人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 11日

永井静子先生

e0036151_2324824.jpg

湯川・朝永生誕100年という記事を見ながら、私のピアノの師の永井静子先生も1906年生まれだったことを思い出した。

子供の頃から、教えていただいたピアノの先生は、学校をでられたばかりの男の先生で、その後2年半足らず毎に先生を変わっていったが、大学の恩師には13年間師事した。しかもその間に師に指名されて、私からすれば先輩に当たる若い優秀な男の先生の所にも通ったがやはり2年3ヶ月であった。

13年師事した先生だけが女の先生で、しかも、一番豪快な先生だった。
伺った頃は還暦のお祝いを済まされたばかりだったが、どんな曲も暗譜で弾かれ、英語、フランス語、ドイツ語に通じておられて40歳以上歳の違う私を、対等に、丁寧に指導してくださり、私は当時の楽譜を見るとその13年のレッスンを隅ずみまで思い出す。

最晩年、私がお尋ねして、音楽のお話をしましょう、と申し上げると、「私には、それしかありません」と嬉しそうにしておられた。

いま、お昼にNHKラジオ第一放送を聴いている。開局80周年記念の番組を放送しているからだ。

関西唯一のピアニストといわれた師は、大阪のNHK、つまりJOBKが試験放送をはじめた第一声に、NHKのスタジオに行ってピアノの演奏をしている。

先生からは、「ある日、プール学院から帰ってきたら、自宅にNHKの方が来ておられて、大阪でも放送が始まる事になったので、放送の一番初めに、ピアノを弾いてほしい、ということでした。
昭和2年3月31日、丁度春になるので、グリーグの「春に」を弾いたのが、JOBKの第一声です」と直接伺った。

ここにある、JOBKのスタジオの写真の、5年ほど前である。

ナチを逃れて滞日していたクロイツアーにご挨拶の演奏をしたとたん、クロイツアーが、こういう弟子を持つことが、私の憧れだった、ドイツでもこういう人にはお目にかかれなかった。と言ったと聞いているが、こうやって、今の私よりうんと若い先生の姿を拝見するのは不思議な気がする。

ヴァイオリニストは貴志康一氏

by coppoumon | 2006-01-11 00:03 | 静子先生 | Comments(4)
Commented by 時田アリソン at 2008-05-04 22:35 x
きょう、永井静子先生のご子息、譲氏にお会いし、研究テーマである、1920年代から30年代の阪神の音楽文化についてお話を伺ってきました。そこで、静子先生のお話も伺いました。もしよろしければ、coppoumonさんにもお話を伺えますか?
Commented by coppoumon at 2008-05-05 12:29
時田アリソン様
奈良に、静子先生のお墓を訪ねたいなあ、と思っていたところでしたので、書き込みに驚いてしまいました。
私が知ることで、お役に立つことがございましたら、何なりとおたずねください。
Commented by 岸田 正昭 at 2009-08-15 16:01 x
昭和12年から20年8月戦災に遭うまで永井先生のお隣に住んでいて、戦災で焼けた後しばらく向かいの二間の家でご一緒に住みました。当時のことを今度あしや広報に寄稿したいと思っています。
Commented by coppoumon at 2009-08-15 17:07
岸田様
屋敷町(記憶違いでなければ)にすんでおられて、戦争中でもピアノを弾けた、とおっしゃっておられました。クロイツアーが毎月東京から来られてお弟子さんがたのレッスンをなさったとか。大洪水にもあわれたそうですね。先生の華やかな時代の音をお聴きになっておられたのですね。羨ましいです。


<< 日向      居場所 >>