、行きたくない。まだ、いややねん。あわてて目を開けた。

きのこの横を通り抜けただけで幻覚を見るようになったのだろうか。

就寝前、37,6度。咳は徐々に収まっている。


束の間、熱が下がった間に、瑠璃光院の記事を探し、見つけやすいようにタイトルを変えた。
記事は2010・11・21の日付になっている。
もうひとつは2009・11・29.


交換レンズも入れると2キロにもなるフィルムカメラを持って行ける日が再び来るかなあ・・いや、ぜひ・・とかんがえる。
フィルムカメラに戻りたいなあ。















[PR]

by coppoumon | 2016-10-04 22:06 | 京都 | Comments(0)