人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 11日

梅雨・祭り

いつゲリラ雨に襲われるとも知れない重苦しい夕方、梅田新道を南下しようとして、今日も露天神を通り抜けすることを思いついた。
戦災で焼けているので、神社は鉄筋コンクリートだけれど、受け継がれてきたものは失われていない。

境内の樹木も立派に大きくなってきた。

蒸し暑さの中で、太鼓を打つ練習に余念のない子どもたち。

e0036151_21185284.jpg


参道では、獅子頭をかぶった男の子を先頭に、子どもたちの行列が笛にあわせて歌いながら手踊りの練習をしている。

歌詞を聞き取る。

おたやん転んで~~~鼻打たん。
おたやん転んで~~~鼻打たん。



こんなんですねん。
現代では聞かれなくなった意味のない戯れ歌。

戯れ歌はいいなあ。

木陰で、氏子の子どもたちのわらべ歌を聞きながら一日まどろんでいたいような、
そんな夏の日が、あればいいなあ。

大きな樹、いつまでも立派な樹勢をいつもここで祈っているよ。

by coppoumon | 2014-07-11 21:18 | Comments(0)


<< 演奏とパーティ      フウランが咲く >>