のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 02日

長崎への旅 その5 島原城かいわい

口之津、原城址から車はいきなり、島原城の中へ。

2階はキリシタン遺物の展示場だった。ここでは焼き物関連の画像をアップする。

e0036151_22164171.jpg
e0036151_22170868.jpg
e0036151_22173157.jpg
3階は城や城主に関するものが展示されていた。

昼食はお城を眺めながら。
e0036151_22220903.jpg
私が食べたかったのは、「ヰギス」。
イギス豆腐とも、イギリスとも称される。
ヰギスを食べることが出来るとはおもっていなかった。椎茸や人参などの彩の良いものを寒天で固めて、わずかな和芥子と、二杯酢でたべる。

瀬戸内から西のほうでは、海草を、このようにしてたべる文化が存在する。
大阪ではトコロテンくらいで、景色に天草を望みつつ、望みもしなかった天草(てんぐさ)に感激して賞味。

高槻でも天草からつくった寒天の梅酒寄せを食後に出してくれる食堂がある。

e0036151_22225010.jpg
ここでは素麺が固めてあった。

素麺の寒天寄せなら、以前、祇園の「浜作」で出た。30年以上も前だから、今は知らない。






[PR]

by coppoumon | 2018-06-02 22:35 | 行った | Comments(0)


<< 長崎への旅 その6 島原の城下      長崎への旅 その4 島原一周  >>