人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 07日

立春が正月

去年の師走は、服喪中につき正月などありゃせんのじゃけえ、グレゴリオ暦がダメでも旧正月があるけん、と呑気に構えていた。

毎日、夜更けにベッドに入ると、向こう岸に行った友人の坊やを思い出す。

いや、思い出すというより、仰向けの私に覆いかぶさるように、鼻先と鼻先がくっついて感じるほど近くに気配があるのだ。
彼の手は私の肩に置かれているようだ・・・・・とそんな感じがするだけで、実際の話ではない。

何なんだろう、なにかメッセージでも?とおもいつつ、1,2,3,4と数える間に睡眠に入ってしまう私。
クリスマスの後、実家に帰ったのか彼はやってこなくなった。

さてと、

親の喪が明けた翌日はもう立春だった。

彼が来ているような気がした。

トーストを焼き・・・とは変な日本語だが、薄切りパンを焼いて、イエメンのバニーイスマイル地方の イブラヒム・モカという貴重な頂きもののコーヒーを点てて、私は牛乳をたっぷり入れて、坊やにはブラックコーヒーを陰膳がわりにテーブルの横に置いた。
コーヒーは飲まないかもしれない。

紫芋のパンを薄切りにして匂いが立つように軽く焼いた。

e0036151_0355180.jpg


コーヒーとプルーンは我が家では食べ合わせ。
プルーンの鉄分をコーヒーのタンニンやカフェインが阻止するのだそうだ。

プルーンの入った焼き菓子やプルーン入りチーズケーキの時はコーヒーは飲まない。



この1年、速かったのか、そうでなかったのか。

賀状をいただいた方には寒中見舞いを出し終えた。
賀状を配慮してくれた友人たちには余寒見舞いを書こうと思いつつ、なかなか拉致があかない。

取り敢えずこの冬、無事にここまで過ごすことが出来たことを、感謝。

by coppoumon | 2013-02-07 00:51 | Comments(4)
Commented at 2013-02-12 11:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coppoumon at 2013-02-12 21:18
召されて、私たちを守ってくれているのですよね。
いつも先回りして「争わないでね」と言いに来ます。
向こうで待つのがまどろっこしくてしょうがないくらい、
私たちの方は、長生きをして、焦らしてやりましょう。
Commented by 前山 at 2013-02-13 10:11 x
有り難うございます。
本当に争い事が嫌いな子でした。
でも戦闘ゲームは好きだったのです。(;^ω^)
ネット上にはいまだに彼がアップしたゲームがあります。
たまにのぞいて偲んでます。

先生、お互いに人生を堪能しきりましょうね。(^^♪
Commented by coppoumon at 2013-02-13 13:12
そうですね。
ライフワーク以外に、全く別の楽しいことを見つけ続けたいです。


<< 茶木      鬼と阿多福 2013・節分 >>