人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 24日

6月のコップレストラン

レストランはほぼ休業中ですが貧民定食ならあります。お出かけくださいませ。

母が年金を受給し始めたころ、夕飯を一緒に食べるときは、今日からは年金定食だね・・と笑いあったものだが、まさか、それを下回る食生活を楽しむことになろうなどとは、つゆ、思わなかった。
原因は、生協のお届け便が普及して、商店が消えていき、食材が揃わないことだ。
ジュンサイ、芝えび、チコリ、わさびなど、電車に乗らないと買えない。

明日は3人のお客様で、ひとまず4人分を作る。

4センチほどの大きさの新たまねぎの含め煮。

フライ麺に、にんじん、モヤシ、キャベツ、さつま揚げ、芝えびのあんかけ。

トマト、ブロッコリー、紫たまねぎスライス、アルファルファ、セロリ、スモークチーズか、湯葉のガーデンサラダ。

クジラの赤身、柚庵焼き。

對馬のアナゴで、あなきゅう。

雲丹ご飯。 水ナスぬか漬け。守口大根の粕漬け。


一番手間のかかるたまねぎのスープに取り掛かっている。
スープは、時間を短縮して手を抜くと、それなりのものしか出来ない。
時間をかけて丁寧に作ると、なんと美味しい、と思うほどのスープが出来る。
もちろん、出来ないときもある。

今回は新たまねぎの4センチのものが手に入らなかった。
かろうじて真庭市のたまねぎの中から4個、取り出すことが出来たので、濃い目のかつおだしを引き、昆布、梅干の種といっしょに煮含めているので、深夜になって部屋に良い匂いが充満している。

これじゃあ、寝付けそうに無い。なんだかおなかがすいてきた。
e0036151_2115845.jpg

左手が不自由、というのは、ぺティを持ってみると如実にわかる。
早速ぺティの先で左薬指の爪のすぐ下を擦過してヒヤッとした。
次に、中指と人差し指で熱いものをつかんですぐには気づかなかった。あわてて冷水で指を冷やす。

可笑しいが、笑っている場合ではない。神経が回復していないのだから。
それでも、順調な回復なのだそうだ。

絶望的なダメージをうけた腕を、主治医の先生が元通りにしてくださったのだから、微妙な不都合などは、今、言っていられない。

しかも確かに、毎日手が感覚を変えていくようなそういう気がしているし、少しずつ演奏の形が出来つつある。



さて、おはなちゃん、たまねぎの含め煮をつくりんさいや。

かつおの出しパックでええけん、これでもか、とたっぷりつかめるほど用意して350cc前後のかつおだしを作って冷まし、
出し昆布てのひらよりは小さめ、梅干の種をちいさければ2つ、大きいのなら1つ先になべに入れ、おまじないにオリヴオイルを小さじ1杯たらしてやるんよ。

それから、冷めただし汁にたまねぎを入れて20分ほど煮たら昆布は取り出しておきんさい。

それで、できあがりじゃあ。

そのまま冷めたんを食べる。 刻みパセリを振って熱々を食べる。 塩ではなくて、薄口しょうゆを少し足す。最後は味噌汁の具にする。

さびしいけんど、4日で消えるんじゃけえ。やってみんさいや。

スープの味を見て、最後に塩味を整えることにして、なにかと、作りまわせるんじゃけえ。

by coppoumon | 2014-06-24 23:37 | メニュ | Comments(5)
Commented by apercevoir at 2014-06-28 18:28
今日ね、一個梅干を食べたんじゃけん。明日も、もう一つ食べるんじゃけん。かつおぶしは立派なのが えっとあるんじゃけえ、贅沢に使うちゃる♪
Commented by coppoumon at 2014-06-28 22:49
おはなちゃん、上手に引いた出汁は金色じゃけえ。たまねぎよりもスープの法がえっと、美味しいけんね。
Commented by coppoumon at 2014-06-28 22:50
あれま、変換ミスじゃねえ。今度のパソコン、未だ慣れんのんよ。
Commented by apercevoir at 2014-06-30 00:37
ふぉっふぉっふぉっ♪
今日ねえ、三越行ったけん、地下でたまねぎ探したら、有機野菜コーナーに可愛いたまねぎがあったんよ。
あれで、しちゃるぅ~♪
Commented by coppoumon at 2014-06-30 08:44
おはなちゃん、スープの美味しいんは家で作ると、好きなようにできるけんね。
がんばりんさいや。


<< 梅雨の晴れ間に      松原通りの田中宏和さん >>