人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 01日

堅田にて

堅田駅で降りたのは初めてであった。
手前の雄琴温泉駅で、車両のドアが開いたときには、何も感じなかったのだが、堅田でドアが開くと、寒い。

e0036151_1041256.jpg


案内していただいた堅田教会は、堂守さん役の方が居合わせて、中を見せて頂いた。

e0036151_1042356.jpg


これまでに見てきた礼拝堂と違う点は、床材、柱、建具などの木材。

米松を、ニスにベンガラを混ぜてあるのが、むしろ温かみを感じさせる。

玄関もレンガをデザインして敷き詰めたものではなく、施工業者が、「サーヴィスしときまっせ」という感じで、あっさりとタイルを貼ってあった。

それにしても、これまでのどの建物にも共通する居心地の良さはなんだろう。

階段は、今はなくなってしまった博愛社「母の家」の階段によく似ている。

e0036151_104771.jpg


シンプルな二階の和室の欄間の趣味の良さなど、部屋としての質の高さに嬉しさを覚えた。
そうして、写真を撮り忘れてしまった。

見応えがあったのは祭壇周りと、調度。

e0036151_10551391.jpg


by coppoumon | 2012-02-01 10:55 | ヴォーリズ | Comments(0)


<< 堅田・もうひとつ      笹舟に流すように >>