のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 31日

高台寺 園徳院にて

「ねね」のお方が、晩年をすごしたとされる園徳院の書院も、しつらえが、幽霊だった。
書院は10畳の部屋が二つ。
これはお寺なのでこういう間取りでよいのだろうけれど、武家屋敷だと、この広さは、刀を振り回せるので、危なくて仕方がないだろうなあ、とおもう。
ただし、天井を低くして、居住性を高めてある。刀も振り上げにくいだろう。

床の間には美しい絵が、掛けてあった。

e0036151_21225311.jpg


おお、黙雷和尚様の墨蹟。  毒石 錦包 か。

e0036151_21241580.jpg


きらびやかな衣装は、地獄絵であった。

幽霊にせよ、化け物にせよ、供養をするのが寺の勤めなのだそうだ。
それはそうだろうなあ、幸せな化け物とは聞かないし地獄絵をまとうからには相当な人物なのだろう。
これから先の幸せを願うのは当然の行いなのかもしれない。

8月一杯は飾られるのだそうだ。

ここの茶室は三畳台目。
[PR]

by coppoumon | 2014-08-31 21:26 | 京都 | Comments(0)


<< 珠算壷      軸先 >>