のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 11日

長崎への旅 その11 オランダ坂

e0036151_21510894.jpg
これが、オランダ坂・・と見上げると上から軽自動車が下りてきた。
ああ、びっくりした。

e0036151_21515442.jpg
洋館に上がって景色を見る。最近のたてものを引き算して、妄想の世界に入ると、ゴッドマザーの声で、戦前の長崎は、にほんなのか、中国なのかヨーロッパなのか分らない混然とした、不思議な町でした・・というものがたりが聞こえてきそうだった。
e0036151_21530278.jpg
立ち去る前に、一番のコージースポットを見つけた。
いつまでもこの景色がありますように・・と、石垣の面白さを見て歩いた。

ここは前山餅饅頭店の裏であり、玄関はこっちですから、こっちから入ってください・・と教えられたすぐ近く。
店のある電停の通りにもどって、別れを告げる。

e0036151_21535003.jpg
e0036151_22451544.jpg
空港の広さが、飛行機の大きさまでもが、ワルシャワ国際空港に似ている。
80年代、むこうは出発と、着陸の建物がまったく別のところにあって、つながってはいなかった。

旅行といえば、必ず夏だ。寒くないから。
寒天たべたのは、ほんとうに久しぶりだったなあ。
浜屋デパートの地下売り場で見た、吉宗のワイン寒天、マンゴー寒天。
食べてみたかったなあ・・あれを昼食にしたら良かった・・

うっとりと、物思いにふけるまもなく神戸に到着。

e0036151_22484068.jpg
無人運転の一番前に陣取り、正気にもどるリハビリを始めた。

休みは、まだまだ1週間ある。誰にも会わんぞ~、土産は誰にも渡さんぞ~、と欲の深いことを考えている。





[PR]

by coppoumon | 2018-06-11 22:57 | 行った | Comments(0)


<< 二巡目 5月に弾いたもの      長崎への旅 その10 里山から浜町 >>