人気ブログランキング |

のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 02日

2018 元旦

朝寝坊をした。

コトンと郵便受けの音が聞こえたような気がして起きだす。

おきて、井戸から水を汲み、「若水」を供えた子ども時代と違い、ペットボトルから、ミネラルウオーターを飲む。
さて、どうしたものだろう。まだ9時過ぎだ。

年賀状書きを始める。

クリスマスの演奏の後、風邪を引きそうで、とろ~んとしていたが、上手くやり過ごせたようだ。来客用の食事の下準備もできている。

40枚ほど書いたところで、一旦、休憩。

郵便局に散策がてらでかけ、旧村の氏神様の神社を回ってみることにする。お向かいのおじさんが役員をしてるのだ。


e0036151_21371334.jpg
3時を回っていると言うのに、150人ほどの列が出来ており、朝から途切れないと、役員をしている知人が言う。
お神酒のお振る舞いがある。焼き芋もお下賜くださる。
たこせんに何かを塗って載せたものは、50円と書いてある。下戸と子どもたちのための気遣いだろうか。昨年は無かった。

神主は、東京芸大の声楽科出身で、祝詞の美声が心地よい。

途中で、我が家へのお客様と合流する。

昨年同様、吉野への参詣土産にと、柿の葉寿司をいただいた。
e0036151_20511243.jpg
e0036151_20504261.jpg
ことしは出し巻きを買い求めた。京都の「のと正」店先にたくさん並べて、冷ましている最中だった。
こんなにも焼いて、売れていくのなら、さだめし、おいしいのだろう、と踏んだのだ。

一本480円也

ブドウ豆は、知人の友人が岡山で収穫したもので、粒がちょっと揃わないのがご愛嬌。

e0036151_20520679.jpg

雑煮は、白味噌仕立て。
真由子絶叫をイメージした。


e0036151_20501228.jpg
いつも遊びに来られた老ご夫婦も、連れ合いを亡くされ、電話でのご参加で、おもえば少し淋しい正月になった。
ま、それはそれ。

ことしは染付けを出さなかったなあ。40数年使い込んだ塗り碗もお役を終えることになった。修理に出して、また普段使いをしたいと思う。

おみくじは大吉だった。

このみくじにあう人は

草木の春にあい
花咲き
やがてみのるようで
世に出る喜びがある

神仏を信じ
自らかえり見て
謙虚なれば
幸せ来たる


やったぜ、この一年をめでたし、と理解する。


by coppoumon | 2018-01-02 21:55 | Comments(2)
Commented by apercevoir at 2018-01-04 21:34
きれいなお節が出来とるね~

お豆さんもふっくら、つやつやで~

お雑煮もなんか、つるのお菓子みとうになっとる。

京ニンジンの赤がきれいじゃあ~
Commented by coppoumon at 2018-01-04 23:22
餅には、なんにも載せんつもりやったんじゃけんど、
この○ゲ~!いうことばが流行語大賞にはならんやったけRん、
このまげ~~!いいながら、載せてみたんよ。
正解じゃあ。
あか、しろ、きいろ♪

また来年兆戦じゃあ。
おぼえとるじゃろか・・・


<< 正月二日 足の踏み場      12月に弾いたもの 2巡目 >>