のんびりいこうよ

coppoumon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 18日

観測史上初・・という震度6の地震

今日の予定。

8時から9時半までピアノをさらう。

10時に京阪に乗り祇園四条駅へ。
建仁寺両足院に御水屋御見舞。
1時20分までには京阪に乗りくずはへ。

3時から6時まで仕事。

帰宅は7時までの間。

予定を確認してピアノをさらおうと、パソコンの前から離れようとしたとき、いきなり突き上げられる感覚で、30秒以上縦に揺れた。

その間、5枚の油絵の額が、エレベーターのように上下する家につられて、上下する。
漆喰の壁が、ひび割れしないだろうか・・と冷静である。

ペキっとか、バリっとか音がしたら、大工さんに100万・・などと、ばかなこともかんがえていたら、収まった。

台所の床には、茶杓、春慶塗の建水、布のコースター、空になった赤霧島の瓶が転がっていた。

ピアノの部屋は変わりなし。
本棚の中にマリア様を移動させておいたら、前向きに倒れて顔をぶつけられたようだが、傷はない。
四本足の香炉が傾いて蓋が床に転落していたが、杉の床は柔らかいのか、傷一つない。

実はバラが咲いて、窮屈そうだったので、切って、玄関に持って入り、コップのフチ子さん状態に飾っておいたのだ。
それで、マリア様が、奥の部屋へと移動していた。玄関だと、コンクリートの床に落ちる可能性もあった。
e0036151_22445987.jpg
仙台、福岡、千葉、高山・・と電話やメールが届き始める。

一段落して、外にでると、高校生の男の子が、家に入るのが怖いから・・と外に出ていた。

学校は休校になり、小学生は親たちが迎えに行った。

ニュースを食い入るように見て、まだまだ届くメールに返信する。

復旧作業・・空瓶を立てて、茶杓、建水をもとの位置に戻す。

それだけのことで、お昼になった。

京阪電車は不通。

仕事は休み・・と連絡を終えたとたん、京阪が動き始めた。

ええねん。休もう。
ピクルスを作った。

e0036151_22454648.jpg
水道、ガス普段どおり。

ミネラル水、食べるものはそれなりに備蓄もあり、作り置きもしている。
阪神大震災の経験が日々の生活に最低限のところで活かされている。

[PR]

by coppoumon | 2018-06-18 22:18 | 大阪 | Comments(2)
Commented by yasukon20 at 2018-06-19 06:20
おはようございます。
怖かったじゃろうね~~。
薔薇の花がマリア様 守ってくれたんじゃね。良かった!!
余震にまた気をつけて・・・。
Commented by coppoumon at 2018-06-19 07:38
ありがとうございます。
神戸の阪神大震災の時、マンションで揺られた経験があるけん、
互角じゃあ、おもうちょった。

マンションは、基本的に金のかかった建て方じゃあ、いうて、耐震性を優先させたらしいけんど、
この家は、安普請じゃけえ、軽うて、こわれんじゃろ・・おもうとったけん。

小さな平屋は、気楽じゃねえ。



<< 桃山・高瀬川散策      休日の過ごし方 2018 梅雨のころ >>