人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 18日

宵山

宵山に夕立はなかった。
翌日の巡行も20万人の人出だったと新聞に出ていた。

わたしは家の用事を優先して京都の街へ繰り出せなかったが、家で雰囲気だけを味わう。

まずは、うちわの形の御名「祇園祭」。御製は浪川菓舗。中は粒餡。

e0036151_22121137.jpg



長刀鉾という名の薯預は、麦代餅の中村軒の御製。中は黄味あんに柚子が忍ばせてある。

e0036151_22154719.jpg


粽は葛製で小豆が3,4粒入っている。これも中村軒。

e0036151_22184370.jpg

e0036151_2228170.jpg


鱧づくしの夕飯、ではなかった。7月中が祇園祭なので、鱧はその間いつでも食べたらよい。

巡行の日の夕方,高瀬川の一之船入を少し下がったところにある料理屋で食事をするのが好きだった。
二階から、錦市場の人たちがお参りに行き帰っていくのを眺めながら、お祭りの余韻に浸った。

その時に誘い合った友人たちも今は国許に帰っていき、私も、外で食事をするより、家の中でくつろぐほうが好きになってしまった。

楽しかったなあ、と思う。そうして、出かけなくなった今も楽しい。

by coppoumon | 2011-07-18 22:26 | 京都 | Comments(0)


<< 家の流儀      宵宵山 >>